CAMP HACK[キャンプハック]


“保冷力が格上げされる”と噂のHYADクーラーの新作「クーラーパック」を検証してみた!

1


「クーラー・イン・クーラー」を実践してみた

HYADクーラー
今回使用するのは、2サイズ展開(8QT・18QT)のクーラーパックの大きい方「クーラーパック 18」。容量は約17Lです。これをハードクーラー「HYAD クーラーボックス 47R」に入れて使用。

HYAD クーラーボックス 47Rのちょうど半分に収まるサイズに設計されています。クーラーボックスはどうしてもドリンクを取り出すたびに開閉されますが、その影響を受けにくい保冷室が生まれるというわけですね。

より冷やしておきたいものを収納

HYADクーラー ドリンク類は、多少ぬるくなっても健康上の問題は発生しません。しかし夏キャンプにおいて、肉や魚は鮮度を死守する必要が……。頻繁に取り出す必要がない、よりしっかりと冷やしておきたい食材は、クーラー・イン・クーラーに守ってもらいましょう。

カップの氷を使って効果をテスト!一晩放置してみた

HYADクーラー クーラー・イン・クーラーの効果がどの程度のものなのか、カップの氷を使って試してみます。1つは保冷室内に直置き、もう1つはクーラーパック内に。このまま一晩放っておいて、氷の残量をチェックします。

20時間後……

クーラーボックス保冷力 約20時間後の状態がこちら。直置きの方は完全に氷が溶けてしまっています。クーラーパック内にあった方は、氷が残っているようです。
クーラーボックス保冷力 別のコップに移してみました。その差は歴然ですね。ちなみに直置きの方が溶けきった瞬間を狙って取り出せば、もっと顕著な差が現れたと思います。

HYADクーラー
またクーラーボックスの有効な使い方として、「予め冷やしておく」「一杯に食材を入れる」「保冷剤でアシスト」という基本がありますが、今回はそれらをまったくしていません。なのでこの残量自体が、HYADの実力を示すものではないことをお断りしておきます。

オレゴニアンキャンパー ヒャド クーラーボックス HYAD 47R

●容量:47QT(約45.5L)
●重量:約10kg(本体のみ)
●サイズ:(外寸)幅66.5×高さ40.4×奥行38.3cm、(内寸)幅55×高さ31×奥行27cm



オレゴニアンキャンパー クーラーパック 18

●素材:210D POLYESTER(ポリエステル) ※内側防水仕様
●サイズ:49×50cm、(使用時)50×36cm、(底部)28×22cm
●容量:18QT(約17L)


ソロキャンプで使いたい「クーラーパック8」

HYADクーラーパック
さて次は、クーラーパックをソロキャンプに導入してみましょう。さきほどテストしたのは「クーラーパック 18」で、こちらはひと回り小さな「クーラーパック 8」。荷物をコンパクトにしたいソロキャンパーにおすすめです。
ソロキャンプクーラーボックス 容量は8QT(約7.6L)で、350ml缶6本に加えて保冷剤が入ると公表されています。写真のように1人分の食材とドリンク、そして保冷剤なら余裕も余裕です。

350mlのビールが12缶余裕で!

HYADクーラーパック 当製品をじっくり観察していたところ、どうも公表スペックよりも多くのドリンクが入るような気が……。350ml缶が6本入るとのことですが、倍でもイケるような気がしました。
HYADクーラーパック 予想通りサッポロとアサヒ、計12本の缶ビールが収まりました。加えて保冷剤も押し込むことができました。
HYADクーラーパック ロールダウン式の開口部が閉まらないような不具合もなく、何ら問題は感じられません。強いて言えばハンドルの耐荷重に不安が残るぐらいでしょうか。

もちろん公式スペックをオーバーした使い方なので推奨はできませんが、薄く折りたたんで移動し、現地近くでドリンクをめいっぱい購入したい場合など、オプションとして活用することができそうです。

もちろん小さいサイズも「クーラー・イン・クーラー」対応

こちらのサイズもクーラー・イン・クーラーに対応。「HYAD クーラーボックス 27R」の保冷室、そのちょうど半分を占めるサイズです。

HYAD クーラーボックス 27Rは容量約25.5Lと、ゆったりソロ~デュオに適したサイズ。記事前半の47Rを持て余しそうなキャンパーは、こちらの組み合わせを検討してください。

オレゴニアンキャンパー HYAD クーラーボックス 27R

●容量:27QT(約25.5L)
●サイズ:(外寸)幅46.2×高さ35.3×奥行33.8cm、(内寸)幅37×高さ26×奥行26cm
●重 量:約5.5kg(本体のみ)



オレゴニアンキャンパー クーラー パック8

●素材:210D POLYESTER(ポリエステル) ※内側防水仕様
●サイズ:35×38cm、(使用時)35×28cm、(底部)21×14cm
●容 量:8QT(約7.6L)


密かにアップデートされていた「HYADクーラーボックス」2021年モデル

HYADクーラー
今回アウターとして使用した「HYADクーラーボックス」。2019年に登場し瞬く間に注目を集め、一時完売となった人気商品です。じつはこちら、2021年モデルとしてアップデートVerが新登場しているのであわせてご紹介します。

関連記事