【CAMP HACK】日本最大級のキャンプ・アウトドア・ニュースマガジン - キャンプハック


【編集部が厳選!】2021年注目の最新キャンプギア“9つ”集めました

0

アウトドアシーズンに向けて、新しいキャンプギアを投入したいと考えている方も多いのでは? そこで、2021年注目の最新キャンプギアを編集部が厳選してご紹介します!

山畑 理絵


アイキャッチ画像出典:SOTO

2021年注目の最新キャンプギアを9つ厳選!

出典:イワタニ
あらゆる角度でキャンプが注目されている昨今、これからキャンプをはじめてみたいという人や、キャンプシーズンに向けて新しいギアを投入したいと思っている人も多いのではないでしょうか?

そこで、2021年に登場した製品の中から「特にこれは注目!」なキャンプギアをCAMP HACK編集部が厳選! 人気モデルはハイシーズンになる前に在庫切れになってしまうことも多いので、今のうちに今年の注目株をチェックしておきましょう!

1. 屋根ウラ部屋感120%[ロッジ型テント]

オガワ「オーナーロッジ ヒュッテレーベン」

slider image 出典:オガワ
今季新作の幕モノのなかでひと際注目を浴びているのが、オガワ発となるロッジ型のテント、「オーナーロッジ ヒュッテレーベン」。

一見複雑な構造のようですが、設営方法は意外とシンプルで、ポールを組み立てたあとフライシートをかぶせ、テンションとペグダウンでピンと張る、という流れ。一度仕組みを理解してしまえば、初心者でも組み立てやすいモデルです。

出典:オガワ
中心部の天高は180~205cmあり、大人が立っても圧迫感なし。別売りのインナーテントを吊るせば、左右どちらにもベッドルームを作ることができます。ファミリーなら大人と子供で分けるもよし、デュオならひとり部屋を満喫するのもよし!

出典:オガワ
メッシュパネルの面積も大きく、解放感もばっちり。まるで屋根ウラ部屋のような、ヒミツ基地感のあるフォルムもとても魅力的。

オフィシャルサイトで公開されている設営動画がとてもわかりやすいので、気になった方は要チェック!

「オーナーロッジ ヒュッテレーベン」の詳細はこちら


2. 発売は夏頃!モンベルから[2ルームテント]が出た

モンベル「ムーンライト キャビン4」

出典:モンベル
これまで幕モノに関してもアウトドアスポーツに特化してきたモンベルですが、ついにファミリーキャンプでも使える大型の2ルームテントが初登場!

その理由をモンベル広報部にお聞きしたところ、「リビングルームは自転車やSUPなど置ける広いスペースがある。キャンプはもちろん、アクティビティとセットで楽しめる仕様にしています」とのこと。

出典:モンベル
さすが日本のアウトドア文化を牽引してきたモンベル。外遊びのベースキャンプとして活躍してほしい、そんなキャンプの先の遊び方の提案までも含めて、今回2ルームテントを開発したわけです。

天井高は205cm。側面がほぼ垂直に立ち上がるので、中にこもっていても伸び伸びできる空間があります。細かいギミックがちりばめられていて、居住性、軽量性、設営のしやすさ、どれをとっても文句なし!

出典:モンベル
現在モンベルのオンラインストアでは“入荷時期未定(受付不可)”となっていますが、モンベル広報部によると「夏には販売できるように動いている」とのこと。あくまで予定になりますが、気になっている方はこまめに情報をチェック!

「ムーンライト キャビン4」の詳細はこちら

関連記事