CAMP HACK[キャンプハック]


Woodpecker

スイス老舗ブランド「SPATZ」が来日!ドイツ産のブナ材を使用したウッドファニチャーが豊作です

0

アウトドアの聖地スイスで80年以上の歴史をもつ老舗メーカーSPATZ(スパッツ)が今年から新たにチェア、木製テーブルを含むファニチャーラインを発表し日本に初上陸!ヨーロッパならではのかわいい見た目と、自のモノづくりが興味をそそる新作ラインナップをいち早くご紹介します!

山田昭一


スイスの老舗アウトドアブランドがついに日本上陸!

スパッツのチェアとテーブル
日本のキャンプブームの高まりを受け、海外メーカーからも多様なアイテムが出回るファニチャー系ギアですが、類似品も多くどれを買えばいいのか悩んでしまいますよね。

そんななか、アウトドアの聖地スイスで80年以上の歴史をもつ老舗メーカーSPATZ(スパッツ)が新たにファニチャーラインを発表、日本に初上陸を果たしました!

欧州で80年以上続く歴史あるブランドSPATZ

スパッツのロゴ
 

1935年にスイスで誕生したスパッツは、創業者のハンス・ベールマンが自ら設計したテントから始まった老舗アウトドアメーカー。本国ではテントなどをメインに販売しており、スイスでは誰もが知るほどの超有名ブランドなんです。

そんな歴史あるブランドのノウハウが詰め込まれたモノづくりは、どんな特徴があるのか……! 気になるラインナップ紹介の前に、まずはその特徴をチェックしていきましょう。

【特徴その1】 フレームはドイツ産のブナ材使用

ブレーム部分
ひとつ目の特徴は、ギアの強度を決定付けるフレーム部分にドイツ産のブナ材を採用しているという点。

ドイツは冬季が長いため、木目が詰まった硬いブナが生育します。ゆえに強度が高く、負荷がかかるフレーム部分に適した素材なんです。

【特徴その2】 シートにコットンキャンバス

シート部分
シート部分には、継ぎ目のない一枚もののコットンキャンバスを使用。バックパックの底や、ハンティングジャケットの肘部分の補強にも使われる素材を使用することで、火の粉にも強いバツグンの耐久性を実現しています。

テンションのかかる部分には、雰囲気を損なわないよう裏側からナイロンテープで補強している細かいディテールにも注目です!

【特徴その3】環境に優しいパウダーコーティング

金属パーツ
金属パーツには、パウダーコーティング(粉体焼付塗装)を採用。従来の塗装方法よりもキズやサビにも強いため、お手入れも簡単! しかも、有機溶剤をまったく使用しないため環境にも優しいんです。

さて、前置きが長くなりましたが、これらの特徴が落とし込まれた期待のラインナップをチェックしていきましょう!

ゆったり幅なリラックスチェア「Flycatcher」

Flycatcher
まずはこちらの、4点吊り下げ式の折りたたみチェア「Flycatcher」。シート幅もゆったりした広さで、体を包み込むようにフィットする安定感を発揮! 収束式なので、使いたい時に脚がパッと開くのもうれしいですね。

LサイズとMサイズ
こちらはアイテムは、Lサイズ(写真左)とMサイズ(写真右)の2サイズ展開。Mサイズはコンパクトなサイズ感で持ち運びにも便利! 子供用としても使えるため、親子で揃えるのもアリですね。

収納バッグ
そして本製品にはなんと、持ち運びに便利なワンショルダーの収納バッグが付属します。

「Flycatcher M(カラー:Ivory White)」の詳細ページはこちら
「Flycatcher L(カラー:CoffeeBrown)」の詳細ページはこちら

ロースタイルに適した「Woodpecker」

Woodpecker
続いてのこちらは、座面が低めに設定されたロースタイルに適したチェアです。

収納時のWoodpecker
ポイントは、フレームをバラバラに分解してコンパクトな収納が可能という点。こちらも専用の収納バッグが付属するためスマートな持ち運びが可能。車の荷台に積む際などに傷が付くのを防いでくれます。

「Woodpecker(カラー:Ivory White)」の詳細はこちら

スピード重視の方には折りたたみ式の「Woodstar」も

slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}


「いちいち分解、組み立てはしないかな……」という方には、「Woodpecker」と同型チェアで二つ折り式の「Woodstar」もラインナップしています。組み立てる必要がなくパッと展開するので、設営スピード重視の方にはこの「Woodstar」がオススメ!

収納時のWoodstar
こちらのモデルもうれしいカバー付き。持ちやすいだけでなく、チェアが開くのカバーが防いでくれるので自宅の棚などに収納、取り出しする際もガチャガチャせず便利です!

「Woodstar(カラー:CoffeeBrown)」の詳細はこちら

上質な素材感が楽しめるウッドテーブル「sandpiper」

sandpiper
チェアに加えて、上質なブナ材を使用したウッドテーブルも登場! 人気のロールトップ式で、持ち運びに便利かつ組み立ても簡単なのが特徴です。

slider image
slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}


サイズは3種類で、各々のキャンプスタイルに合わせて選ぶことが可能。天板サイズ45×57cmの「S」はサイドテーブルに最適なコンパクトなサイズ感。ローとハイで高さに変化をつけた「M」と「L」は、いずれも90×60cmの天板を採用しています。

「sandpiper S」の詳細はこちら
「sandpiper M」の詳細はこちら
「sandpiper L」の詳細はこちら

老舗ブランドのモノづくりに今後にも目が離せない

sandpiper
上質な素材とこだわり抜いたモノづくりで、新作のウッドファニチャーが話題になりそうなスパッツ。来年にはテントも発売予定とのことで、ますます目が離せません!

スパッツの公式ホームページはこちら

山田昭一

ファッション、アウトドア業界での経験を生かし、フリー転身後はライター業やブランドディレクション、PRに携わる。休日はキャンプを中心に釣りやサーフィンを楽しむなど本格的なアウトドアに傾倒。

関連記事