CAMPHACK

【贅沢ハンドメイド!】話題ブランドMANIKAの焚き火台に待望の新サイズとオプションアイテムが追加

0

人それぞれが人生で大切にしている「マニアック」な「ナニカ」に寄り添うブランドMANIKA(マニカ)。高品質なバッグやウェアでご存知の方もいると思いますが、今回ご紹介するのは、知る人ぞ知る瞬速完売アイテムの焚き火台です。そんな同ブランドの焚き火台「TAKIBI-LIGHT-SP」がこのたび、大幅なアップデートを経て生まれ変わりました。

秋葉 実

東京・高円寺発ブランドMANIKAの焚き火台に注目!


東京・高円寺を拠点に、「旅」をテーマにユニークなアイテムを生み出すブランドMANIKA(マニカ)。バックパックやサコッシュ、アパレルなども手がけるMANIKAですが、シンプルかつスタイリッシュなデザイン焚き火台も制作しており、売り切れが続く人気アイテムとなっていました。

そんな同ブランドの焚火台にこの度、Lサイズとも言うべき新サイズが登場! さらに便利な拡張パーツとのセットがラインナップされるということで早速チェックしていきたいと思います!

▼MANIKAの旗艦店「DOMANIKA」の取材記事は下記記事をチェック

従来モデルよりひと回り大きくなった「TAKIBI-LIGHT-SPX」

こちらが生まれ変わったMANIKA製の焚き火台「TAKIBI-LIGHT-SPX」。前身モデルとして「TAKIBI-LIGHT-SP」、そのまた前身モデルには「TAKIBI-LIGHT」が存在し、アップデートを重ねてきました。

今回発売となった最新の「TAKIBI-LIGHT-SPXは、従来モデルよりもひと回り大きくなったとのこと。初代モデルからずっと、ハンドメイドでひとつひとつ作られているという贅沢な焚き火台です。
初代モデルから、火床には通気性のいいステンレス製メッシュを採用。下から空気を取り込むことで効率のいい燃焼を実現します。2~4人向けの焚き火台とアナウンスされていますが、軽量かつコンパクト収納が可能なので、ソロでももちろんOK。

それでは組立サイズや収納状態など、そのへんのスペックをチェックしていきましょう。

各サイズをチェック!

組み立てた状態のサイズは幅380×奥行360×高さ330mm。従来モデルと比べると、それぞれ1~3cm程度長くなっています。重量は約700gで、これには変更がないとのこと。素材はX字の脚がアルミ製で、他はステンレスです。

ちなみにアルミ製の脚はアルマイト処理が施されており、防錆と強度の面で普通のアルミよりも優れたスペックに。そしてメッシュのステンレスは、もちろん耐熱性です。

帆布のおしゃれな収納袋が付属

本アイテムには、MANIKAオリジナルの焚き火マークがおしゃれなヘビーコットン製の収納袋が付属します。収納サイズは直径60×長さ430mm。長さはちょっとありますが、細いので持ち運びは苦にならないでしょう。バックパックのサイドポケットや、ボトルサックに余裕で差し込めます。

「TAKIBI-LIGHT-SPX」の詳細はこちら

「TAKIBI-LIGHT-SPX」専用サイドテーブル「Super Side Me」

出典:MANIKA
また今回、「TAKIBI-LIGHT-SPX」に連結して使えるサイドテーブル「Super Side Me」もリリース。連結したテーブルにより、快適な焚き火調理と食事が可能になります。

出典:MANIKA
連結テーブルは天板がアルミ製で、サイズは380×365mm。熱に強いので火から下ろしたクッカーをそのまま置いてもOKです。表面はエンボス加工の施されたチェッカープレート。滑りにくく、ススで汚れにくいメリットがあるでしょう。

「Super Side Me」の詳細はこちら

サイドテーブルを自立させる脚パーツも用意が

slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}

基本的にサイドテーブル「Super Side Me」は焚き火台「TAKIBI-LIGHT-SPX」と接続させて使うことを想定しているため単体では自立しませが、「テーブル単体で使いたい」という要望に応えるため、MANIKAではX字型の脚パーツを「テーブル独立用片足キット」として販売。

独立したテーブルとして使いたい、という方はこちらをお求めください。

「テーブル独立用片足キット」の詳細はこちら

焚き火台、テーブル、ゴトクの一式フルセットも!

出典:MANIKA
さらに、今回の「TAKIBI-LIGHT-SPX」シリーズには、拡張アクセサリーがまるっとセットになった「TAKIBI-STATION-FULL SET」も用意されます。

従来モデルの「TAKIBI-LIGHT-SP」では、煮炊き用アクセサリーはチェーンとゴトクの組み合わせで用意されていました。それも武骨でかっこよかったのですが、ポールの採用で火床メッシュとの距離が確保され、使い勝手はよりスマートなものに。
出典:MANIKA
ゴトクは幅を自由に変えられるので、底面積の小さなクッカーやコンパクトなソロ鉄板でも問題ありません。

「TAKIBI-STATION-FULL SET」の詳細はこちら

ゴトクパーツ単品での発売も!

出典:MANIKA
さらにさらに、「TAKIBI-LIGHT-SPX」をすでにお持ちの方に向けて、ゴトクのみのパーツを「POLE & L-G.O.T.O.K.U/Set」として単品で販売しています。フルセットを買わなくても、ゴトクだけ追加できるこうしたラインナップはうれしいですよね。

「POLE & L-G.O.T.O.K.U/Set」の詳細はこちら


さて、ざっと紹介してきた「TAKIBI-LIGHT-SPX」関連のアイテムですが、これらは前述の通りハンドメイドで制作されます。注文が入ることで作られる完全受注生産です。

受注開始は、2021年8月中旬を予定しているとのこと。最新情報は公式インスタグラムで随時発表するとのことなので、焚き火台に個性が欲しいキャンパーはぜひチェックしてみてください。

MANIKAの公式ホームページはこちら

  • 前のページ
  • 1/1
  • 次のページ

秋葉 実

なかなかキャンプスタイルが定まらない迷走キャンパー。一度しか使わないギアが増える一方だが本人は幸せである。趣味は飲み歩きで、吉田類を敬愛し甲類焼酎を好む。

関連記事