CAMP HACK[キャンプハック]


世界一快適なアンダーウエア?業界人がこぞってオススメする「BN3TH」の魅力を聞いてみた | 2ページ目

0

logo ad for outdoor

「収まりのよさが、履き心地に繋がっている」

山田昭一さん、A-sukeさん
ーまずは話題の着用感について、いかがでしたか?
A-suke
早速、キャンプとハンティングに行ったときに履いてみたけど、どっちも快適でした。いい意味で、履いている感じがしないっていうか、全くストレスを感じなかったから、アクティビティにも最適かなと。


山田
確かにアクティビティとは相性いいかも。日常でも肌触りが凄くいいのがわかりますよね。僕は普段、ファストブランドのアンダーウエアを履くことが多いけど、それと比べると全然違う。


平健一さん
履き心地は本当に凄くいい。やっぱりフロント内部のポケットじゃない? 最初はこのギミックなんだろうって思ったけど、実際に履くと全く違和感を感じない。収まりがいいんですよね


山田
収まりの良さはすごくわかる。それが履き心地に繋がっているんですよ。


A-suke
見た目ほどポケット感がないっていうか、履いていて自然ですよね。

「ジャストサイズを履いてこそ、魅力がわかる」

BN3THを伸ばしている様子
山田
あとはウエストゴムの太さや着用感も個人的には高評価。ちゃんとフィットしてくれるけど、締め付けが強くないから、長時間着用しても痒くならないんですよ


A-suke
伸縮性の凄さも魅力かなと。ハンティングの最中に急斜面を降りたけど、普段よりも全然動きやすかったんですよ。

サイズ感がいいのもあるのかも。海外のアンダーウエアは、サイズが合わないこともあるけど、これは気持ちよくフィットしてくれました。


パッケージに“アジアンフィット”って書いてあるから、そのあたりは安心していいと思う。

それでいてサイズ展開が多いのはいいですよね。自分に合うジャストサイズを履いてこそ、魅力がわかる気がするし。

「お風呂には入れないシーンでも重宝する」

山田昭一さん
ーではキャンプとの親和性についてはどう思いますか?
A-suke
凄くありますよ。速乾性と通気性がある素材だから、特にこれからの季節に活躍しますよね。マイポケットも蒸れ感を軽減してくれそうだし。


山田
すぐに乾くっていうのは、春夏のキャンプ向きですよね。僕は釣りもするけど、下着って濡れると乾くのに時間がかかるんですよ。でもこれなら安心。


素材に関しては、僕はブランド問わず、いろいろ試すんですよ。キャンプはずっと座っていることが多いから、合わない素材だとストレスで肌荒れすることがあるし。だからコットンがいい場合もある。


山田
意外とデリケートなんですね(笑)


そうなんだよ!(笑) でもこれは全然そんなこともなく、不快さがゼロ。しかも消臭効果もあるから、お風呂には入れないシーンでも重宝するんじゃないかな。

「キャンプのときはお気に入りのモデルを履く」

畳んだ状態のBN3TH
A-suke
軽量でコンパクトになるのも、いい部分ですよね。バッグの中でかさばらないし。登山でも使えるポイントだけど。


山田
それはあるかも。あと着替えるときにいいですよ。僕もそうだけど、男って普通にテントの外で着替えたりするじゃないですか? でもこういうスマートなアンダーウエアなら、周りに対してそこまで迷惑ならない気がする(笑)。


スタイリッシュだから下着っぽく見えないもんね。勝負パンツじゃないけど、キャンプ用のパンツを作ってもいいかも。ちょっと派手な総柄を選んで。


A-suke
何枚か揃えておいて、キャンプのときはお気に入りのモデルを履くみたいな。それだけで、ちょっとテンションが上がりそう。


山田
そういうのは重要ですよね。帰りの温泉とかでも目立つし。