CAMP HACK[キャンプハック]


【これ最高…!!】ソーラー充電もできる話題の六角柱ランタンが、見つけたら即買いレベルでした

1


形状特性・機能性を詳細チェック

「PLAY HEX-SoLa」寸法 横に置いた状態で外寸を測ると幅11.5cm、高さ5.3cm、対角線長5.9cm。機能満載のためか、コンパクトな見た目より重く感じたので測ってみると、およそ300gありました。

本格的な登山に持って行くには少々重く感じますが、オートキャンプなら十分に小型軽量といえるサイズ感です。

横置き使用時も転がりにくいのがいいんです

「PLAY HEX-SoLa」形状 六角柱の片側3面はランタン発光面サイド、反対側の3面はソーラーパネルサイドという独特の構造。テーブルの上で立てても寝かしても転がりにくいのは、この形状のメリットですね。

スイッチ類の面はひと目でわかるシンプルな操作性

「PLAY HEX-SoLa」スイッチ類 六角柱を立てたときに天面もしくは底面になる部分には、電源ボタン、調光用のーボタン&+ボタン、電池残量インジケーター、ソーラー充電表示LED、その上にはフタで閉じられた入出力用の各USBジャックがあります。
「PLAY HEX-SoLa」ジャック部 防水タイプのフタを開けると、内臓のモバイルバッテリーを充電する(入力)ためのmicroUSBジャックと、スマートフォンなどを充電(出力)するためのUSB-Aジャックがあります。

入力用コードが付属していますが、一般的なモバイルバッテリーと同様の仕様なので、お手持ちの充電コードも使えます。

「PLAY HEX-SoLa」発光面 電源ボタンなどが並ぶ面の反対面には、ハンドライトの発光面があります。各機能を上手にレイアウトしたスタイリッシュかつ、よく考えられたデザインです。

防水防塵機能は「IP65」規格。急な雨でも大丈夫!

防水防塵機能 そしてアウトドア遊びには頼もしい、IP65規格の防水防塵機能を搭載。USB入出力部分のフタをきちんと閉じていれば、雨の中でも問題なく使え、内部に水や埃が侵入することもありません。

ポーチにもハンガーにもリストバンドにもなる!

専用マルチポーチ、カラビナ 本体だけでも十分多機能ですが、付属の専用マルチポーチ、カラビナと組み合わせて使えば、さらに使い道の幅が広がります。

ポーチのジッパー ポーチのジッパーには大きなタブが付き、開け閉めがしやすくなっています。また、このジッパータブは収納以外の場面でも役立つようにデザインされています。

美しくフィットする「収納」バージョン

「収納」バージョン まず収納ポーチとして使ってみます。専用品だけあってジャストフィット! 付属品のカラビナもコンパクトな収納に一役買っています。

マルチポーチとカラビナで「吊るし」バージョン

「吊るし」バージョン 本体の両端に付いている吊り下げ用金具に細く畳んだ専用マルチポーチを通し、ポーチの両端のループに付属のカラビナを付けると、テントの天井やランタンハンガーに吊るせます。

マルチポーチとカラビナで「リストバンド」バージョン

「リストバンド」バージョン 専用マルチポーチをふたつ折りにして、両端のループと電源ボタン側の吊り下げ用金具にカラビナで繋げば、ハンドライト使用時のリストバンドになります。

その際、ジッパータブのループにポーチの両端を通すことで、手首にしっかりと巻き付きます。

カラビナと本体の組み合わせ使いもアリ

「吊るし」バージョン縦長 付属のS字型カラビナを使って縦長に吊るすこともできます。ハンドライト点灯で下方だけ照らすには、この吊るし方が便利ですね。

補充電用とはいえ、あると安心なソーラー充電

ソーラーパネルの受光面 六角柱の3面に配されたソーラーパネルの受光面サイズは、それぞれ2×10cm。実質変換効率で計算すると、最大でも1〜2Wの出力です。

取説にも補充電用と明記され、このソーラーパネルでは内蔵のモバイルバッテリーの80%までしか充電できないとしています。

バッテリー残量がひと目でわかるインジケーター

ソーラー充電中を示すLEDインジケーター とはいえ、ソーラーパネルに光が当たると曇りの日でもソーラー充電中を示すLEDインジケーターが点灯し、補充電されていることがわかります。やはりあると便利な装備ですね。

アルミホイルを活用すれば充電効率アップ!

アルミホイルを敷いたPLAY HEX-SoLa ソーラー充電は、パネルに太陽光が鉛直に入射すると効率がよくなります。中央のパネルが常に太陽の方向を向くようにして、下にアルミホイルか白い布を敷くと下側のパネルにも反射光が当たり、充電効率がアップします!

関連記事