CAMPHACK

【アウトドア好きなら行くべき】有明で絶品BBQスポットがオープン!

0

都会のど真ん中でアメリカ式の本格バーベキューができる「Zero Base ARIAKE Pop-Up Mall&Park」がオープン。日本では体験する機会が少ない本格BBQやベルギービールが手ぶらで楽しめる話題の新スポットとは!?今回は、BBQを体験してきた模様をご紹介します。

山田昭一

アウトドア好き必見のBBQスポットが有明に誕生!


東京オリンピックで注目が集まるエリア「有明」に、本格バーベキューが“手ぶら”で楽しめる新スポットがOPENしました。その名も『Zero Base ARIAKE Pop-Up Mall&Park』。

有明テニスの森駅を降りてすぐという好立地にできた注目のスポットは、エントランスに黒いコンテナが立ち並ぶ洗練された佇まいですが、近隣の方々が気軽に散歩に来れるような憩いの場になっています。


さらにこちらの施設はエントランスフリーという嬉しいポイントも。晴れた日は芝生が敷かれた中庭でワンちゃんのお散歩をしたり、近所の人がリピートして食べに来るというホットドッグを試したりと楽しみ方はたくさん。

期間限定の様々なショップが入る予定というコンテナも気になりますが、今回はテラスエリアの「スモーキーテラス」をご紹介。本場のBBQ体験ができる内容とは一体……!?

開放的なテラスで本格BBQ体験



スモーキーテラスと名付けられたこのテラスでは、 BBQ体験ができるだけじゃなく、ベルギーの名門「ヒューガルデン」のビールが飲めちゃいます。雨の日にはタープも張ってくれるそうなので、急な雨でも安心して楽しめる空間ですよ。
※緊急事態宣言などによるアルコール類の提供状況については施設にお問合せください

slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}


スモーキーテラスで頼めるBBQセットはサラダやチップス、新鮮な野菜からお肉まで盛りだくさん! 気になるお肉も1ポンドの一枚肉から牛ハラミ、豚肩ロース、鳥もも肉など豊富なラインナップです。クーラーボックスに入っているので夏でも安心です。ドリンクも紹介したヒューガルデンのビールを含む飲み放題付き。

気になるお値段は1名4400円(税込)とリーズナブルにもかかわらず、盛りだくさんのサービスが!

スモーキーでジューシーな食材で会話が弾む最高の贅沢


なんとテラスエリアでは、ホストがお客に肉を振る舞うアメリカンスタイルをコンセプトに、BBQ資格保有のスタッフが自ら厳選したお肉を焼いてくれるんです!

weber社製の蓋付グリルで焼くお肉は、水分が逃げず余計な脂は落ちるためジューシーで柔らかい仕上がりで絶品。ちなみにスタッフが焼いてくれるのは1ポンドステーキのみで、他は自分たちで焼くのでペースに合わせて楽しむことができますよ。


セットの野菜も格別の美味しさ! 通常のBBQグリルでは水分が蒸発して硬くなってしまうことありますよね? weber社製のグリルで焼くとジューシーでみずみずしい食感に。

体験した取材班は「今まで食べていたものって何だったの?」と口を揃えて言ってしまったほど。


こちらは焼く直前にスモークされた牛ステーキ。口に入れた瞬間に豊かな香りが広がり、肉本来の味もしっかり味わえます。カッティングボードなどのテーブルウェアにもこだわっており、おしゃれな雰囲気でより一層ビールとお肉がすすんじゃいます。

この夏は「Zero Base ARIAKE Pop-Up Mall&Park」で一味違ったBBQ体験を!


今回は「Zero Base ARIAKE Pop-Up Mall&Park」内にあるBBQスポットをご紹介しました。実際に体験させてもらって感じたのは、満足度の高さ。一見少しお高い価格設定ですが他の施設よりも本格的な上、食材の豊富なラインナップとその量!! よほどの大食漢な方でない限り、追加することはないでしょう。飲み放題というのも嬉しいですね。

誰でもウェルカムで開放的なスペースで昼間からビールを飲むには最高のスペースです。芝生エリアの「ベイサイド有明BBQ VILLAGE」でもファミリー向けプランなどがあるので併せてチェックしてみてくださいね。

  • 前のページ
  • 1/1
  • 次のページ

山田昭一

ファッション、アウトドア業界での経験を生かし、フリー転身後はライター業やブランドディレクション、PRに携わる。休日はキャンプを中心に釣りやサーフィンを楽しむなど本格的なアウトドアに傾倒。

関連記事