CAMP HACK[キャンプハック]


「KUBERU」

斜めに薪をくべる…だと!?前代未聞のデザイン、新ブランド「TOKYO CRAFTS」の焚き火台に注目

0

2021年に誕生した気鋭のブランドTOKYO CRAFTS(トウキョウクラフト)より、クラウドファンディングサイト「Makuake」で目標達成率3400パーセントを達成した話題の焚き火台「KUBERU」が遂に一般販売をスタート!暖をとる、調理する、灯す、癒される……。 焚き火台に求められる全ての要素を詰め込んだ自信作をご紹介。

山田昭一


話題の焚き火台「KUBERU」が一般販売開始!

焚き火台「KUBERU」
キャンプの必需品のひとつとも言える「焚き火台」。すでに愛用しているものがある方でも、「もっと便利で機能的なモノはないか……」と常に探しているというケースも少なくないはず。

そんな方におすすめなのが、2021年に誕生した気鋭ブランドTOKYO CRAFTS(トウキョウクラフト)の焚き火台「KUBERU」。初心者でも組み立てやすい構造と、玄人キャンパーの心にも刺さる画期的なデザインに注目です。

2021年始動の注目ブランド「TOKYO CRAFTS」って?

「TOKYO CRAFTS」
 

2021年にローンチしたTOKYO CRAFTSは、日本ならではの機能美が感じられるデザインを世界へ届けたいという想いから立ち上がったアウトドアブランドです。

そんなこだわり抜いたモノづくり精神をカタチにした第一弾アイテム、「KUBERU」の詳細をさっそく見ていきましょう。

暖を取る、調理する、灯す、をこなす革新的デザインに迫る

薪がくべやすい革新的なデザイン

斜めに設置された火床
なんといっても「KUBERU」最大の特徴は、水平ではなく斜めに設置された火床のデザインでしょう。

アイテム名の通り、薪を“くべる”ことを考えて設計された形状で、調理時にも薪をくべやすく、一般的に販売されている30cm〜40cm程度の薪であればそのまま使用できます。

傾いたデザインは調理時にもその力を発揮!

「KUBERU」
焚き火での料理をするにあたり、どうしても難しいのが火力の調整。その点この「KUBERU」は、付属する2本のゴトクの位置を変えることで簡単に火加減の調整が可能。

鍋やクッカーを置いたときの安定感も抜群で、ゴトクの間隔を広くすればダッチオーブンなど大きな鍋でも安心して調理することができます。

傾いているから熱を手前に放射!

「KUBERU」 さらに、薪が斜めになることで正面方向にも遠赤外線を照らす効果があり、効率的に暖がとれるという利点も。わざわざ炎の近くに移動しなくても、焚き火の前に座りながら、ちょうど良い暖かさを与えてくれるでしょう。

構成パーツは“2つだけ”で設営も簡単

「KUBERU」 構成パーツ
見た目が斬新な「KUBERU」は一見すると取扱いが難しそうに見えますが、じつは組み立ても驚くほど簡単。

本体に脚部パーツを差し込んで引っ掛けるだけなので初心者の方でも数秒で組み立てることができます。パーツが少ないので壊れいくいというメリットも!

スコップのような形状
素材はステンレスで、大量の薪やダッチオーブンを乗せてもズレたりグラつかない堅牢な造りに仕上がっています。収納時は脚パーツと本体を取り外してコンパクトに。本体はスコップのような形状のため、燃え残った灰や炭を捨てるのもラクラクです。

「KUBERU」で快適な焚き火を楽しもう!

「KUBERU」
暖をとる、調理する、灯す、癒される……。焚き火台に求められるあらゆる要素を詰め込んだ「KUBERU」は、現在TOKYO CRAFTS公式ホームページで販売中。

その機能的かつ唯一無二のデザインは、“一生使えるギア”として、キャンプや焚き火を楽しみたい人必見です!

「KUBERU」の詳細はこちら
TOKYO CRAFTSの公式ホームページはこちら

山田昭一

山田昭一

ファッション、アウトドア業界での経験を生かし、フリー転身後はライター業やブランドディレクション、PRに携わる。休日はキャンプを中心に釣りやサーフィンを楽しむなど本格的なアウトドアに傾倒。

関連記事