CAMP HACK[キャンプハック]


ザ・ノース・フェイス 抱っこ紐

【お子さんが1歳になったら!】アウトドア好きにうれしい抱っこ紐がザ・ノース・フェイスから登場

1

小さなお子さんとのお出かけに必須となる抱っこ紐。こだわる人ならば、メーカーや性能、デザインも納得できるものを選びたいところ。そこで今回お勧めしたいのが、THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)から初リリースとなる抱っこ紐「ベビーコンパクトキャリア」です。バックパック開発のノウハウを集約した機能性、安全性に加えて、ノースらしいスタイリッシュな逸品に仕上がっています!

リョーワタナベ


ザ・ノース・フェイス初となる「抱っこ紐」がリース!


 

アウトドアブランドTHE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)が満を辞してリリースした、ブランド初となる抱っこ紐「ベビーコンパクトキャリア」。

同ブランドが持つ豊富なアウトドアギア開発の知見をもとに作られており、軽量でコンパクトなのにしっかりお子さんをホールドしてくれ、ちょっとした登山やキャンプでも活躍してくれるのが本作の魅力。

それでは詳しくみていきましょう!

日本人に合わせたショルダーハーネスを3年間かけて開発


バックパックの開発もおこなう「ゴールドウイン テック・ラボ」。ここに集約された豊富な知見をもとに本作は開発されました。

ショルダー部分のパターンや角度、厚みに関して、日本人の男女ともに使いやすい形状を目指し、開発に3年もの期間を要したこだわりの抱っこ紐とのこと。

荷重分散性にも優れているため長時間使っても疲れにくく、キャンプはもちろん、ハイキングや軽登山などのシーンに最適です。

重量わずか370gと軽量で持ち運びもラクラク

 


ハーネスなどはしっかりとした作りながら生地は薄く、その重量はわずか370g。くるっと丸めてスタッフサックに収納でき、持ち運びもラクラクです。

また、付属のスタッフサックは、抱っこ紐を洗濯する際の洗濯ネットとしても使用可能。清潔に保つための、ちょっとしたひと工夫も忘れていません。

1歳を過ぎた頃に購入する“2つ目”の抱っこ紐に最適


はじめて抱っこ紐を購入する場合、多くの方が新生児〜3歳頃まで長く使えるモデルを選ぶかと思います。しかし、そうしたモデルは生地が厚いため蒸れやすく、コンパクト性も低いためアウトドアシーンには不向きなものも少なくありません。

一方、こちらの「ベビーコンパクトキャリア」は、ここまで説明てきしたとおり、コンパクトながらアクティブなシーンでもしっかりとお子さんをホールドしてくれる構造に仕上がっているんです。

つまり本アイテムは、お子さんと一緒にアウトドアを楽しめる頃になったら購入する“セカンド抱っこ紐”に最適ということ!

これから広がる小さな冒険のおともに


夏の暑い日には、収納式のメッシュフードで日差しを遮ることも可能。また寒い時期には、別売りの「ベビーシェルブランケット」を取り付けて保温力をアップさせることもできる仕様になっています。カラーは先ほどのグリーンとブラックの2パターン。

ザ・ノース・フェイスならではの抱っこ紐は、アウトドア好きなパパ・ママにぴったり。これから広がる、お子さんとの小さな冒険で大活躍してくれるでしょう!

「ベビーコンパクトキャリア」の詳細はこちら

リョーワタナベ

ライター、カメラマン。神奈川県出身。自然&音楽&カルチャー系雑誌編集部を経て、九州へ移住。ローカルにグローバルに意識を持ち、自然と遊び、学び、思索する日々をおくる。

関連記事