CAMP HACK[キャンプハック]


ぶっちゃけランキングベスト5!メーカー突撃取材【イワタニ編】

1


第3位:FORE WINDS「マイクロキャンプストーブ」

FORE WINDS マイクロキャンプストーブ 出典:Iwatani

今春、リブランディングで刷新した「FORE WINDS」の製品が第3位にランクイン。必要な機能とデザイン、全てがミニマムで機能美をつきつめた屋外専用シングルバーナーです。

FORE WINDS マイクロキャンプストーブ収納

手のひらに収まるコンパクトサイズと軽量設計が特長で、携帯性を高めるため各部の設計を見直し、従来機種の3割減である重量約186gを実現しました! ソロキャンプにはもちろん、登山やツーリングや釣りの相棒としてもオススメです。

FORE WINDS「マイクロキャンプストーブ」の詳細はこちら

✔️FORE WINDSシリーズの詳細はこちらの記事を参考に!



FORE WINDS マイクロキャンプストーブ

●最大発熱量:2.3Kw(2,000kcal/h)
●本体重量:約186g
●連続燃焼時間:約120 分(カセットガス FORE WINDS ノルマル使用時)※1
●使用時寸法:(幅)109×(奥行)109×(高)122mm
●収納時寸法:(幅)71×(奥行)57×(高)120mm


第2位:イワタニ「ホットサンドグリル」

イワタニ ホットサンドグリル 出典:Iwatani

第2位は、中までしっかり火が通り、外はカリッと中はふわっと仕上がる「ホットサンドグリル」です。波型面とフラット面のセパレート式のプレートは、ミニフライパンとしても使えて、ホットサンド以外の料理も楽しめてとても便利。

イワタニ ホットサンドグリル使用

セパレート式はお手入れも簡単と好評。ホットサンドだけで足りないときには、フラット面でアヒージョをしたり、とご飯を敷き詰め焼きおにぎりを作ったり、お好み焼きや餃子なんかも流行っていますよね。

イワタニ「ホットサンドグリル」の詳細はこちら


イワタニ カセットこんろ専用 ホットサンドグリル

●サイズ:141×354×50mm
●重量:570g


第1位:FORE WINDS「フォールディングキャンプストーブ」

FORE WINDS フォールディングキャンプストーブ収納撮影:秋葉実

鏡面仕上げのステンレスを用いた美しいデザインと、折りたたみ式というギミックが特長で、本体に収納されたバーナー部を展開する工程もワクワクする瞬間です。

FORE WINDS フォールディングキャンプストーブ五徳
撮影:秋葉実

テーブルの汚れや熱によるダメージをおさえるステンレス製の遮熱板を標準装備し、安定感のあるザギギザ付きの4本足ごとくなど、安心快適にお使いいただけるようこだわった設計にも注目いただきたいおすすめのポイントです。

FORE WINDS「フォールディングキャンプストーブ」の詳細はこちら

✔️詳しいレビュー記事はこちらを参考に!


ちなみに西邨さんのイチ押しキャンプギアは?

では最後に、今回のぶっちゃけランキングを伺った営業担当・西邨さんのイチ押しご愛用モデルをお披露目いただきます。

FORE WINDS「フォールディングキャンプストーブ」

FORE WINDS フォールディングキャンプストーブ
撮影:秋葉実

手軽なサイズと重さで、連れて行きたくなる私の相棒は、売上第1位でも紹介したモデルです。

とにかく格好良い! 持っていてよかったと所有欲を満たしてくれます(笑)。

FORE WINDS フォールディングキャンプストーブ使用

出典:Iwatani

第2位の「ホットサンドグリル」もぴったりのサイズでセットで使うとより気分があがりますし、コロナ禍で外出しづらいときには、“おうちキャンプ”でも活躍しました。

これからのシーズンはお鍋や煮込み料理等にも使ってみようと、今から楽しみにしています。

西邨さんのイチ押しは、まさかの売れ筋第1位アイテムでした! 自他共に認められるアイテムは、マストバイ候補として押さえておいて間違いないでしょう。今カセットこんろをお探しの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

西邨さん、素敵なイチ押しアイテムをご紹介いただき、ありがとうございました!

定番か刷新されたFORE WINDSか、迷っちゃいます!

FORE WINDS ラインナップ
撮影:編集部
家庭用こんろをアウトドアでも使う、そんな発想はもはや前時代的なのかもしれませんね。今やキャンプギアをインドアでも使う時代。そんなニューノーマルな時代感にもしっかり寄り添ってくれる老舗イワタニ。名門ならではの懐の深さを覗いた気分になりました。

イワタニの名品は他にもまだまだあるぞ!



 

Rohiketa

音専誌の編集記者を経て2000年頃からフリーのエディター/ライターに。8年ほど前にYouTubeのオススメ動画からソロキャンプに興味を持ちはじめ気づけばこの世界に。趣味はレコード収集とキャンプギア収集。

関連記事