最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード

火を眺めるだけじゃ満足できない!ONOEで焚き火を充実させてみない?(2ページ目)

AD for Outdoor

鍋を吊り下げるだけ。焚き火も楽しみながら調理が可能に!


せっかく薪を燃やしたならば、火を見ながら調理も楽しむのが山田氏流。そんなシチュエーションに最適なアイテムが、ONOEの「ハンディ トライポッド ブラック」

3本の足の中央に焚火台をセットし、ダッチオーブンやケトルを吊り下げることで、焚き火を熱源とした調理が可能になります。

slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}
吊り下げ用のチェーンパーツは、フックを引っ掛ける場所を変えることで、高さを細かく調節できる仕様。さらに脚部分となるパーツはテントのポールと同じように折り畳みできるので、収納時には肩幅に収まるくらいコンパクト。

4人家族で荷物が多くなってしまうファミリーカーに積んでも、場所をとらないので持っていきやすいのもポイントです。

ハンディトライポッドブラックの購入はこちら

焚き火を囲んで食事するのにベストなマルチテーブル


家族で火を囲んでご飯を食べるのは、キャンプ好きなら誰もが憧れるシーンですよね。ONOEの「マルチファイアテーブルⅡ」はそんなシチュエーションに最適なテーブルです。

熱源から子供を守るバリケードとしても一役買ってくれるので、小さなお子様がいるYasuさんファミリーでも安心して焚き火ができます!

slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}
4つの天板を並べれば、使い勝手の良い大きなダイニングテーブルに変化! 脚を折りたたむだけの簡単設計なので、セットアップも簡単ですよ。

4つの天板があって便利だし、見た目も良いし、気になるのはお値段。ですが、なんとこちらも1万円以下。


マルチファイアテーブルⅡの購入はこちら

さらにワンランク上の焚き火キャンプを楽しめるアイテム

ここまで焚き火や料理を楽しめるギアをご紹介してきました。ここからは、さらにキャンプを快適に過ごせて、サイトをレベルアップできるONOEのアイテムと使い方を山田さんが紹介してくれました!

2 / 3ページ