CAMP HACK[キャンプハック]


【テント&寝袋編】WOWOW×CAMP HACKによる新番組「CAMP TV 」第3&4話の内容を独占記事化!

0


テントが決まったら次は寝袋(シュラフ)!

寝袋(シュラフ)
テントが用意できても、それだけでは快適に眠ることはできない! ということで次に選んでいくのが寝袋(シュラフ)。ひとくちに寝袋といってもその種類は本当にさまざま。どんな種類があるのか、みていきましょう!

【森山直太朗】靴のまま入ってOK!?耐久性を重視したヘビーデューティーな寝袋

スナグパックの「ソフティー エリート3」

森山
ミリタリースタイルにぴったりの寝袋が、こちらスナグパックの「ソフティー エリート3」。非常に耐久性に優れたモデルで、なんとこれ靴のまま入ってもOKなんです。


レキシ
靴は脱ごうよ。お行儀わるいよ。


森山
普通は脱ぐんだけど、ミリタリーですから、いつ敵がくるかわからないですからね。


Bose
さっき「戦場でキャンプしてるわけじゃない」って言ってたじゃん!


森山
そうなんですけど、それくらい頑丈にできてるっていうことです! 大体わかるでしょ!!

スナグパックの「ソフティー エリート3」
イギリス北部を拠点に、過酷な環境下で機能するプロダクトを開発するスナグパックのシュラフが登場。化繊タイプの寝袋で快適使用温度−5℃というスペックのため重量は1,600gとやや重めですが、その耐久性はおりがみつきで各国の軍隊が採用するほど。

slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}

出典:BIGWING
全長220cmもあり、高身長の方でもすっぽりと包み込んでくれるビッグなサイズも特徴のひとつ。小柄な方も、足元部分を折り返してサイズを縮小させることでぴったりフィットさせることができます。

「ソフティー エリート3」の詳細はこちら

【レキシ】おうちの布団以上の寝心地?

ナンガの「ドリーム」

レキシ
私が紹介する寝袋は名前も魅力的で、その名もナンガの「ドリーム」というモデル。


Bose
でかっ!!!布団じゃん!


レキシ
じつはキャンプでも、家の布団を持ってくのが一番良いって説があるのよ。でも布団は持っていけない。でも持って行きたい! そんな夢を叶えてくれるのがこの「ドリーム」


Bose
なるほど、みんなの「夢」のかたちがこれなんだ。


森山
これ寝袋の概念が変わるわ〜。めちゃくちゃ温かそうだね。

ナンガの「ドリーム」 アウトドアだけでなく、車中泊や急な来客にも対応してくれる超肉厚のダウンシュラフ。冬以外の季節には、チャックを開けて掛け布団として使ってもOK。シンプルなデザインで場所やシーンを選ばず使うことができますね。

ナンガの「ドリーム」
出典:ナンガ
ちなみに、650FPのダウンを500g封入したナンガの定番モデル「オーロラ500」の使用下限温度が-4℃。この「ドリーム」には650FPのダウンが1,800gも使われているので、その保温力はざっと「オーロラ500」の3倍以上と見積もって問題ないでしょう!

「ドリーム」の詳細はこちら

【Bose】国内ブランドのナンガが誇る最高峰コンパクトモデル

ナンガ「ミニマリズム250」

Bose
ぼくはミニマルスタイルなので、池ちゃんとは反対で超コンパクト。畳むとこんなに小さいのよ。メーカーは池ちゃんと一緒のナンガで、「ミニマリズム250」っていうモデル。名前がもう、ミニマルスタイルにぴったりでしょ?


森山
薄いけどフワッフワだね。


Bose
高品質なダウンを使ってるから、薄くてコンパクトだけど暖かいのよ。あと特徴としては、ファスナーがない! ファスナーの重さも省くことで、軽量性、コンパクト性を突き詰めてるの。


レキシ
そこまでしなくても、いいんじゃない……?


Bose
いいの! ミニマリストはね、要らないものは全部省いていくの!

ナンガ「ミニマリズム250」 Boseさんが紹介してくれたのは、ナンガの「ミニマリズム250」。「より小さく」、「より遠くへ」をコンセプトに開発された最高峰アルティメットモデルで、かつてない軽量性を実現。
ナンガ「ミニマリズム250」
出典:ナンガ
ハンガリー産の高級ダウンを250g封入してり、総重量415gという軽量なモデルながら-5℃にも耐える保温性を実現しています。

「ミニマリズム250」の詳細はこちら

【けっそん】寝袋を”レイヤリング”するノウハウを紹介

3つの寝袋

けっそん
度々お邪魔します! けっそんです。僕はですね、アイテムというよりも、寝袋におけるノウハウをご紹介できればなと。


Bose
どういうこと? なんか寝袋3つも持ってない?


けっそん
ぼくが普段使っている寝袋はナンガの250タイプ。冬以外の3シーズン対応モデルなので、そこまで保温性が高いわけではありません。

モンベルの「ウォームアップシーツ」

けっそん
なので、寒い時期はモンベルの「ウォームアップシーツ」というアイテムを併用します。タオルケットのようなアイテムで、保温性をアップしてくれるのと同時にシュラフが汗などで汚れるのを防いでくれるんです。

シュラフカバー

けっそん
そして、さらに寒いときにはシュラフカバーを使います。服装に例えるとアウターですね。


Bose
え? これがあると体感温度変わるの?


けっそん
もう、全然違います! 冬はテント内に結露が発生しやすいんですけど、それも防いでくれるのでおすすめです。


森山
たしかに! 寒かったらこうやって足してけばいいんだ! これは知らなかった!


レキシ
結局これが正解じゃん! なんだよ〜。うちら3人がとんだ茶番じゃんかよ〜(笑)。


けっそん
いえいえ、スタイルによって選ぶべきアイテムは変わってきますし、これはあくまでキャンプのノウハウのひとつとして覚えておいていただければ!

番組全編はスマホでも視聴できる「WOWOWオンデマンド」にて配信中!

Bose(スチャダラパー)、森山直太朗、レキシ(池田貴史)
今回の記事で取り上げた内容は番組のほんの一部。「CAMP TV」全編は、スマホやタブレットでも視聴可能な「WOWOWオンデマンド」にて好評配信中ですので、「番組が観たい!」という方はぜひ会員登録のうえ3人+豪華ゲストによる笑いの絶えないトークをお楽しみください!

WOWOWオンデマンドの視聴方法はこちら
番組ページはこちら

CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。ついつい最新ギアを買って試したくなってしまう自称“日本一の散財キャンパー”。家がキャンプ道具で溢れてきたので、「魅せる収納」にリフォームしようか検討中。

関連記事