CAMP HACK[キャンプハック]


火を眺めるだけじゃ満足できない!ONOEで焚き火を充実させてみない?

0

キャンプのマストイベントといっても過言ではない「焚き火」をとことん楽しみたい方必見!タフなつくり&良コスパで話題沸騰中の「ONOE」には焚き火を楽しめるギアが目白押しです。今回は初心者から中級者キャンパーまで取り入れやすいアイテムを紹介します!


今やファミリーキャンプでも焚き火はマスト!

勢いが止まらないキャンプブームをさらに後押しするのが「焚き火」。火が放つパワーを感じながら、料理を楽しんだり、仲間との会話はアウトドアならではの充実したひとときですよね。また、最近のファミリーキャンパーさんの中には、お子様と一緒に焚き火を囲む方もちらほら。

今回は、長持ちするタフなつくりとお財布にも優しい価格で話題沸騰中の「ONOE」から、キャンプのマストイベントといっても過言ではない焚き火をさらにアップデートするためのギアたちをご紹介! しかも全商品、良コスパの1万円以下ですよ〜!

Yasuさんファミリーのお悩み
「焚き火をおしゃれ&便利に楽しみたい」

slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}
数年前からファミリーキャンプにハマっているYasuさんファミリーにとっても「焚き火」はキャンプに必要不可欠。5歳と3歳のかわいい娘ちゃんたちも薪をくべるお手伝いが楽しいらしく、ファミリー全員で時間を共有できるのもいいんだとか。

でも「焚き火台だけだと味気がない。おしゃれ感は欲しいし、料理だって楽しみたい。」というお悩みがあるそう。ということで、レクチャーしてくれる人を探してきました!

アウトドアPRの山田氏が焚き火の楽しみ方をレクチャー

今回は数々のアウトドアブランドのPRを担当し、ONOEの商品PRも手がける山田氏に焚き火をさらに楽しめるギアと楽しみ方をレクチャーしてもらいました。

キャンパーも頷くポイントや工夫が盛り沢山で、最後まで目が離せませんよ!

焚き火を楽しむONOEのおすすめギアをご紹介

まずは山田氏おすすめの焚き火台&焚き火調理をするための便利ギアをご紹介。今回はファミリーでも焚き火や料理を楽しむのに適したサイズ感で、しかも調理にも使い勝手の良い焚き火台を紹介してくれるそう。また、見た目も映える直火調理に使えるギアをピックアップしてくれました!

コンパクトながら大きさは十分。着火も簡単な万能焚き火台。

まずは焚き火には欠かせないマストギア「焚き火台」。中でもおすすめなのはONOEの「フォールディングファイアグリル35」。ファミリーでも十分に楽しめるサイズ感にもかかわらず、折り畳めばコンパクトになるので、持ち運びにも便利!

薪と炭の両方に対応するハイブリット仕様なので、BBQグリルとしても活躍してくれるのでお得なギアです。
slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}
ロストルと底部分には空気を取り込む穴があいているので、燃焼効率も抜群! さらに灰受けのパーツは吊り下げ式。簡単に取り外すことができるので、お手入れや後片付けもスムーズです。

Yasuさんファミリーのように、小さい娘さんたちのお世話もしながらのファミリーキャンプにはもってこいなギアなんです。
フォールディングファイアグリル35の購入はこちら
お次は焚き火調理に最適なあのギアをご紹介!