ゴーライトシャングリラ3がファミキャンに最適な5つの理由

ゴーライトシャングリラ3は、父子3名でのファミリーキャンプスタイルに適したテントと言えます。このスタイル以外にも様々なシーンで活躍できるゴーライトシャングリラ3の使用感も併せてご紹介!きっとあなたもシャングリラユーザーになることでしょう。


ティピ型テント、ゴーライト シャングリラ3に行き着いた5つの理由

ゴーライトシャングリラ3既にこのブランド自体は消滅していますが、彼らが開発・販売してきた製品は非常にユニークで優秀であったことは広く知られており、未だにオークション等でゴーライト製品に高値が付くこともその証拠でしょう。

シャングリラには他にも1,2,4,5,6,8が存在します。ただ私が購入した2013年頃には既に3と5以外は廃盤となっており、それらは高値で取引されていましたので、実質は3人用か、5人用かという選択になったわけです。

ではなぜ星の数ほどあるテントから、私がシャングリラ3を選んだかをご説明しましょう。

①息子との父子キャンプをしたい!
シャングリラ3の「3」というのは3人用という意味です。実際に使ってみると大人で2人、もしくは大人1人+子供2人が定員かと思います。ちなみになぜ「父子」なのかというと、実は私の妻はキャンプが苦手なため妻からは、父子で行ってほしいと・・・泣

そんな事情もあり、私と2人の息子(現在6歳・3歳)でジャストサイズという訳です。実際に6歳の息子とはこれまで数回父子キャンプを実践しておりますが、3人でのキャンプデビューも近いのでは・・。

②設営が簡単なテントがいい!
父子キャンプでは私ひとりで2人の息子たちを見なければなりません。「設営中は遠くで遊ばないように!」というのもかわいそうですので、それならば設営時間を短縮しようと考えました。

後述しますがシャングリラの設営は慣れれば5分ほどで可能ですので、息子たちからほとんど目を離すことなく設営ができます。

③軽量テントがよかった。
父子キャンプだけでなく、私はソロでバックパックキャンプに行くこともありますので、できるだけ軽量なテントが欲しかったんです。

シャングリラはポール・ペグを含めても1,100gほど(ネスト含まず)と非常に軽量であり仕舞い寸法も小さいので助かります。

④キャンプ場で人とかぶらないテント!!
キャンプを始めた当初、某有名メーカーのテント(あの緑色のテントですね)を使っていたのですが、気付けばお向かいも隣も同色の同じようなテント!非常に良いテントなんですが子供たちも自分のサイトが分からなくなりますし、やはりテントは自分たちの「基地」ですから、やはり人とはかぶりたくない。できればかっこいいテントを張りたい!と思いました。

シャングリラを所有している方は多く知っているのですが、今までかぶった経験はあまり無いですね。むしろ同じシャングリラユーザーという共通点から仲良くなったりという事もしばしば。



⑤ある程度の強度も確保!
最後に安全面についてです。シャングリラはワンポールテントですから倒れやすいのでは・・・。という不安もありましたが、ペグがしっかりと効いている状態であれば多少の強風であればビクともしません。
以前、シャングリラ5が風速18m/秒でも倒壊しない動画を見たことがありますが、幕体の下部をしっかりと隙間なく設営することで、かなりの耐風性を確保できるのだと思います。

厳冬期の冬山で使うようなスペックではないにせよ、通常の平地のキャンプ場であれば必要充分な強度を確保することができます。

実際、私はこれまでシャングリラで20泊以上していますが、倒壊したことは一度もありません。

では、次に設営方法を見ていきましょう!

設営方法

ゴーライトシャングリラ3を設営したシャングリラは純正のネストが付属しており(種類・発売時期によってはオプション)、フライ+ネスト(=メッシュ地インナーテント)を使用することでダブルウォールのテントとして使用することができます。

ただ、フライのみで設営も可能となっており、その際にはオプションのフロアもしくはそれに代わる敷物を敷いたり、コットを利用して就寝することも可能です。

私の場合、父子キャンプではフライ+ネスト、ソロキャンプではオールウエザーブランケット等を敷いてフライのみのパターンが多いです。子供たちの寝相の悪さを考えると、やはり床無しは厳しいですね・・・。

A:フライのみの場合(約3分)
1 幕体を何となく広げて6箇所を仮ペグダウン
2 幕体に入り込み、ポールを幕体中心に立てる
3 ペグ位置を正確に合わせ、フライのテンションを調整して設営完了!
B:フライ+ネストの場合(約5分)
1 ネストを広げ、6箇所をペグダウン
2 ネストの中に入り込み、ポールを幕体中心に立てる
3 ネストの上からフライをかけ、入口方向を確認。
4 すでにペグダウンしているペグにフライのコードをかける。
5 フライのテンションを調整し設営完了!

使用感

ゴーライトシャングリラ3の中A:フライのみの場合
ネストが無い分、意外に広いスペースができあがります。テント内の半分にフロアを作り、半分は土間として火器類を置けばキッチンスペースとして使用でき、とても快適です(テント内での火器使用は自己責任でお願いします)。特に寒い冬の時期はヒーターなどを入れて1人用シェルター+寝床として使用することも可能です。

ただ、この設営方法ではシングルウォールテントになりますので、テント内の結露発生は免れないので、シュラフ等を濡らさないような工夫が必要です。

B:フライ+ネストの場合
Aと比較してダブルウォールの安心感があるだけでなく、メッシュインナーは特に夏場にその強さを発揮します。細かいメッシュ状になっていますので虫の浸入をシャットアウトしたり、雨などの心配が無ければフライ入口をフルオープンして涼しい風を感じながら眠ることもできます。

しかし、Aに比べテント内のスペースが狭くなるのと、ネストが思った以上に重く、仕舞い寸法も大きいので、バックパックキャンプでは使用しずらいと思います。


おすすめ度

ゴーライトシャングリラ3と人々これまでご説明してきたように、シャングリラ3は様々なシーンに対応できる、非常にフレキシブルなテントと言えます。

現在ではブランド消滅に伴い入手が難しくなっていますが、それを探し出すのもひとつの楽しみではないでしょうか?苦労して手に入れたからこそ愛着も湧いてくるのだと思います。ちなみに私はお気に入りすぎてイエローに続きグリーンも翌年に購入してしまったほどです。

ぜひシャングリラ3をお試しあれ!

ほかのティピーテントも気になる!という方は、おすすめティピー20選をチェック!

 

関連する記事

ゴーライトシャングリラ3と家族
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。少しずつキャンプの回数も増えていき、いまは月2~4回ほど全国のキャンプ場を訪問中。今年はテントから色んなギアを新調して、新しいスタイルに挑戦したい。

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • 長谷部 雅一
  • SAM & 沖田雅生
  • 八幡 暁
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE
 

LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!