CAMPHACK

ポータブル電源超え⁉︎ 防災&キャンプに重宝する、EcoFlowの最新「ポータブル蓄電池」とは?

0

急速充電のポータブル電源でお馴染みのEcoFlowから、3,600Whの高出力モデルがリリースされました。もはや家庭用蓄電池レベルのハイパワーながら、フィールドにも連れ出せるポータブル仕様! キャンプでも使える防災ギアとして重宝しそうです。

EcoFlow DELTA Proの実力をガチ検証!


ポータブル電源の容量がどんどん大きくなるなか、ついに3,000Whオーバーの高出力モデルが登場! しかも急速充電でキャンパーから絶大な支持を受けるEcoFlowシリーズです。

そんな話題のモデル「EcoFlow DELTA Pro」のサイトをチェックしてみると、もはや「ポータブル電源」ではなく、「ポータブル蓄電池」という位置付けに。

最大出力3,600Whは伊達じゃない!


つまり、持ち運び(ポータブル)できるけど、家庭用蓄電池と同じカテゴリーに入るってこと。もちろんその理由は、3,600Whの高出力を支える1,125,000mAhという大容量にあります。

これだけあると、災害などで停電した場合でも7時間ほど日常と変わらない生活が送れます。さらに最低電力(照明、扇風機、ラップトップ、ルーター、スマホのみ稼働)にすると、2日間ほど持つとか。

ちなみに100%充電の状態で何も繋がないで電源を入れてみると、液晶モニターには5DAYS使用可能と表示されました。消費電量によって、あとどれくらい使えるのかがわかるのは便利ですね。

そこで実際のところ、どれだけパワフルで長く使えるのかガチ検証! 4人家族のファミリーキャンパーにEcoFlow DELTA Proだけで日常生活をしてもらいました。