CAMP HACK[キャンプハック]


ビジョンピークス クアトロアーチ2ルームテント+RF

【チャンス到来!】「ビジョンピークス」が誇る人気テントの抽選販売が期間限定で開催

3

たしかな機能性を持ちながら、優れたコストパフォーマンスで定評を集めるVISIONPEAKS(ビジョンピークス)。今回、同ブランドが誇る人気の幕アイテムを再販すると公表。本記事ではその魅力を再確認するとともに、購入方法をお伝えします。


 

注目テントの抽選販売が期間限定で開催!


全国に90店舗以上を展開する大型スポーツ用品専門店HIMARAYA(ヒマラヤ)が立ち上げたオリジナルブランド「VISIONPEAKS(ビジョンピークス)」。

“すべての人にOUTDOOR LIFEを”という理念のもと、 デザインや機能性はもちろんのこと、優れたコストパフォーマンスも魅力の同ブランドは、ビギナーから玄人まで、幅広いレベルのキャンパーをサポートしてくれるアイテムを展開しています。


そして今回、ビジョンピークスが誇る人気テント「クアトロアーチ2ルームテント+RF」と、ソロキャンパーから厚い支持を集める「TCバタフライシェルターSOLO」、そして「TCルーテントSOLO」の再販が決定! 8月27日(金)10:00〜29日(日)23:59まで抽選販売の募集が行われます。

ということで本記事ではその2幕の魅力をもう一度掘り下げていきます!

タープが飛び出る「クアトロアーチ2ルームテント+RF」


まず紹介するのは「クアトロアーチ2ルームテント+RF」。

こちらは初期モデルとしてリリースされていた「クアトロアーチ2ルームテント」のリニューアルモデル。前作と比べて、テント内の広々とした有効スペースはキープしながら、本体の長さを50cm短くしてコンパクトになりました。

サイドタープ付きルーフフライを標準装備


そして今作の最大の特徴とも言えるのが、アイテム名にも付け加えられた「+RF(ルーフフライ)」。ポリエステル製のテントはどうしても、日陰が薄い、結露が発生しやすいなど悩みがつきものでした。

しかし、今回加えられたルーフフライを天井部に被せることによって見事にそのお悩みを軽減! しかもこのルーフフライの片側にはタープが格納されているので、わざわざ別でタープを設営する手間が省けちゃうんです。。


タープ設営には別売りのポールを用意しないといけないんでしょ? と思われる人もいるかもしれませんがご安心を。こちらのセットにはなんと、サイドタープ用のアップライトポールを3本標準装備。


リビングスペースを拡張してくれるサイドタープは、キャンプでの快適性をグンとアップしてくれます。使わない場合はクルクルと巻き上げて収納できるので、シチュエーションに合わせて使用できます。

広々設計で大型シェルターとしても活躍!


「クアトロアーチ2ルームテント+RF」は、今大人気のトンネル型テント。室内空間は、高さ約2.1m×横6.2m×幅3.3mと広く、テント部分は吊り下げ式となっているのでインナーテントを外せば大型シェルターとして活躍してくれます。


付属のインナーテントを吊り下げた状態がこちら。吊り下げ式なので設営も簡単なうえ、装着してもリビングはこの広さ。5人用となっており家族や大人数でのキャンプに出かけたいと考えていた方には、うってつけのテントではないでしょうか。

クアトロアーチ2ルームテント+RFの抽選販売に応募する

15分で設営ができる「TCバタフライシェルターSOLO」


続いてご紹介するのは「TCバタフライシェルターSOLO」。2021年春の発売以降、ソロキャンパーを魅了してやまない幕をご紹介していきます。

特筆すべきはやはり設営の手軽さでしょう。ポールの立てる場所を決め、4か所ペグを打ってポールを立ち上げればすぐに自立。 そのあとはロープでテンションをかけ、各コーナーとストームガードのロープもペグダウンしたら基本形は完成です。


そして、こちらの幕にはメインポール2本に加えて二股ポールも標準装備。この二股ポールを使うことによって上記の写真ように多彩なアレンジができ、シーンによって使い分けが可能。自己流にアレンジした張り方も試せそうなのがワクワクしますよね!

T/C素材だから焚き火の近くでも大丈夫


設営の簡単さに加えて、お伝えしたいのが難燃性。ポリエステルとコットンの混紡生地(T/C素材)を使用しているので難燃性に優れており、火の粉で穴が燃え広がりにくいのがうれしいポイント。安心して焚き火を囲むことができます。

また、T/C素材は遮光性もしっかり備わっているので、夏は強い日差しをカット。逆に冬は暖かい空気を外に逃がしにくいので、暖かく過ごすことができるんです。


ここまで紹介してきた「T/CバタフライシェルターSOLO」。その名の通り、ソロキャンプにちょうどいいサイズ感は、フレキシブルにキャンプを楽しみたい人に最適ではないでしょうか。

バタフライシェルターSOLOの抽選販売に応募する

カンガルースタイルのための「TCルーテント SOLO」

※タープは別売です。
最後に紹介するのは、タープやシェルターと組み合わせて使う「カンガルースタイル」を想定して作られた「TCルーテント SOLO」!


こちらのテントは既存品の「TCルーテント」をソロキャンプ向けにリサイズしたプロダクトです。2本のメインポールを通すだけで自立するというシンプルで設営しやすい構造はそのまま踏襲。


コンパクトかつスリムなサイズ感を実現するためフレーム構造も刷新。最低限のポールで広い室内空間を確保できるよう、2本のポールがサイド2箇所でクロスする「魚座型」のフレーム構造を採用し、さらに頂点部分にリッジポールを組み合わせることで窮屈さを感じさせない広々空間を実現しています。


またこちらは、前出の「TCバタフライシェルターSOLO」と同様、本体にTC生地を採用しています。TC素材は夏の暑さを遮断し、冬は温かい空気を逃がさないのでオールシーズンに対応!


火の粉にも強いため焚き火シーンにも最適ですし、遮光性にも優れているので夏場のレジャーシーンではサンシェードとしても活躍してくれます。


使用時の床サイズは210×110cm。ソロ向けに作られたテントですが、2人でも無理なく寝ることができそうですね。

TCルーテント SOLOの抽選販売に応募する

抽選販売応募期間は8月27日(金)〜29日(日)の3日間!


今回ご紹介したビジョンピークスの大人気テントですが、これらをゲットするためには抽選に応募することが必須の条件。手に入るかは運次第ですが、応募しないとチャンスは巡ってきません。

応募受付期間は8月27日(金)10:00〜29日(日)23:59までなのでお忘れなく!

そしてここまで読んでくれた方にもう1点朗報です。なんと「TCバタフライシェルターSOLO」と「TCルーテント SOLO」が9月10日(金)から店頭販売されるそうなんです。実物を見て買いたいという方は、ぜひ最寄りのヒマラヤをチェックしてください。ただし、数量限定とのことなので厳しい争奪戦になりそうです。

ビジョンピークスの公式ホームページはこちら

CAMP HACK 編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。ついつい最新ギアを買って試したくなってしまう自称“日本一の散財キャンパー”。家がキャンプ道具で溢れてきたので、「魅せる収納」にリフォームしようか検討中。