CAMP HACK[キャンプハック]


パーツは?ショップは?費用は?超イケてる「エブリイカスタム」外装&車中泊仕様事例24選

4

街乗りしやすいサイズ感に、広大なラゲッジスペース&積載力で人気上昇中のエブリイ。だけど、もっと外装のカッコよさや悪路走破性、車中泊での快適性も求めたい……。そこで今回は、あくなき欲求を満たす最強カスタム事例を厳選。カスタム業車・費用までじっくりご紹介していきます! 

TOMOKO YAMADA


アイキャッチ画像出典:Instagram by@every4x4

スズキ「エブリイ」のカスタムカーがキャンパーに大ヒット中!

@every4x4エブリイ_正面からのアングルで路上の画像
出典:Instagram by@every4x4
小回りが利いて街乗りしやすく、ランニングコストも抑えられる軽自動車。さらに4WDで悪路走破性も高い車種は、アウトドアブームとも相まってその人気は右肩上がりです。

だけど、やはり積載性や車中泊といった面ではなかなか厳しい実情も……。そんなお悩みを解決する救世主として、最近キャンパーに大ヒット中なのが、スズキ「エブリイ」のカスタムカーなんです!

ところでエブリイってどんなクルマ?

slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}

出典:SUZUKI,SUZUKI 1枚目/エブリイバン、2枚目/エブリイワゴン
スズキ「エブリイ」は、1964年登場の「キャリイバン」から派生した軽キャブバン(1BOX型軽商用車)。1999年に乗用モデル「エブリイワゴン」が登場。

現行モデルは、エブリイ(バン)が6代目、エブリイワゴンが3代目となっていて、どちらも4WDタイプがラインナップ。

また、マツダ「スクラム」や日産「NV100クリッパー」、三菱「ミニキャブバン」などのOEMベースモデルでもあり、エンブレムや一部外装パーツ以外はほぼ同じ車です。
slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}

出典:SUZUKI
乗用タイプのエブリイワゴンの方が快適性が高く、荷室アレンジの純正オプションなども豊富ですが、バン・ワゴン共に後部座席がフラットになり、広大なラゲッジスペースを確保できるのが最大の特徴です。

街乗りしやすい軽自動車でありながら、荷物の多いアウトドアシーンや車中泊にも最適で、近年キャンパー人気が沸騰中なんです。

男前カスタムと広大な居室空間でキャンプも車中泊も!

T-STYLEさんのグレーのジムリイ_河原にてルーフテントオープン
出典:Facebook by T-STYLE AUTO SALES
広大な荷室空間が魅力のエブリイ。ただ4WDタイプでも悪路走破性は今一つだったり、車中泊でもさらなる居住快適性UPの余地が。そして何よりルックスももっと男前にしたい!

……そこで今回は、そんなあくなき欲求を満たすエブリイカスタム事例を厳選。外装カスタム編と車中泊カスタム編に分け、じっくりご紹介していきますよ。

エブリイのカスタム事例紹介【 外装・オーナー編 】

まずは、実際にエブリイカスタムカーに乗っているオーナー事例・外装編からご紹介。キャンプなどでのリアルな使用感、参考にしてみてくださいね。

仕事も野営もコレ1台!とことん頼れるタフな相棒

@every4x4さんのエブリイ_左斜め前からのアングル、砂利道での画像
出典:Instagram by@every4x4
カスタム情報
車体年式等:2007年式/DA64W/PZターボ
カラー:アルルブルー類似色(SHOPオリジナル)
カスタム:4リフトアップキット・スキッドバンパー・フロントリアバンパー(PLUSLINE)、JA11ジムニーの純正エンブレム、Buckshot Mudder 195R14(Maxxis)、ES1000ショックアブソーバー(PROCOMP)、スーパートラップサイレンサー(SUPERTRAPP)、木製ハンドル(メーカー不明)、リアラダー(タフレック ハイエース用)、ルーフラック(CL LINK ジムニー用)
費用:約70万円
アルルブルー(類似色)ボディとリフトアアップされた足回りがとことん男前なこちらは、@every4x4さんの事例。カスタムは長野県のJEWEL CARSに依頼。

自家焙煎コーヒースタンドと複合して、アパレル、モジュラーシンセやカセットテープなど個性溢れるセレクトアイテムを取り扱う「マンモスビル」を経営されるオーナー夫妻。

slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}

出典:Instagram by@every4x4,出典:Instagram by@every4x4
イベントなどでのポップアップ出店のために機材を乗せての商用利用から、趣味のキャンプまでエブリイが大活躍。

しかも、林道や河川敷のような整備されていないエリアでの野営を趣味とされており、走破性と積載性を求め、エブリイをベースにカスタムされたそう。

@every4x4さんのエブリイ_キャンプシーン、富士山バックの画像
出典:Instagram by@every4x4
今後はさらに、駆動系や足回りを23ジムニーとスワップさせて、より本格的なオフロード走行もできるようになる予定とのこと。

ますますタフにアップデートされるエブリイ、これからも頼れる相棒として活躍間違いナシですね!

積載力に走破性、男前度も最強のセルフカスタム!

@ino_yuniさんの黒ジムリイ_左斜め前からのアングル、林道での画像
出典:Instagram by@ino_yuni
カスタム情報
車体年式等:2019年/DA17V/ジョインターボ2wd
カラー:ブラック
カスタム:
【外装】ジムニーフェイス、バンパーカット、ジムニー用フロントステンバンパー、 ジムニー用リアステンバンパー、鉄板風自作サイドマグネットカッティングシート、キャリア、ラダー、ヒッチメンバー、給油口、窓(自作)、フルトレーラー(自作)
【足回り】2インチアップ(スプリング)、ローター14インチ化、スイフトブレーキキャリパー、ハスラー純正テッチンホイル15インチ、一部パーツ塗装
【内装】レカロシート、スイフトセンターコンソール、天井板張り・釣棚・エレクターパイプベッドキット(自作)
費用:約100万円
お次は、釣りやサーフィンにオフロードバイクなど、アウトドアアクティビティーをフルに楽しむ@ino_yuniさんの事例。

でも……、なんだかお顔がエブ……ジムニー?! と若干脳内が混乱して、ゲシュタルト崩壊してしまう感が。実はこちら、エブリイのフェイスをジムニー化するキットによるカスタムなんです!

@ino_yuniさんの黒ジムリイ_海岸にて、トレーラー牽引の画像
出典:Instagram by@ino_yuni
しかも、ジムニーフェイス化から牽引トレーラーに至るまで、全てセルフカスタムというから驚きです……! なるべくコストを抑えて、安い流用品などでDIYされたそう。

ジムニー用フロントステンバンパーのゴツさ加減にトレーラーもプラスされて……、積載&走破性UPはもちろん、存在感&カッコ良さも半端ない仕上がりです。

@ino_yuniさんの黒ジムリイ_サイドタープ展開のキャンプシーン、中央岩に猫
出典:Instagram by@ino_yuni
ミニマムさ&利便性を考慮し、海、山どんなところでも遊べて、泊まれて、働ける車として、エブリイカスタムをチョイスされた@ino_yuniさん。

積載力&走破性に加えて男前度も最強なエブリイで、愛猫ユニちゃんとアウトドアを駆け巡る投稿、これからも楽しみです!

素通り困難レベル?!ルックスも積載性もインパクト大

@yukibaguさんのスカイブルーのエブリイ_右サイドからのアングル、路上にてワンちゃんと一緒
出典:Instagram by@yukibagu
カスタム情報
車体年式等:2015年/DA17W/JPターボ/4WD
カラー:オリジナルブルー
カスタム:オールペン、5インチリフトアップ、グリルガード(ジムニー用)、 ルーフの5連フォグ(FJクルーザー用)、ホイール・ワークエモーション2P、タイヤ・マッドスター(オリジナルホワイトレター)、車高調フロントのみ(他社製)、ワンオフオーバーフェンダー、ヘッドライト・テールランプをLED化、RECAROシート(オレンジ)、ベッドキット、ジムニー用グリル(オートルビーズ)、サイドオーニング(ブラストトレイル)、ルーフキャリア(ヤキマ)、ヒッチメンバーなど
費用:約150万円
鮮やかなオリジナルブルーとジムニーフェイスが一際目立つエブリイは、@yukibaguさんの事例。

二度見三度見は当たり前、よく声を掛けられるというのも納得のこちら、カスタムは神奈川県のカーハウスアスリートへ依頼。

@yukibaguさんのスカイブルージムリイ_おそろいカラーのキャリーにワンチャンを乗せて
出典:Instagram by@yukibagu
何度も足回りパーツを交換して、現在の車高調・ショック・バネになったそう。また、とにかく目立ちインパクトのある車を追求して現在のルックスが完成。

ジムニーフェイスはもちろん、ルーフの5連フォグライトにグリルガードライト……。狙い通り、素通りする方が難しいレベルです!

@yukibaguさんのスカイブルージムリイ_キャンプシーンでトレーラーも一緒に
出典:Instagram by@yukibagu
さらに、愛犬のパットンちゃん連れキャンプのため、道中を車内でゆったり過ごせるようトレーラー仕様カスタムも追加。

車体とお揃いの鮮やかブルーで積載性もインパクトもUP。道中で見かけたら、声を掛けずにはいられないかも?!

エブリイのカスタム事例紹介【 外装・専門業者編 】

ここからはカスタム専門業車の事例・外装編をご紹介。各社どんなカスタムを得意としているのかなど、サービス面もぜひ参考にしてくださいね!

関連記事