CAMPHACK

【私がキャンプで使っている小技テク】テントの撤収をスムーズにするワンポイント術

0

キャンプがもっと便利で快適になる、ちょっとしたTipsやテクニックを紹介する連載シリーズ。アウトドアのプロや先輩キャンパーたちに普段から実践しているとっておきの小技を教えてもらいます! 今回紹介するのは、テントをスムーズに収納するためのポイントを学びしょう!

古澤 健太郎

アイキャッチ画像・記事中画像撮影:筆者

なにかと忙しい朝!撤収作業ってバタバタしがち


楽しかったキャンプも、片付けとなるとやっぱり面倒なもの。チェックアウトの時間もある中で、焦ってテントが上手くたためず元々の収納袋に上手く入らない……なんて経験“あるある”ですよね。

そこで今回は、ちょっとしたコツを意識するだけできちんと収まる収納方法を教えていただきました! 中級者以上のキャンパーも、今一度自分のたたみかたと照らし合わせながらぜひチェックしてみてくださいね。

教えてくれた人

牛田浩一さん
アウトドアコーディネーター、B.O.W代表取締役。アウトドア用品の輸入会社を経て、アウトドア専門のPRとして独立。マーケティングや撮影コーディネート、イベント運営まで行う「アウトドアの何でも屋」。著書『キャンプ雑学大全2020』(三才ブックス)では、キャンプやアウトドアで役立つあらゆるハウツーを紹介している。
今回レクチャーいただいたのは、アウトドアコーディネーターとして幅広く活躍される牛田さん。

今までに何張りものテントを設営&撤収してきた牛田さんの“牛田流”収納術を教えていただきました。

テント撤収の小技その1 コンパクトにたたむには空気の逃げ道を作ってあげることが重要!


早速テントの撤収開始! まずたたむ前に必ず行っておきたいのが、本体の出入り口やベンチレーションのジッパーを開けておくこと。そうすることで、たたみながら空気を抜くことができるので、嵩が膨らまずコンパクトに収まります。

テントの底面やフライシートは防水性や防風性を持たせるために通気しにくい素材のものが多いです。普通にたたんでしまうと空気が溜まって、空気を抜くのが大変。きちんと空気の逃げ道を作っておくのがポイントです。(牛田さん)

まずはテント本体をたたもう


たたみやすいようテント本体を四角く広げます。予め開けておいた出入り口=空気の通り道の位置を意識してたたんでいきましょう。


まずサイドの両辺を外側から内側に折ってから、その後もう一度折ります。折り終わりが縦長の長方形になるイメージです。

半分、その半分という織り方をしてしまうと折り目が厚くなってしまうので、収納袋のサイズに合わせて1/4や1/3で畳んでいくと厚みが均一になり収納しやすいですよ。


このとき、収納袋を近くに置いて折り幅の目安にしておくと、収納時に袋からはみ出たりしません。

いざたたんだものの、袋に入れようと思ったら幅が大きすぎてグシャグシャに押し込むってこと、失敗あるあるですよね。きちんとサイズを合わせておくのが大切です!


続いて本体を端から丸めていきます。手でしっかり抑えながら少しずつ空気を抜くことで、小さくまとまるはず。丸め終わったらテント本体はこれでOK! 次はフライシートをたたみます。

フライシートも基本は同じ!


フライシートも基本的な折り方は同じです。折りやすいように四角く整えてから両端を内側へ半分折り、さらにもう半分折りたたみましょう。


丸めるときはフライシートの天井側から裾へ向かってクルクルと。空気を抜きながらまとめます。逆にボトム方向から巻いてしまうと、空気が溜まってしまうのでNG。

フライシートと本体は一緒に丸める方法もありますが、ひとつひとつを小さくまとめられるので、私は普段からテントとフライは別々で丸めますね。そこは自分のやりやすい方法で問題ないです。(牛田さん)

あとは付属の収納袋にしまうだけ!


パッキングは収納袋へ入れるのではなく、袋を被せるスタイルが牛田流。まずは先程丸めてたフライシートの上からガバっと収納袋で覆います。


そのままくるっと回転させればキレイに収納できます。最後に残りのスペースに同じく丸めたテント本体を(モデルによってはさらにポールやペグなども)入れれば撤収完了です!

それぞれの手順も難しいものはなく、これなら慣れれば誰でもカンタンにできそう!


テント撤収の小技その2 ペグも素早く抜いてラクラク撤収を!


テントのたたみ方のほかにもスムーズな撤収のために覚えておきたいのが、ラクなペグの抜き方。

地面の状態では思うように抜けず、力ずくで抜こうとすると大変。そうならないためには牛田さん曰く「回すこと」と「まっすぐ引き抜くこと」がポイントだそう。

ペグハンマーなどを引っ掛けてグリグリ回してから引き抜くことで、地面との隙間が生まれ抜けやすくなります。このとき、ペグを打ち込んだ角度に対して垂直にまっすぐ引けば抜けやすいですし、軽い力で十分。ほんのちょっとしたテクですがこれだけでカンタンにペグの回収ができます。(牛田さん)

ハンマーがないときでも、ペグ同士を引っ掛けて抜くこともできます。この場合も同様に回してからまっすぐ引き抜くように。

ただ、この方法はペグの径が円状のピンペグや鍛造ペグでのみ使えます。円錐状ではないV字やX字のものではグリグリ回さずまっすぐ引き抜けばOK(牛田さん)

面倒な撤収作業もちょっとした小技でササッと終わらせよう!


後片付けのなかでもテントは大掛かりで面倒な印象を持ちがち。でも正しい手順と方法を知っておくと、意外にも簡単にスムーズに作業をこなせるはず。

気持ちいいキャンプのあとは気持ちのいい撤収方法ができるようぜひトライしてみてくださいね。

  • 前のページ
  • 1/1
  • 次のページ

古澤 健太郎

編集者、ライター。アウトドアギアの新作展示会に足を運ぶのがなによりの楽しみ。キャンプだけでなく登山も好きで、日本山岳ガイド協会認定・登山ガイドステージⅡの資格も持つ。

関連記事