最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード
ANOBA Stake Hanger アノバ ステークハンガー

ペグみたいに打つだけ!ANOBA「ステイクハンガー」ならテント内のデッドスペース問題も解決

今回は洗練されたデザインのギアで人気を集めるANOBA(アノバ)のランタンハンガーを紹介します。地面に対して、なんと斜めに打ち込む斬新なスタイルを提案しています。かっこいいだけでなく、テント内のスペースを有効活用できるメリットもあるのだとか!

目次

洗練デザインと利便性を両立するANOBA

ANOBA Stake Hanger アノバ ステークハンガー

出典:ANOBA

ANOBA(アノバ)は優秀なデザインのギアが広く支持され、おしゃれ感度の高いキャンパーに人気のブランドです。見た目がかっこいいだけでなく、便利で快適だと実力も高評価。開発スタッフは試作品を何度もキャンプに持って行き、品質をブラッシュアップしているそうです。
ANOBA Stake Hanger アノバ ステークハンガー

出典:ANOBA

アノバといえば、ギアコンテナを愛用しているキャンパーも多いことでしょう。男前なルックスに加え、内部の仕切りが豊富だったり防水仕様だったりと、秀逸な使い勝手が評価されているようです。

▼ANOBAのコンテナギアの紹介記事はこちら


さて、そんなANOBAの中でも、斬新なスチール製ハンガーを紹介します。

 地面に打ち込んで使う「ステイクハンガー」

ANOBA Stake Hanger アノバ ステークハンガー
こちらがANOBA「ステイクハンガー」。ご覧のように斜めに打ち込んで使用します。その斬新さと、一切の無駄を排除したデザインが魅力的。ランタンハンガーとしての用途がメインになるとは思いますが、他にも便利な使い方があるそうなので、最後までお見逃しなく。

使い方は簡単!ペグのように地面に打ち込むだけ

ANOBA Stake Hanger アノバ ステークハンガー打ち込み方は、ペグと同じようにハンマーでOK。屈強なスチール製なので、砂利混じりのフィールドでもガツンガツンと打ち込むことができるでしょう。
ANOBA Stake Hanger アノバ ステークハンガーランタンを吊るすとこのようなビジュアルに。打ち込み式のランタンスタンドは複数のブランドからリリースされていますが、この美しさは他に例を見ません。ブッシュクラフターが木を利用してランタンを吊るす、そんなスタイルにも似た情緒がありますよね。

さすがANOBAのオシャレ感

ANOBA Stake Hanger アノバ ステークハンガー
こちらは実際にサイトにレイアウトした様子。芝生サイトでシェルター内に打ち込んだ例です。きれいめシンプルなチェアと違和感なくマッチしていますね。存在感のあるギアながら、他のアイテムの邪魔にならない「名脇役」な印象を与えてくれます。
ANOBA Stake Hanger アノバ ステークハンガーこちらは、サイドテーブルに添えるように小型のLEDランタンを吊るしています。三脚タイプのランタンスタンドでは仰々しくなるところ、しれっと馴染んでいますね。定番のオイルランタンから尖ったおしゃれランタンまで、どんなランタンでも決まるハンガーと言えるでしょう。

長さは3種類がラインナップ

ANOBA Stake Hanger アノバ ステークハンガー
長さは3種類が用意され、左から70/90/120cm。愛用しているチェアやテーブルの高さに応じて、適したものをチョイスできます。重量は、左から約600/740/980gです。

slider image
slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}

それぞれの高さを比較した様子がこちら。テーブルはANOBAのウッドロールテーブルで、高さは44cm。70cmモデルの場合はソロの地べたスタイル、90cmモデルなら焚き火まわりのローテーブル、120cmは写真のテーブルと同等の高さにピッタリでしょう。

もちろん、「足元を照らしたい」「高い位置から照らしたい」といったニーズに応じて、自由に選んでOKです。

「ステイクハンガー 70」の詳細はこちら
「ステイクハンガー 90」の詳細はこちら
「ステイクハンガー 120」の詳細はこちら

ランタンを吊るせるだけじゃない!

ANOBA Stake Hanger アノバ ステークハンガー
当然ですが、「ステイクハンガー」はランタンしか吊るせないわけではありません。ケトルやクッカー、火ばさみをかけておく用途もアリです。

そして注目してほしいのが、テントの隅のデッドスペースにも打ち込めるということ。ワンポール型でもドーム型でも、傾斜のある壁際を有効活用できます。2本を揃えてポールを渡せば、壁面にハンギングラックが誕生しますね。ただし耐荷重は1本あたり3kgなので、そこだけご注意を。
ANOBA Stake Hanger アノバ ステークハンガーまた、撤収前にテントの一方を持ち上げ、スカート部分を乾燥させる、なんてい使い方も。長めのペグ、しかもフック機能アリといったギアに早変わりです。

吊るしたい場所にいつでも「ステイクハンガー」を

ANOBA Stake Hanger アノバ ステークハンガー
ランタンスタンドとしてだけでなく、アイデア次第でさまざまな使い方ができるANOBAの「ステイクハンガー」。耐熱性があるので、いわゆる焚き火ハンガーとしてケトルなどを吊るし、煮炊きに使う手もあります。

サイトでの使い道が思い浮かんだキャンパーは、ぜひ詳細をチェックしてみてください。

ANOBAの公式ホームページはこちら