CAMP HACK[キャンプハック]


【スタイリッシュorクラシック?】気になるニューフェイスな焚き火台2台を使ってみました

0

いまや空前のキャンプブームで、キャンプのメインアクティビティといえば焚き火。その人気はとどまることを知らず、多くのブランドから新作焚き火台がリリースされています。と言うわけで、これからメイン焚き火台として活躍してくれそうな、注目のNew Faceを使ってみました!

岡本546


アイキャッチ・本文画像撮影:烏頭尾 拓磨

気になるNew焚き火台をチェック!

焚き火台
キャンプの醍醐味といえばやっぱり焚き火。日々さまざまなブランドからバリエーション豊かな焚き火台が発売されています。

そこで、焚き火台フリークで次々とギアを試しがちな筆者が気になった新作焚き火台2モデルをレビューしました。

【1台目】ReKNOTの「炎卓」

ReKNOTの「炎卓」ReKNOT 「炎卓」 
1台目はこの春に彗星の如くあらわれ、感度の高いキャンパーから支持を得たリノットの「炎卓」。円卓をもじったユーモアあるモデル名もさることながら、スタイリッシュな見た目と実用性溢れる仕様で、すでに話題となっている1台です。

携帯性に優れる構造

炎卓のパーツ 火床となる天板は3枚のパネルから形成されており、さらに脚もセパレートできるので非常にコンパクトに持ち運ぶことが可能です。

炎卓の組み立て炎卓の組み立て ねじ込み式になった脚は同時に天板部分を固定する役目も担保。ネジ穴のある凸部分が外側に来るようにそれぞれ組み合わせて脚をねじ込めば、

炎卓の組み立て あっという間に自立します。組み立ては超簡単!

真上から見た炎卓 また俯瞰してみると円形の中に正三角形の火床を持つ幾何学的なデザインがなんとも美しいです。

関連記事