【CAMP HACK】日本最大級のキャンプ・アウトドア・ニュースマガジン - キャンプハック


一級品のデザインに注目!IN&OUTで使える「アペルカ」の新作卓上グリル&鉄板

0

今回ご紹介するのは、クラウドファンディングで注目を集めているAPELUCA(アペルカ)の「TABLETOP GRILL」と「COMPACT DEEP PAN」の2アイテム。コンパクトで見た目もスタイリッシュな卓上クックウェアは、キャンプはもちろん、家の中やべランピングにも使える優れモノで、場所を選ばずアウトドア気分を楽しみたい方にオススメです!

山田昭一


アペルカからデザインも機能面も気になる、2つの新作アイテムが登場!

「アペルカ」の新作卓上グリル&鉄板
おうちでキャンプギアを使おうと思っても、実際には出し入れが面倒だったり、室内や狭いベランダで使うのはまだまだ敷居が高いと感じる方も多いですよね。

今回ご紹介するのは、クラウドファンディングで注目を集めているAPELUCA(アペルカ)の「TABLETOP GRILL(テーブルトップグリル)」と「COMPACT DEEP PAN(コンパクトディープパン)」の2アイテム。

小さくて見た目もスタイリッシュな卓上クックウェアは、キャンプはもちろん、家の中やべランピングにも使える優れモノで、場所を選ばずアウトドア気分を楽しみたい方にオススメです!

自宅でも使える大人なアウトドア調理道具ブランド「アペルカ」

アペルカ
アペルカは、金物加工で有名な新潟・燕三条で家庭用品を企画販売しているオークス株式会社が手がけるアウトドアブランド。

「インドアとアウトドアのあいだにある新しい時間を提案する」をコンセプトに掲げ、昨年発売された「卓上スモーカー」はグッドデザイン賞を受賞するなど、今後も目が離せないブランドです。

様々な熱源に対応する卓上グリル「テーブルトップグリル」

アペルカ「テーブルトップグリル」
最初にご紹介するのは「テーブルトップグリル」。炭のみで調理する従来の卓上グリルと違い、炭のほかに固形燃料やアルコールバーナーなどの熱源に対応可能なモデルです。

本体部分に設置する付属の炭かごと燃料台を使い分ければ、シーンによって熱源を変更できるので、IN&OUTで調理ができてしまうハイブリットなグリルに仕上がってます。

使用サイズは、約縦18×横18×高さ18.3cmとコンパクトサイズのため、自宅の食卓で使用しても圧迫感のないサイズ感です。

シンプルな構造にも細かいギミックが盛り沢山

収納時のテーブルトップグリル
全てのパーツが本体に収まるシンプル構造で、組み立てや後片付けがスムーズ。グリル本体の蓋は使用時にウッドボードになり、 テーブルへの熱を遮断してくれるので家でも安心して使えますよ! 収納時、焼き網[高]、焼き網[低]
焼き網はセットする向きを変えることで、高さが変わり火加減を調節できる機能が。ガスバーナーと違い火力の調節が難しい熱源でも、これなら食材を焦がさず火入れができます。

さらに、網を表裏ひっくり返せば、なんと串をおける串焼き台にもなるんです! ひとつの網で様々な調理ができるのも嬉しいポイントですね。

併せて使いたい「コンパクトディープパン」

アペルカ「コンパクトディープパン」
もう一つのアイテム「コンパクトディープパン」は、1〜2人に丁度いいサイズの蓋付き深型鉄板。板厚3.2mmの厚さで食材にゆっくり均一に熱を伝えるので、厚切りステーキなども美味しく焼けるんです。

コンパクトディープパンとテーブルトップグリル
スクエア型の形状が「テーブルトップグリル」にジャストフィット! がたつきがなく、火力が均一に伝わるので調理が簡単です。また通常の鉄板やスキレットよりも蓋の高さがあり、鉄板の底も深いので、アヒージョやアクアパッツァなど汁気の多い具沢山料理も楽しめます。

アペルカの調理ギアで、家でもアウトドアを楽しもう!

テーブルトップグリルを使用している様子
キャンプの様々な定番料理を自宅で楽しめるアペルカの卓上グリルと鉄板。ギア感が出過ぎないスタイリッシュな見た目も、おうちで使いやすいポイントですね。

家でもアウトドアライクな食事や雰囲気を楽しみたいなら、下記よりクラウドファンディングサイト「Makuake」のプロジェクトページの詳細をチェックしてくださいね。今ならお得な早割も実施されています。

Makuakeプロジェクトページはこちら

  • 前のページ
  • 1/1
  • 次のページ

山田昭一

ファッション、アウトドア業界での経験を生かし、フリー転身後はライター業やブランドディレクション、PRに携わる。休日はキャンプを中心に釣りやサーフィンを楽しむなど本格的なアウトドアに傾倒。

関連記事