CAMP HACK[キャンプハック]


ワークマン ポンプウェア

その手があったか!空気で膨らませるワークマンのエコ防寒着「ポンプウェア」に上下セット登場

1

サステナブル路線を推進するワークマンが”エコな防寒着”として提案する「ポンプウェア」は、高い防寒性と軽さを実現しながら環境にも配慮したいま注目のアイテム。そんな最新ウェアの仕組みや驚きの機能性を紹介していきます。

みぞれ


空気で保温する、究極のエコ防寒ウェア

アウトドアに特化したアイテムを多数展開する「WORKMAN Plus」も好調で、全国に900店舗以上を展開するワークマン。そんなワークマンが“エコな防寒着”として提案する「ポンプウェア」シリーズに新作が追加されたという情報をキャッチ!

早速どんなアイテムなのかご紹介していきたいと思います。

ワークマンがイチオシする「ポンプウェア」とは

ワークマン ポンプウェア 「ポンプウェア」シリーズは、服の内部を空気で膨らませるという画期的な防寒着。

昨年販売されたベストはその斬新さからSNS上で“着る風船”と話題になり、実際に着用したユーザーからは「今まで買った防寒着のなかで一番軽い」、「空気を抜くと普通のベストとして着られる」と大好評。入荷後すぐに即完売するほどの人気でした。

なんでエコなの?

ワークマンエコ 「ポンプウェア」シリーズは、防寒着でありながら動物や植物由来のダウン、中綿をまったく使用せず、その代わりに服の中を空気で満たして「断熱層」を作り、保温をするというサステナブルな製品なのです。

ラインナップはブルゾン、ベスト、パンツの3種類

ワークマン ポンプウェア 今回、そんなエコな「ポンプウェア」シリーズに新しくパンツとブルゾンが追加。ブルゾンは2色展開で、普段使いからキャンプシーンまでどんなコーデにもハマるベーシックな色味となっています。

空気の量によって保温力を調整できるのも優れたポイントのひとつ。保温性がありながらとても軽いので、冬にはミドルレイヤーとしてアウターの下に仕込むのもおすすめです。

ポンプウェアを上下セットで着ると寝袋の代わりに

ワークマン ポンプウェア 空気を入れたポンプウェアにはクッション性があるため、ブルゾンとパンツを同時に着用すれば寝袋の代わりに。夏用の寝袋しか持っていない! という方でも、このウェアと組み合わせることで秋キャンプまでならば対応できそうです。フード部分は枕としても活躍してくれます。

新ポンプの導入で、より快適にアップデート!

ワークマン ポンプウェア 従来のウェア一体型ポンプは「充填するのに時間がかかり手が疲れる」という意見も……。そこで2021年モデルでは分離型のポンプが付属。これにより、今までよりも短時間での充填が可能になりました。

夕方以降はぐっと冷え込む季節に、保温力を調整できるポンプウェアが1枚あればぐっと安心感がUPするはず。収納時には空気を抜いてコンパクトに畳むこともできるので、持ち運びにも便利。キャンプだけではなく日常生活や防災の備えとしても重宝するのではないでしょうか。

「ポンプウェア」の詳細はこちら
ワークマンの公式ホームページはこちら

みぞれ

2人の子供を持つママブロガー。今はまだ幼い子供達と、いつかのんびり湖畔でキャンプしたいなと妄想する日々。BESSの家での暮らしに憧れています。

関連記事