悩ましい食器収納問題を解決?!プラットチャンプ×オレゴニアンキャンパーによるコラボ食器ケースが登場

2021/07/20 更新

オールドアメリカンのタフさを継承しつつ、新しい挑戦を続ける大人気のアウトドアギアブランド Oregonian Camper(オレゴニアンキャンパー)。一方、上品でシンプルな純日本製のホーロープレートなどを販売するPlatchamp(プラットチャンプ)。この両ブランドにより共同開発された「ディッシュキャリー」をご紹介します。

ホーロー食器でお馴染み「プラットチャンプ」が「オレゴニアンキャンパー」とコラボ


使い捨ての紙皿や割り箸でも食事はできますが、どうせならキャンプでも食器にはこだわりたいもの。しかし、丸型が多いキャンプ用プレートをどのように収納し持ち運ぶか、というのは悩むところですよね。

今回そんな悩みを解消すべく、純日本製のホーロープレートなどを販売するプラットチャンプとオレゴニアンキャンパーが共同でディッシュキャリーを製作。どんなアイテムに仕上がったのか、詳細をチェックしていきましょう!

プレートをぴったり、しっかりホールド


こちらが今回ご紹介する「ディッシュキャリー」。特徴的なのは、本体をぐるりと一周するコンプレッションベルトでプレートをしっかりと固定することができる点。

がっちりと固定することでプレート同士が擦れ合うのを防ぎ、持ち運び時に気になるガチャガチャというノイズや傷を軽減してくれます。


また内部にはメッシュ素材の仕切りを3枚も装備。形が違うプレート同士が干渉しないので出し入れしやすいだけでなく、濡れたままの食器を入れても乾燥しやすい構造になっています。


今回のアイテムはコラボモデルということで、カレーからパスタまでいけるプラットチャンプの「 PC002 」や、直径30cmの大型プレート「 PC004」などがジャストフィット。お皿の形状にもよりますが、10〜15枚程度を収納できる大容量なサイズ感です。

もちろん直径30cm以下のモノならどんなお皿でも受け入れOK! これだけあれば友人同士や家族でのキャンプに使うプレートは大概入るのではないでしょうか。

サイドもメッシュ素材で通気性は抜群!


さらに、内側だけでなくサイド部分にもメッシュを採用。フルクローズしても湿気を外に逃がしてくれる仕様は、さすがプレート専用のコンテナなだけありますね。

プラットチャンプの「VINTAGE CUTLERY SET」もピッタリ

そして本体外側のベルト部分には、プラットチャンプのカトラリーセットが差し込めるうれしいギミックも。つまり、これひとつにプレート類とカトラリーをすべて収納できるというわけなんです。

「WOLF BROWN」(左)、「OLIVE」(右)
カラーは「WOLF BROWN」と「OLIVE」のミリタリーカラー2色のみですが、男女共に満足のプロダクトといえるのではないでしょうか。

ITEM
オレゴニアンキャンパー×プラットチャンプ  ディッシュキャリー
●直径:約31cm
●厚さ:約2.5cm~8.5cm(コンプレッションベルトで調整可能)
●重量:約500g


オレゴニアンキャンパーの公式ホームページはこちら
プラットチャンプの公式ホームページはこちら

紹介されたアイテム

オレゴニアンキャンパー×プラットチャンプ…
サイトを見る
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

宮崎で海の見える暮らしをしています。 趣味 焚き火、開墾、ゲリラ草刈り。でも一番好きなのは草むしり。