CAMP HACK[キャンプハック]


【コレってレンジャー級?!】話題のホームセンター・ナフコの焚き火台「フレイム ストーブマックス」を調査

2


レンジャーと同様のビッグな炎

フレイムストーブマックス無事に着火でき、少しずつ薪の量を増やしていきます。二重壁が充分に温まるまでは二次燃焼は起こらないので、まだ煙が目立ちますね。

しかし円筒型ゆえ煙突効果があり、一次燃焼からして素晴らしい燃えっぷりです。
フレイムストーブマックス燃えのよさに気を良くしてどんどん薪を投入していったところ、あっという間に大きな炎に……! あまりの勢いにちょっとビビッてしまい、チェアを後ろに引いて距離を取りました。

二次燃焼の噴き出しも確認

焚き火二次燃焼もしっかり起こりました。内壁の穴から飛び出した高熱の空気が、煙を捕まえて燃やしてしまいます。

若干の風があったので、中央に吸い込まれるような二次燃焼の炎は撮影できませんでしたが、とにかく二次燃焼も盛んでした。
焚き火ちなみに別の日に撮影したレンジャーの炎がこちら。二次燃焼の炎は、レンジャーの方が勢いがあるように感じられます。二重構造の壁の厚さや、一体型であることが影響しているのかもしれません。

といっても薪の状態や風など、まったく同じ条件でテストしたわけではないので、「レンジャーの方が二次燃焼が活発」というのはあくまでも個人の感想です。

火力は十二分だけど調理もできる?

焚き火調理基本的に炎を楽しむ焚き火台ではありますが、焚き火調理もやってみましょう。ゴトク的な付属アタッチメントはないので、調理用の器具は自分で用意する必要があります。

写真はスノーピークの「BBQロッド」。ソーセージを吊り下げて焼いてみました。
焚き火調理熾火の状態になっても燃焼室内の温度は非常に高く、ソーセージを潜らせると「ジュウウ……」と食欲をそそる音が。美味しそうに全体を炙ることができました。

別にゴトクを用意すれば煮炊きOK

五徳とTKGコーポレーションのロースター手持ちのゴトクを渡してみました。TKGコーポレーションのロースター(300×150mm)がちょうどよくフィットし、薪を追加する隙間もキープできました。

火力は一般的な焚き火台と比べるとだいぶ強く、「そろそろかな」という感覚を遥かに超えた、早い時間に沸騰が訪れます。写真のラージメスティンの蓋を「そろそろ沸騰するかも……」と外したとき、恐ろしいほどに沸騰しまくっていました。

燃え残りは微々たるもの!

フレイムストーブマックス焚き火を終え、片付けタイム。一体型のレンジャーに比べて、灰の片付けは圧倒的にラクチンです。バラバラに分解できるので重さの負担もなく、また内部に灰や燃えカスが残りません。
燃えカス キャンプ場で購入した2束の薪を燃やし、燃え残ったのはこれだけ。炭はとても細かく、薪の面影を残していません。燃え残りの少なさもまた、片付けの手間を減らしてくれますね。

ナフコ フレイムストーブMAX NF-BMAX

●展開時:約Φ36×H40cm
●収納時:約Φ36×H23.5cm
●素材:ステンレス
●付属品:キャリーバッグ付き
●価格:17,500円(2021年9月8日付け楽天市場価格)


注意が必要な点は?

炎の面倒を見る楽しさは……

フレイムストーブマックス どうしても二次燃焼に目を奪われがちですが、煙突効果による燃焼効率のよさも見逃せません。薪としてはいくらなんでも太すぎるような、こぶりな丸太でも丸呑みするように燃やしてしまいます。

反面、薪の組み方を工夫したり、薪の追加タイミングを見計らったりする楽しみは少なく、炎の面倒を見たいキャンパーは退屈に感じるかもしれません。

地面への配慮が超必要

今回使った焚き火シートには、見事に円形の焦げ目がついていました。本体がいかに高熱であったかを物語っています。

芝生サイトや草原サイトの場合は、焚き火シートだけでなくレンガやスタンドを用意して高さを出すなど、地面への入念な配慮が必要でしょう。あと枯れ葉の上に設置するのも、山火事的な意味で非常に危険です。注意しましょう。

工夫された収納でもやっぱり大きい

収納バッグパーツを分割することでコンパクト収納を実現した当製品ですが、直径36cmの焚き火台はやっぱり大きな荷物。車載の負担になることは間違いありません。

せめて収納時、円筒パーツの内側にも荷物を詰めてスペースを有効活用したいところです。

凄まじい炎をリーズナブルに

フレイムストーブマックス二次燃焼で煙すら燃やしてしまう「フレイムストーブマックス」。レンジャーの泣き所だった収納サイズと片付けにくさを、見事に克服したアイテムでした。さらにレンジャーの54%の値段で購入できるリーズナブルさもあり、品薄になるのも納得の製品です。

ガンガンに焚き火したいグループキャンパー、ファミリーキャンパーはぜひ購入を検討してください。


秋葉 実

なかなかキャンプスタイルが定まらない迷走キャンパー。一度しか使わないギアが増える一方だが本人は幸せである。趣味は飲み歩きで、吉田類を敬愛し甲類焼酎を好む。

関連記事