CAMPHACK

“紙”の繊維で汗をかいてもサラリ!ゴールドウインから夏を快適にするリカバリーウェアが登場

0

アウトドア対応の機能性とミニマルなデザインを融合させ、フィールドの垣根をなくす「Goldwin(ゴールドウイン)」。長年にわたりアウトドアシーンを支え続けるそんなブランドが、今季も革新的な素材を採用した夏向けウェアとして「Re-Pose Paper」コレクションを展開。その確かな機能性をお伝えします。

松尾 慧

“紙”の繊維と光電子で夏のジメジメ&強すぎクーラーに対応!

goldwinのロゴ
出典:Goldwin
アウトドアウェアとしての合理性を追求したデザインと無駄な装飾を省いたプロダクトで、都市と自然のフィールドをシームレスにつなぐGoldwin(ゴールドウイン)。同ブランドではこれまで培ったテクノロジーを駆使し、より良いコンディションへ導くウェアの開発を行ってきました。
goldwin Re-Pose Paperシリーズ
そして今回、厳しい暑さによる体力の消耗やクーラーによる寒さが気になる方に向けた新たなリカバリーウェア「Re-Pose Paper」コレクションをリリース。その画期的な機能を本記事ではご紹介していきます。

光電子による高い保温性を誇る「Re-Pose」コレクション

出典:Goldwin
今回ピックアップする「Re-Pose Paper」コレクションは、ゴールドウインが従来から展開している「Re-Pose」シリーズを夏用にアップデートしたもの。

goldwin Re-Pose Paperシリーズ
「Re-Pose」シリーズとは、遠赤外線保温素材である「光電子(こうでんし)」を採用し、衣服内を保温することで快適なぬくもりを生み出し、体温に近い温かさをキープするという寒い時期に活躍するコンディショニングウェアでした。

高い吸湿性を誇る“紙糸繊維”を加えて夏でも快適に


今回リリースとなった「Re-Pose Paper」は、そんな「Re-Pose」のテクノロジーに紙糸繊維を新たに加えたコレクションです。

「襖」や「障子」など、“紙”は高温多湿な日本で古くから有効活用されてきた吸湿性に優れた機能素材。この紙繊維生地に混紡することで、サラッとした着心地を実現することに成功したそう。

goldwin Re-Pose Paperシリーズ
また、紙の繊維は天然由来のものを細く裁断して糸にしたもので地球環境にもローインパクト。そこにコットンやポリエステルを混紡することで、肌に優しくなり耐久性もアップさせています。洗濯も気軽にできるので、ガシガシ使える仕様になっているんです。

Tシャツ、パンツ、女性向けのチュニックま で、全8品番を展開


そんな「Re-Pose Paper」シリーズは、UnisexのTシャツとパンツ、Men’sのロングスリーブTシャツとパンツ、Women’sのチュニックとパンツなど、男女ともに楽しめるラインナップを展開。

goldwin Re-Pose Paperシリーズ
いずれのアイテムもややゆとりのある今っぽいシルエットを採用していたり、衿も生地の伸びに強いバインダー仕様になっていたりと、ユーティリティプレイヤーぶりを発揮しています。

「Re-Pose」の特設WEBサイトはこちら

夏を快適に過ごす心強い味方は現在発売中!!


クーラーの効いた室内では光電子の遠赤外線効果で衣服内の温度をキープし、紙糸繊維の吸湿効果で身体にまとわりつく夏の不快な湿度を緩和してくれる「Re-Pose Paper」コレクションの魅力、伝わりましたでしょうか。

この夏に大活躍間違いなしのゴールドウインの機能的リラックスウェアをゲットして、ニュースタンダードな暮らしを快適に過ごしてください!

Goldwinの公式ホームページはこちら

  • 前のページ
  • 1/1
  • 次のページ

松尾 慧

ファッション誌やWEBマガジンの編集部、フリーライターを経て、国内外のブランドのPRを行うTEENY RANCHに所属。並行して、ファッションやアウトドアメディアのライターとしても活動中。

関連記事