【出発前に急速チャージ】多忙&うっかりキャンパーも安心なポータブル電源は「EcoFlow」一択!

キャンプの朝……「やばい! ポータブル電源、充電し忘れた!」。そんなときも安心なのが、1時間で1,000Whチャージする急速充電モデルの「EcoFlow」。ソーラーパネルと併用すれば、現地でも頼もしく災害時も安心です。詳細をチェックしていきましょう!

ポータブル電源は充電スピードも重要!


キャンプの必須ギアとして、すっかり定着した「ポータブル電源」ですが、かなり豊富なモデルがリリースされているため、どれを選べばいいか迷う人も多いのでは?

デザインやサイズなどのルックスはもちろん、大容量や高出力などアウトドアでタフに使える機能性も気になる部分です。

そんななか、選ぶ理由のひとつとして見逃せないのが“充電スピード”です。1,000Wh超えの大容量モデルも定番化してきたからこそ、充電時間は把握しておきたい大切な要素。フル充電するのに一晩かかることも少なくありません。

「EcoFlow」は1時間で80%充電可能!

slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}
当然、容量が増えるほど充電時間も長くなりますが、その常識を覆すポータブル電源が「EcoFlow」。なかでもEFDELTAは、1,260Whを誇る大容量モデルながら、なんと1時間で80%(約1,000Wh)もチャージが可能!

これは一般的なポータブル電源と比べると10倍の速度。おかげでキャンプの前日に充電し忘れても、朝食を食べたりクルマに荷物を積み込んだりしている間に、フルに近い状態まで充電できちゃいます。

しかも魅力はそれだけにあらず。「EcoFlow」には、キャンパー向きの機能も満載なんです。

急速充電の詳細はこちら!

野外でもソーラーパネルで急速充電!

slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}
EFDELTAのバッテリーを満タンにするには、家庭用電源なら1.6時間。しかも意外とかさばるゴツい充電アダプターがなく、ACケーブルだけで急速充電できるのもスマート!

そしてキャンパーならではの注目ポイントが、防水仕様のソーラーパネルとの併用。なんと野外でもソーラーパワーだけで、4時間ほどでフル充電することができるんです!
※110Wソーラーチャージャー4枚で、天候が良い場合に限ります

そのため、お昼にキャンプ場に到着しても、設営と同時にソーラー充電をスタートすれば、夕方前には満タンに。その電気を夜中に全て使い切っても、翌日の朝から充電すれば昼過ぎには満タンになる計算です。

これなら、ソーラーパネルとセットで揃えておけば、電源がないキャンプ場でも安心して連泊できそう

電子レンジや冷蔵庫も使えるパワフルな出力も魅力


もちろん、バッテリーの実力は急速充電だけじゃありません。1,260Whという大容量に加え、出力も脅威の1,600Wを実現。しかも瞬間で最大3,100Wまで使えるため、ほとんどの家電に対応します。


電源の高出力化に伴い、キャンプでも定番化しつつあるポータブル冷蔵庫も20時間稼働できるし、家庭用の扇風機も24時間稼働させられます。さらに電子レンジまで使用可能!

最大13デバイスを同時かつ安全に充電可能!


そして、さりげなく実用性が高い機能がポート数の多さ。EFDELTAには、6つのACコンセントと6個のUSB電源、シガーソケットがあり、最大で13個のデバイスを同時に充電することもできます。


おかげで、グループキャンプで仲間全員のスマホやタブレットを充電しながらファンを回し、冷蔵庫やプロジェクターを同時に使うなんて荒技も可能。

しかもパソコンなどの精密機器も安心して使える正弦波を採用しており、騒音や振動もないためクリーンで安全。キャンプではオーバースペックかもしれないけど、災害時や停電時には頼れる機能性ですよね。

「EFDELTA」の詳細はこちら!

「RIVER」シリーズも実力派揃い!


「EcoFlow」は大容量モデルのEFDELTA以外にも、様々な実力派モデルが揃っています。なかでも「RIVER」シリーズは要注目。

現在はキャンプのスタイルに合わせて使い分けられる、3モデルがラインナップされていますが、EFDELTAよりリーズナブルなのも魅力のひとつです。

ソロ&デュオで一泊なら「RIVER」


コンパクトかつ軽量モデルの「RIVER」は、ソロキャンプや一泊二日のライトキャンプ向きの1台。288Wh (28.8V)のバッテリーを備え、1時間で80%を充電してくれます。

しかも最大で9台のデバイスに同時に電力を供給。もちろん出力と同時に充電することもできます。


そして2021年6月4日に、ホワイトカラーのRIVER Plusがデビューしました。バッテリーの容量も360Whに増え、さらにパワフルに。これからの季節にもピッタリの涼しげなルックスに仕上げられています。「RIVER Plus」の詳細はこちら!

グルキャン&ファミキャンは「RIVER Max


こちらは着脱式のエクストラバッテリーを搭載した「RIVER Max」。エクストラバッテリーをセットすることで容量を288Whから576Whに増やすことができますが、そこまで必要ないときは、外しておいてコンパクトな状態で持ち運ぶことができます。

そのため、キャンプの人数や日数に合わせて使い分けることが可能。ちなみに、エクストラバッテリーのない「RIVER」を単体で購入することもできます。


「RIVER Max」にもホワイトカラーの「RIVER Max Plus」が新登場。こちらはエクストラバッテリーをセットした状態で最大720Whまで容量を増やすことが可能。もちろん、クリーンなルックスも要注目です。「RIVER Max Plus」の詳細はこちら!

車中泊&ロングステイは「RIVER Pro


「RIVER Max」よりも、少しパワフルモデルが「RIVER Pro」。最大720Whの電力を提供してくれ、EFDELTAと同じく1.6時間でフル充電が可能です。さらに「RIVER Pro」専用エクストラバッテリーを接続することで、容量を720Whから1,440Whへ増やすことも。


そしてRIVERシリーズは、WiFiでペアリングして、専用アプリを使って操作することも可能。「静音モード」や、一部の機器に1,200Whまで電力を供給できる「X-Boostモード」もあるため、車内で家電を使いたい車中泊派にもオススメ。もちろんロングステイの連泊キャンプも安心して楽しめます。

「RIVER Pro」の詳細はこちら!

EcoFlow」で快適なキャンプライフを!


多様なモデルが出揃うポータブル電源は、自分のキャンプスタイルに合わせた実用的な1台を選ぶことが、外遊びを快適に楽しむ秘訣になりそうです。なかでも“急速充電”、“家電対応の高出力”、“豊富なポート数”という利点や特徴を備えた「EcoFlow」は、多くのキャンパーが求めている多機能モデル。

なによりも“急速充電”は、他のメーカーにはない大きなストロングポイント。いざというとき頼りになるポータブル電源は、やはりこんな1台なのでは?

「EcoFlow」の公式HPはこちら!

今ならAmazonでお得に買える!

2021年6月14日(月)〜2021年6月27日(日)23:59の期間限定で、今回紹介した商品が、最大20%OFFで購入できるチャンスです!

詳細なセール情報は公式特設サイトで随時更新されるということ。この機会をお見逃しなく!

プライムデー特設サイトはこちら!

撮影協力/RECAMP おだわら

Sponsored by EcoFlow Technology Japan株式会社

CAMP HACK運営&記事編集担当。ついつい最新ギアを買って試したくなってしまう自称“日本一の散財キャンパー”。家がキャンプ道具で溢れてきたので、「魅せる収納」にリフォームしようか検討中。