CAMP HACK[キャンプハック]


空中テント

空中テント|一度は泊まってみたい浮遊感!張り方・安全面・試せるキャンプ場も

0

空中テントはいわゆるハンモックとテントを合体させたもので、その名の通り空中に浮かぶテントのこと。木にくくりつけて使うことが多い為、ツリーテントとも呼ばれています。ホテルなどでも泊まれるところがあり、普段からキャンプをしない方も、見たことあるのではないでしょうか。有名なブランドだと「テントサイル」や「レビタット」などがあります。

yuri


アイキャッチ出典:テントサイル

扱い方は簡単?空中テントのHowToが知りたい!

tentsilejapan
出典:Instagram by @tentsilejapan
普段味わえない浮遊感と開放感。写真を見るだけで、わくわくがとまらないですよね。まだまだ持っている人もそこまで多くない空中テントですが、地面に張らないぶん、設営やお手入れなど普段のテントと異なる点がいくつかあります。張ったことがない方からすると、張り方がわからず一見難しそうですが、実はとても簡単で扱いやすいのが特徴です。

張り方はとっても簡単!

第3世代 サファリコレクション 3名用 スティングレイ 張り方はいたって簡単。付属品の3本のロープを支柱に括り付けて設置するだけ。林間サイトで使うことを想像される方が多いと思いますが、木以外にも柱、車のトップルーフなど固定できる支柱が、一定の間隔で3本ある三角地帯があれば大丈夫です。慣れれば10分ほどで設営できます。

✔︎実際に貼ってみた!レビューはこちら

手入れ

ホース
出典:PIXTA
水洗いOKなものが多いので、汚れても簡単に手入れができます。ひどい汚れのときは、洗剤を使ってスポンジで洗うことも可能。汚れを気にせず、がしがし使えますね。

浮遊感だけじゃない!実はこんなに便利なテントなんです

ふわふわ浮いていて気持ちよさそうな空中テント。その快適さ以外にも、空中テントには実はこんなにいいことが!

 ①設営が早い!

第3世代 サファリコレクション 3名用 スティングレイ キャンプサイトによって、石が多いサイトや雨でぬかるみやすいサイトなどさまざまで、張る場所を選ぶこともしばしば。空中テントはそのような地面のコンディションの心配は無用! また、3本のロイヤリティでどこでも簡単に設置ができるので、設営時間が短いのもポイントです。

 ②夏は涼しく、冬は温かい

第3世代 2名用 コネクトツリー 地面から距離があるので、地面からの虫を防げるとともに、メッシュタイプを使えば風通しも抜群で涼しく過ごせます。一方冬は、地面からの冷たい冷気を防げるので、毛布やシュラフを着こんで暖かく過ごせます。

③災害時にも◎

災害再現フィギア
出典:PIXTA
空中テントの代表ブランド・“テントサイル”のテントは、「公益社団法人 危機管理協会」に防災アイテムとして認定を受けていたほど。余震の揺れを受けにくかったり、地面がゆるくテントが張れない際にも3本の支柱さえあればどこでも張れるという利便性があります。

また空中テントは足を伸ばせるので、有事の際のエコノミー症候群を防ぐことができます。

スペースが有効活用できる

テントサイル
出典:Instagram by @tentsilejapan
空中テントの下はラゲッジスペースとして活用できるので、限られたスペースでのキャンプにも便利です。

気になる安全面は?

地面から浮いているという点で、一番気になるのは安全面。使用にあたって気を付けたいポイントを見ていきましょう。

商品に記載のルールを守る

ルール
出典:PIXTA
設営方法や、最大耐荷重、最大人数はテントによって異なります。記載事項をきちんと守りましょう。設置する場所も、ログハウスや耐久性の弱い支柱、直径30センチ以下の木々はNGなど細かい規定があるので忘れずにチェック。

空中テントならではの注意を

tentsilejapan
出典:Instagram by @tentsilejapan
上記のとおり、推奨高さを守るとともに、落下物を防ぐためファスナーを閉める、お子さんから目を離さないなど、落下の危険に気を配りましょう。また、高くなればなるほど、誤って落下した際のリスクは高くなるので、推奨高さを超える設置は控えましょう。

一度は泊まってみたい……空中テントが試せるキャンプ場・宿泊施設

エキゾチックで非日常感たまらない空中テントですが、まずは試してみたいと思う方も多いのでは。そこで空中テントが試せる宿泊施設やキャンプ場を見ていきましょう。

ちょっと高級でグランピングっぽい雰囲気の場所から

Dom'up camp village 那須高原 ・Dom’up camp village 那須高原(栃木県)
6,000坪のキャンプ場に6サイトしかないプライベート空間溢れるキャンプ場。6つのうち4つが空中設置型のテントになっています。しっかりとした作りのテントが多いので、アウトドア初心者も快適に過ごせそう。

詳しくはこちら

・IN THE PARK(静岡県)
都内からわずか1時間半ほどで行ける好立地にある宿泊施設。見た目も可愛い球体型の空中テントが2つあります。なかにはベッドも設置されているので、テント泊に慣れていないかたも安心。空中テントならではの浮遊感や景色を味わいつつ、快適に過ごせます。

詳しくはこちら

・グランピング福岡 ぶどうの樹 ~海風と波の音~(福岡)
1日1組限定、3月~10月の宿泊のみ楽しめる空中テントがあります。公式HPによると、なんと世界初の海辺の空中テントとのこと。サンセットを臨みながらゆったり空中テントを楽しむのもいいですね。

詳しくはこちら

キャンプ場で空中テントが使えるところ

ニニウキャンプ場(北海道)
・ニニウキャンプ場(北海道)
大自然が魅力の北海道にあるこちらのキャンプ場は、レンタルでテントサイルの空中テントを借りることができます。設営もスタッフがやってくれるので、使ったことがない方も安心ですね。

詳しくはこちら

・八東ふる里の森(鳥取県)
自然あふれるキャンプ場で、テントサイルに手ぶらで泊まれるプラン。空中テントから思う存分堪能できるブナ林に癒されてみては。

詳しくはこちら

レンタルもできる!

tentsilejapan
出典:Instagram by @tentsilejapan
テントサイル公式HPによると、1日/7,000円(送料込み)でレンタルもできるそう。よく行くキャンプ場での試し張りができるのはありがたいですね。ただし、使用可能かどうかは事前にキャンプ場に必ずチェック!

詳しくはこちら

空中テントといえば「テントサイル」!自分に合うテントはどれ?

空中テントといえば「テントサイル」「レビタット」が有名なブランド。今回はテントサイルの商品をピックアップ。自分へのご褒美として、ニューギアを迎えてみては。

「レビタット」についてはこちらの記事をチェック!


【1人用】ミニマルなソロキャンパーにおすすめ!

・UNA

テントサイル UNA レインフライがついた一人用テント。非常に軽く、荷物を軽くして長時間歩くハイカーやバックパッカーの方に最適です。レインフライは取り外しも可能なので、景色も楽しめます。

購入はこちら

【2人用】 ソロでもデュオでも使用できる優秀テント

・コネクトツリー
テントサイル コネクトツリー コネクトツリー1つを2人で使用するのがスタンダードな使い方ですが、3つ繋げることで、6人用にもできます。また、2人用のT-Miniハンモックやスモールサイズのダブルバブルを使うと、階層式でも使用できるというアレンジ性が高い優れもの。天井が高いので圧迫感なくのびのび過ごせます。

購入はこちら

・フライト
テントサイル フライト 商品ページでは1人用と明記ありますが、公式HPの商品総合カタログには2人用として掲載されているため、1人でも2人でも使用できる様子。軽量なので、ハイキングにぴったりなモデル。テントサイルの中ではリーズナブルなので、エントリーモデルとしても◎。レインフライをつければ、雨を防ぐこともできます。

購入はこちら

【3人用~】 ファミリーやグループキャンプにぴったり

・スティングレイ
テントサイル スティングレイ ファミリーやグループキャンプはこれ! ゆとりのあるつくりで、大人3人またはファミリーが快適に過ごせます。収納スペースがたっぷりあるの所もうれしいポイント。

入口がいくつもあるため大人数でも出入りしやすく、レインフライが張り出しているためテント下の地面が濡れません。

購入はこちら

・サファリ ビスタ
テントサイル サファリビスタ こちらも大人3人または小家族にぴったりなテント。フロアには、ダブルステッチを施した丈夫で裂けにくい450デニールのダクロンを使用しているので、悪天候に対応し、オールシーズン楽しめるテントです。ユニークなドーム型のデザインが特徴的。

購入はこちら

普通のテントに飽きてしまった人も……まずは試してみるのもアリ!

tentsilejapan
出典:Instagram by @tentsilejapan
今すぐ泊まってみたいとうずうずしてきた方、いらっしゃるのではないでしょうか。まずは宿泊施設やキャンプ場などで試しに泊まってみるのもアリですよ。キャンピングライフを今よりもっと充実させたい方には、アップグレードアイテムとしておすすめです。空中テントを持っている人が少ない今、先取りするとキャンプ場で差がつくかも。


yuri

キャンプ歴6年、フェス歴10年のアラサー夫婦キャンパー。都内の出版社で働きながら、週末は自然を求めて月2ペースでキャンプを楽しんでいます。Instagram : @uri_920

関連記事