CAMP HACK[キャンプハック]


誰でも調理上手になれる!真似してみたい、キッチン“レイアウト”がコチラです | 3ページ目

0

logo ad for outdoor


魅せる収納は使い勝手も抜群!

シェラカップを吊り下げたアイアンレッグ用ワンバイ材使用金具 マルチハンガーに調理器具をぶら下げたように、調理道具や調味料などは魅せるように配置することも、快適キッチンを実現させるポイントの一つです。

「アイアンストライク」
こちらも魅せる収納の一例。フルーツ皿が乗っている天板を支えてるのは、試作中の新製品「アイアンストライク(仮)」。じつはこの商品、アイアンレッグ HIGHの天板に組み合わせて使うだけではないんです。

違う使い方は、次のロースタイル で紹介していきますよ!

【ロースタイル】コの字型のレイアウトが成功の秘訣!

ロースタイルのレイアウト例
ロースタイルでのキッチンにおいても、もちろん導線は重要です。そこでおすすめしたいのは、コの字型にレイアウトをする「コックピットスタイル」。

座って調理することになるので、チェアはスイベル式という360°回転するものがおすすめ。立ち上がることなく調理が快適になりますよ! それでは、ロースタイルのおすすめキッチン、その詳細を見ていきましょう。

魅せる“パンチング式”収納

「マルチハンガー」と「マルチファイアテーブルⅡ」と「マルチファイアテーブル用サイドボードパーツ」
こちらは、ハイスタイルでも登場した「マルチハンガー」に「マルチファイアテーブルⅡ」と「マルチファイアテーブル用サイドボードパーツ」を組み合わせたアイディア収納!
slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}

サイドボードパーツを用いて、好きなギアを自分好みにレイアウト可能。気分も上がるプライベートスペースを演出してくれます。

ONOE マルチファイアテーブルII

公式サイトで見る!

ONOE マルチファイアテーブル用サイドボードパーツ

公式サイトで見る!

熱源はヨコに長い焚き火台が楽

「フォールディングファイアグリル650」
焚き火台には、ハイスタイルでも活躍した「フォールディングファイアグリル650」を低くして使用しています。横に長い焚き火台を使うことで、炭や薪の量を調整して火加減を上手にコントロールすることが可能です。

さらに、「アイアンレッグ LOW」と組み合わせている四角いアイアンパーツも試作中の新製品! 無骨なキャンプスタイルにもマッチしそうな期待のアイアンギアです。

「アイアンレッグ LOW」と四角いアイアンパーツの試作品
そして焚き火周りには、飲み物などを置いておくのに便利なサイドテーブルを配置。じつはこれ、さきほどハイスタイルにも登場した試作品「アイアンストライク(仮)」なんです!

製品を地面に打ち込むことで、安定したサイドテーブルとして使えちゃう汎用性の高さ。発売が待ち遠しいですね!

テーブルは下段が可動式!

「アイアンレッグ LOW」と「アイアンレッグ用ワンバイ材使用金具」を組み合わせたローテーブル 場所の限られたコの字型ソロ仕様のキッチンを成功させるために、調理テーブルは下段もうまく活用したいところ。そんなときに便利なのは、「アイアンレッグ LOW」と「アイアンレッグ用ワンバイ材使用金具」を組み合わせたローテーブル。

二段目の天板は可動式なので、ひっぱり出すことも可能! 必要なものを置いておけば、いちいち収納コンテナの中を探す手間が省けます。

創意工夫で快適な空間を手に入れよう!

ONOEのロゴ
ONOEの製品を使った快適なキッチンレイアウト、いかがでしたか? ONOEの製品はどれも汎用性が高く、あらゆるキャンプスタイルにマッチするアイテムばかり! あなたのスタイルに合ったベストなギアがきっと見つかることでしょう。

今回の記事を参考に、自分のスタイルに合わせたキッチンレイアウトを考えてみてくださいね。美味しいキャンプ料理は、快適なキッチン空間から!

気になる『ONOE』の全ライナップはこちら

撮影協力:富士遊湯の郷 大野路

 Sponsored by 尾上製作所

紹介されたアイテム

CAMP HACK 編集部

CAMP HACK 編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。ついつい最新ギアを買って試したくなってしまう自称“日本一の散財キャンパー”。家がキャンプ道具で溢れてきたので、「魅せる収納」にリフォームしようか検討中。