最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード
いま売れているキャンプ道具TOP10

【2021年4月ランキング】CAMP HACK読者が、最も購入したキャンプ道具 TOP10

CAMP HACK読者が日々購入しているキャンプ道具のランキングを調査!2021年4月は何が人気だった?もしかしたら自分が買ったアイテムもあるかも…?今回も売れ筋TOP10をご紹介します。

目次

アイキャッチ画像作成:編集部

2021年4月にCAMP HACK読者が最も購入したキャンプ道具は?

コールマン ファイアーディスク
以前のように開放的にアウトドア楽しむことは難しい日々が続いていますが、今年こそキャンプデビューをしたいと考えている方も多いのでは? そんな方はぜひ、旬な売れ筋アイテムをチェックしましょう!

2021年4月に配信した記事から、とくに売れたアイテムをランキングで紹介

クイックキャンプ X脚ウッドロールローテーブル

出典:Instagram by@quickcamp.jp

毎月恒例のランキング記事は、月内に配信したCAMP HACKの記事から読者が購入したアイテムをランキング形式で発表しています。

今月は収納系やコスパ抜群のテーブルに定番人気の焚き火台、そして注目の新作が続々登場! これから始める方はもちろん、新しいキャンプギアが気になるベテランキャンパーも要チェックなラインナップになっていますよ。

それでは早速、2021年4月にCAMP HACK読者が記事を見て購入したキャンプ道具TOP10をご紹介します。

【みんなが買ってる】読者が購入したキャンプ道具TOP10

10位:スタンレー ランチボックス

スタンレー ランチボックス

撮影:内館綾子

第10位はスタンレーの「ランチボックス」。100年以上愛され続けるロングセラー商品で、存在感あるボックスはキャンプだけでなくお家のインテリアにもハマります。

サイズは5.2Lと9.4Lがあり、カラーはグリーンかネイビーの2種類。スタンレーカラーとも言えるグリーンが定番ですが、人と被りづらくシックなネイビーも人気急上昇中!
スタンレー ランチボックスの活用例

撮影:内館綾子

いざ購入したものの何を入れたらいいかわからないという方も多いようで、特集記事ではヘビーユーザーやインスタグラマーの活用例をピックアップ。実際にモノが入っている写真を見るとサイズ感もイメージしやすいので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スタンレー ランチボックス

●容量:9.4L
●サイズ:W330×H228×D152mm
●重量:1,680g
●素材:本体スチール/ハンドルポリプロピレン

9位:FLYFLYGO アルミテーブル

FLYFLYGO アルミテーブル

出典:Amazon

Amazonで高評価を獲得している「FLYFLYGO」のアルミテーブルもランクイン! サイズはSとLの2種類で、どちらもランタンハンガーとネット付きです。

横にも上にも連結可能で、ソロやファミリーなどスタイルに合わせてフレキシブルに使えるまさに万能テーブル! とはいえ謎多きブランドだけに、不安を感じる方もいるのでは?
FLYFLYGO アウトドアテーブル

撮影:vavavavans

そこで使い勝手を実際に検証した記事がこちら。まさかのアイテムとシンデレラフィットを果たしているので、ラストまでお見逃しなく!

FLYFLYGO アウトドアテーブル S

●サイズ:長さ42×幅35.5×高さ35cm
●収納時サイズ:長さ44×幅15×高さ12cm
●重量:1.2kg
●素材:アルミ製

8位:asobito メスティンケースL

asobito メスティンケースL

提供:逢坂聡

第8位はasobitoの「メスティンケース」。防水帆布製で使い込むほどに経年変化が楽しめるうえ、水や汚れを気にせずタフに使えるアウトドアにぴったりな収納ケースです。

ラージメスティンがすっぽり入るサイズで、取り出しやすいよう両サイドにはファスナーも装備。蓋の内側にはカトラリーが入れられるポケットがあり、 縦型にも置けるなど何かと使い勝手の良いアイテムです。
asobito メスティンケースLの収納例

提供:逢坂聡

このアイテムを愛用品として紹介してくれたのは、オンもオフもアウトドアにどっぷりなフォトグラファー・逢坂聡さん。他にも最近購入したお気に入りギアをインタビューしているので、キャンプ通のセレクトを賢い買い物の参考にぜひどうぞ!

asobito メスティンケース L

●サイズ:奥行14×幅22×幅9cm
●重量:約180g
●材質:綿帆布

7位:ムースルームワークス フライアン

ムースルームワークス フライアン

撮影:古澤 健太郎

第7位は北海道のガレージブランド・ムースルームワークスの焚き火鉄板「フライアン」。フライパンの気軽さと、鉄板の蓄熱性という両方のメリットを兼ね揃えた“ちょうどいい”アイテムとして注目を集めています。

絶妙な厚さと立体的に立ち上がった四隅がミソで、1番の魅力はハンドルを自分好みに作り込める点。オリジナルギアが簡単に作れるのは、キャンパー心がくすぐられますね。
ハンドルを取り付けている様子

撮影:古澤 健太郎

とはいえどのようにハンドルを作ったら良いものか……と疑問に思う方! 実際にキャンプ場に落ちている枝や流木で自作しているこちらの記事でわかりやすく解説していますよ。

ムース ルームワークス フライアン3.2mm

●素材:鉄 (厚み3.2mm)
●重量:約700g
●サイズ:外形 約160mm ×160mm (調理面約120mm×120mm)
●内容物: 鉄板、真鍮よーと×2、専用ポーチ、耐油紙袋×1、ヘラ

6位:コールマン ツーリングドーム ST

コールマン ツーリングドーム ST

ソロキャンプブームの影響か、コールマンの「ツーリングドーム」も売れています! 1人で設営できるシンプル設計はそのままに、2021年モデルからカラーがナチュラルなオリーブカラーに変更されました。

前室が広く別売りのキャノピーポールで日除け・雨除けスペースを確保可能。収納サイズもコンパクトで価格はなんと2万円以下というコスパの良さも健在です!

エルブレスの店舗

出典:Instagram by@lbreath_shinjuku

ランクインのきっかけとなったのは、アウトドアショップ「エルブレス」が5万円で始めるソロキャンプというテーマで一式をトータルセレクトしてくれた記事。これからソロキャンプを始めたいけど予算はなるべく抑えたい……そんな方は必見です!

コールマン ツーリングドーム ST

●使用時サイズ:インナーテント/約210×120×100(h)cm
●収納時サイズ:約直径19×49cm
●重量:4Kg

5位:ユニフレーム ユニセラTG‐III

ユニフレーム ユニセラTG‐III

提供:渡辺康大

第5位はユニフレームの卓上グリル「ユニセラTG‐III」。オールステンレス製で卓上で使用しても焦げないタフさと、収納時はA4サイズほどにコンパクトにたためる使い勝手の良さで人気のロングセラー商品です。

オプションアイテムを追加すれば鉄板・おでん・焼き鳥など色々なメニューも楽しめるほか、本体がV字形状になっていることで少ない炭でも効率良く燃焼できるのもポイント!

ユニフレーム ユニセラTG‐IIIを使用している様子

提供:渡辺康大

この焚き火台をオススメしてくれたのはキャンプ歴24年のベテランキャンパー。経験が裏付けるオススメアイテムは、どれも納得度の高いものばかりですよ。

ユニフレーム ユニセラ TG-Ⅲ

●本体材質:ステンレス鋼+特殊セラミック
●焼網・ロストル・灰受け材質:ステンレス鋼
●サイズ:315×250×H190mm
●収納サイズ:315×165×85mm
●重量:約3.1kg

4位:ネイチャーハイク 折りたたみバケツ

ネイチャーハイク 折りたたみバケツ

撮影:GGGC

第4位はネイチャーハイクの「折りたたみバケツ」。収納時はペタンコですが、広げると13Lも入る四角いバケツへと変身! ソロやファミリーにも使えるちょうどいいサイズも、人気の理由ではないでしょうか。

持ち運びに便利な取っ手付きでヘタることなくしっかりと自立するので、洗い物バケツとしてはもちろん収納ボックスや災害時の水汲みバケツ・釣りのバッカン・足湯など様々な用途に使えます。

ネイチャーハイク 折りたたみバケツで足湯をしている様子

撮影:GGGC

読者購入のきっかけとなったのは、先月のランキング記事! この機会に過去のランキング記事もチェックしておきまぜんか?

ネイチャーハイク 折りたたみバケツ

●サイズ:約28.5(長さ)×28.5(幅)×16.5(高さ)cm
●収納サイズ:28×17cm
●容量:13L

3位:クイックキャンプ X脚ウッドロールローテーブル

クイックキャンプ X脚ウッドロールローテーブル

出典:Instagram by@quickcamp.jp

第3位はクイックキャンプの「X脚ウッドロールローテーブル」。高さはロースタイルにピッタリの40cm、深みのある落ち着いたブラウンカラーに軽量のアルミ素材で作られたマットブラックの脚がシックな1脚です。

サイズは2〜4人用の90×60cmと2〜6人用の120×50cmの2種類で、今回は後者がランクインしました。

クイックキャンプ「ハンドル付き メッシュテーブル」

出典:Instagram by@quickcamp.jp

他にもローテーブルをお探しの方は、こちらの記事をチェック! 最旬のお洒落なローテーブルが勢揃いしていますよ。

クイックキャンプ X脚スリムウッドロールローテーブル 120×50

●使用時サイズ : 約120cm×50cm×高さ40cm
●収納時サイズ : 約61cm×25cm×高さ18cm
●重量 : 約6.5kg
●耐荷重 : 30kg
●素材 : 天板/天然木(ビーチ材)、フレーム/アルミ、キャリーバッグ/ポリエステル

2位:コールマン ファイアーディスク

コールマン ファイアーディスク

撮影:AKT

続いて第2位はコールマンの大人気焚き火台「ファイアーディスク」。無駄を省いたシンプルさによる使い勝手の良さと、リーズナブルな価格で幅広いキャンパーに愛されている焚き火台です。

組み立ても面倒な作業は一切いらず、折りたたまれた脚を広げるだけ。付属の焼き網を使ってのBBQや焚き火調理も可能で灰捨ても楽々!
コールマン ファイアーディスク

撮影:AKT

2021年にはソロ用のコンパクトサイズ「ファイアーディスクソロ」も登場していますが、実際の使い勝手やサイズの比較はこちらの記事で徹底的に検証していますよ。

コールマン ファイアーディスク

●サイズ:約φ45×23(h)cm
●収納時サイズ:約φ46×8.5(h)cm
●重量:約1.6kg
●材質:ステンレス

1位:SOTO ミニマルワークトップ

SOTO ミニマルワークトップ

撮影:秋葉実

今月1位に輝いたのは、SOTOユーザー待望の純正ミニキッチンテーブル「ミニマルワークトップ」でした! 2021年の新商品であるこちらは、愛用者も多いSOTOのレギュレーターストーブST-310専用のミニテーブル。

5つのパーツを組み立てると、五徳がすっぽりハマるプレートと食材を切ったりケトルを置いたりするのに便利なミニテーブルが完成。シンプルな作りなので汚れても簡単に拭き掃除が可能です。

ミニテーブルを使用している様子

撮影:秋葉実

多くの読者が購入するきっかけとなったのは、こちらのレビュー記事。SOTOのその他新製品もあわせてじっくりレビューしていますよ!

ソト ミニマルワークトップ

●サイズ:幅33.1×奥行15.3×高さ10.1cm
●収納時サイズ:幅28.9×奥行15.3cm
●重量:500g

5月のランキングもお楽しみに!

SOTO キッチンテーブルと関連アイテム

撮影:秋葉実

4月のランキングは収納ボックスやバケツといった便利小物や、テーブルや焚き火台など幅広いラインナップとなりましたね。これから暖かくなり、本格的にオンシーズンという方も多いのでは?

夏キャンプを控えた5月のランキングもお楽しみに!

過去の読者購入ランキングはこちら!