わずか295g!NEMOの軽量スリーピングパッド「ゾア」シリーズがより使いやすくリニューアル

2021/05/10 更新

「NEMO Equipment(ニーモイクイップメント)」はテントやタープ、小物までラインナップする総合アウトドアブランドですが、とくに評価されているのが軽量スリーピングパッド。なかでも人気の高い「ゾア」シリーズが、この春、大幅にリニューアルされました。

最小モデルはたった295gの「ゾア」シリーズ


スリーピングパッドだけでもかなり幅広いラインナップを誇る『NEMO Equipment(ニーモ・イクイップメント)』(以下略NEMO)。

なかでも今回ご紹介する「ゾア」シリーズは、軽量性と寝心地の良さを高レベルで両立させた人気のシリーズとなっています。

リニューアル前は明るいブルーでしたが、このたび心が浮き立つようなイエローに衣替え! カラーだけでなく、使い勝手も向上したようです。

好みに応える3つのサイズ

左から「ショートマミー」(122cm)、「ミディアムマミー」(160cm)、「レギュラーマミー」(183cm)
リニューアル前と同様、3サイズでのシリーズ展開となる新生「ゾア」。左から「ショートマミー」、「ミディアムマミー」、「レギュラーマミー」という名称で、長さは122cm、160cm、183cm。

重量はそれぞれ295g、415g、450gで、身長やキャンプスタイルに合わせたサイズ選択が可能です。収納時の長さはすべて20cmで、直径は10cm、10.5cm、11cmと違いが出ますが、どれを選んでも満足度の高いコンパクト性だと言えるでしょう。

快適な寝心地を実現するための秀逸機構


スペックが分かったところで、次にパッドの構造を説明していきましょう。「ゾア」シリーズは、バルブを開けると勝手に膨らんでいく「セルフインフレータブルパッド」を採用。

加えて上のイメージ図のように肉抜き加工された高密度のPUフォームが敷き詰められていて、軽量性とコンパクト性、そして寝心地をバランスよくいいとこ取りしているんです。

裏面にも一工夫が……!


こちらは裏側の写真です。体重がかかる肩と腰のあたりには、シリコンによるノンスリップ加工が。テント内でのズレを軽減してくれます。ここまで工夫の施されたスリーピングパッドはちょっと珍しく、さすがNEMOと言わざるを得ません。

パッドの硬さは寝転がったまま調整OK


リニューアル前は横に飛び出していたバルブは、邪魔にならない仕様に変更されました。ちなみに部位の名称は「マルチファンクションフラットバルブ」。「多機能」で「平べったい」バルブという意味なのですが、多機能とはどういうことでしょう?


その秘密がこちら。写真左のような状態に開けることで、寝転んだままパッドの固さ調整が可能なんです。公式サイトによると指一本で可能だとか。

そして写真右のように全開放すると一気に空気を抜くことができ、迅速な収納をアシストしてくれます。エア注入式パッドの収納は撤収時の鬼門ですから、これはうれしい進化ですね。

かさばるマットから開放されたいキャンパーは、ぜひ新生「ゾア」シリーズをチェックしてみてください。収納サイズは水筒レベル、かつペットボトル500mlよりも軽いので、家族分をそろえても車載がぐっとラクになりますよ。

「ゾア ショートマミー」の詳細はこちら
「ゾア ミディアムマミー」の詳細はこちら
「ゾア レギュラーマミー」の詳細はこちら

NEMOの公式ホームページはこちら

\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

なかなかキャンプスタイルが定まらない迷走キャンパー。一度しか使わないギアが増える一方だが本人は幸せである。趣味は飲み歩きで、吉田類を敬愛し甲類焼酎を好む。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!