CAMP HACK[キャンプハック]


コスパ良すぎの注目ブランド「TAION」のダウンで秋冬キャンプを快適に! | 2ページ目

0

logo ad for outdoor

実は、嬉しいリバーシブル仕様!

左からTAION-KR102MB ¥9900、TAION-R102MB ¥12980、TAION-R106MB ¥14850
「タイオンはダウンジャケットが推しなのにフリースなの?」となるところですが、ご安心ください。実はリバーシブル仕様になっていて、片面は街着としても人気のフリースジャケットのデザイン。

もう片面はしっかりタイオンらしいダウンジャケットになっているのです。温かさ倍増の一着二役でありながら、15,000円以下とコスパも良心的です。

博亮さん
秋冬になるとこのスタイルのフリースジャケットをよく見かけますが、フリースは風を通すので、流石に真冬では寒いのでは? と思っていました。でもダウンとのリバーシブルなら両面の暖か素材で秋冬も安心です。

寛子さん
とにかく温かく、子どもたちにも安心して着させることができます。家計的にもありがたいですね。フリースは柔らかく、ダウンもフッカフカですが体に馴染んでくれるので着膨れせず、着やすいです!

ダウン×ボアリバーシブルダウンジャケット:キッズ(TAION-KR102MB)はこちらダウン×ボアリバーシブルダウンジャケット(TAION-R102MB)はこちらダウン×ボア リバーシブル フーディー(TAION-R106MB)はこちら

【秋冬キャンプスタイル②】
シティ感あるアイテムでスタイリッシュに

ラインナップが豊富なタイオンのダウンウェア。人気のミリタリースタイルのキャンプにピッタリな一着も展開があります。

しかも、シティ感があり&スタイリッシュな作りなので、街着としての出番も増えそうです。

トレンドのミリタリーデザインをしっかりと踏襲!

左から100PML-1 ¥9900、101BML-1LONG ¥12980
前身頃の左右のフラップポケットが目を引くプルオーバータイプと、広く空いた首元のVネックデザインがレイヤードの可能性を広げてくれるロングコート。

どちらもミリタリーデザインである独特の形状のキルティングデザインを採用しているのが特徴です。

米軍のM-65のライナーに使われていた、玉ねぎのような独特な形状のキルティングパターン「オニオンキルト」をデザインとして採用。オリジナルは中綿仕様ですが、こちらはもちろんしっかりとダウンが封入されています。

しかも表面にはリップストップの格子模様が浮かび上がるなど、通常ラインのものよりも無骨な印象に仕上げられているのも特徴です。

ファッショナブルで汎用性が高く、街着でも最適!

そんなトレンディなデザインだけに街着としてもピッタリ! カジュアルな着こなしに合わせるだけでしっかりと流行を取り入れたシティ感あるスタイルに。

子どもたちはタイオンのアイコンモデルでもある104のキッズ版となるK104をそれぞれ着用。しっかりとバランスのとれたファミリーコーデになっていますね!
博亮さん
プルオーバーのダウンジャケットはどうやって着るんだろうと思ったのですが、スウェット感覚で気軽に着ることができました。

軽量でスッキリとした着心地なので、真冬はこの上からさらにアウターを着てもいいかもしれません。

寛子さん
街で見かけてこういうタイプのジャケットやコートが流行っているのは知っていましたが、いざ着てみると他の服との相性を選ばず、非常に合わせやすいですね。

また薄手なのでコートの下にロングカーディガン感覚でも着られそうです。1着あると寒い時期が楽しみになりますね!
ミリタリー プルオーバー ジャケット(100PML-1)はこちらミリタリー Vネック ダウンコート(101BML-1LONG)はこちら

【秋冬キャンプスタイル③】
パパママが選ぶ使ってみたいウェア

左から1301MTP ¥9900、106MTPC¥14850
現時点で既にタイオンのダウンウェアを大変気に入った様子の原島夫妻に、ラインナップの中から気になるアイテムを2点選んでいただきました。

パパがダウンパンツ、ママがダウンポンチョをチョイス! かなりの個性派ダウンウェアですが、果たして着こなすことはできるのでしょうか?