CAMP HACK[キャンプハック]


SOTO ミニマルワークトップ

SOTO「ミニマルワークトップ」が秀逸!角型クッカーもマストバイ

0

SOTO「ミニマルワークトップ」実用レビュー! 名機と名高い「レギュレーターストーブ ST-310」はサードパーティ製の拡張パーツが多い中、この度SOTO純正のミニキッチンテーブルが登場。一緒に揃えたい角型クッカーも含めて、実際に使ってみましたよ。

秋葉 実


名品ストーブ ST-310使い必見の2アイテムが新発売!

ストーブ ST-310のサイドビュー 2021年春、SOTOの新製品に見逃し厳禁のアイテムがありました。レギュレーターストーブ ST-310(以下、ST-310)用のミニキッチンテーブルと、それにスタッキングできるクッカーです。

「こういうSOTO純正品を待っていた!」というST-310ユーザーの声が聞こえてきそうな新アイテム、実際に現物をチェックしていきましょう。

ミニキッチンテーブル「ミニマルワークトップ」

根っこの上に置かれたミニマルワークトップ まずはこちら、ST-310に被せて使用する「ミニマルワークトップ」。輻射熱を遮りつつ、ST-310と一体型のミニキッチンテーブルとなります。

ST-310の人気にあやかった他社製のミニテーブルをよく見かけますが、このたび念願の純正品が登場しました。ブラックの収納ポーチを持つ男性の手 SOTOらしいブラックの収納ポーチが付属します。収納時のサイズは300×153mmで、厚さは33mm。重量は約600gです。
ストーブ ST-310のパーツ 構成パーツは写真の5つ。どこがどのように組み合わさるのか、わかるようなわからないような……といった感想を抱きました。

しかし案ずるがより産むが易し、さっそく組み立ててみましょう。

組み立ては覚えてしまえば簡単

ストーブ ST-310の組み立て方
初見ゆえ説明書を見ながら組み立て、わりとすぐに完成しました。ものすごく簡単だとは思いませんでしたが、撮影を終えてこの文章を書いている現時点では、完璧にマスターしています。

ディテールをチェック!

机の上のストーブ ST-310展開時のサイズは376×153mmで、高さは95mm。高さはまあ当然として、長辺が収納時よりも長くなっていることに感心しました。板的なものに脚を付けるだけの構造ではないということです。

両サイドの脚も、奥は「スタンドボード」、手前は「スタンドワイヤー」というパーツで、対称的ではありません。こういった工夫により、コンパクトな収納サイズを実現したようです。
ストーブ ST-310のストーブ 部分 細部を見ていきましょう。こちらはST-310のバーナー部分を覆う「トッププレート」。輻射熱を遮断し、CB缶を熱から守ります。シャープで美しいホールを、ゴトクとバーナーヘッドが通過していますね。油などで汚れても、簡単に拭き掃除ができます。
ストーブ ST-310の裏かわ 裏から見てみましょう。テーブルとなる「トップボード」の裏には、骨的な補強が走っていました。それほど重いモノを載せるアイテムではないはずですが、こういったこだわりがSOTOクオリティだなと感じました。
ストーブ ST-310のロックシステム パーツの同士の連結は「ボードにワイヤーをはめ込む」ことで行われます。ボードの両端には溝が通っていて、そこにワイヤーがかっちりとはまることで、パーツ同士が固定されます。ネジなどはいっさい使用しません。

ところでボードの溝は2つありますね。太い方にはワイヤーが入るとして、細い方の溝は何のために……? これがのちほど、気の利いたギミックを演出します。
ガスボンベのあるストーブ ST-310 ST-310と組み合わせるとこの通り。CB缶上のデッドスペースが、何かと便利なミニテーブルになりました。ちなみにST-310は縦向き、つまりテーブルの長辺に対して、垂直になる方向でも使うことができます。

ちなみに「FUSION」でも使える?

地面に置かれたレギュレーターストーブ FUSION SOTOのシングルバーナーといえば、「レギュレーターストーブ FUSION(フュージョン)」も人気があります。似たようなゴトクなのでフュージョンでも使えるんじゃないかと思い、試してみました。

結果はご覧の通り、アウト。バーナーヘッドもゴトクも、トッププレートの穴を通過しませんでした。あくまでST-310専用なのでご注意を。

収納時はぺったんこに!

組み立てたばかりですが、収納される様子を見てみましょう。各パーツを組み立てとは違った部分にはめ込むことで、薄く小さく組み上がります。
収納時のたたみ方
長辺376mm、高さ95mmだったミニマルワークトップは、厚さ33mmの細長いA4サイズに。収納状態もなんだかかっこよく、ミニテーブルとして成立するかのようなビジュアルです。

それでは次に、同時期に発売されたクッカー「ミニマルクッカー角」を見ていきましょう。ぜひミニマルワークトップとセットで持っておきたくなるクッカーです。

ソト ミニマルワークトップ

●サイズ:幅33.1×奥行15.3×高さ10.1cm
●収納時サイズ:幅28.9×奥行15.3cm
●重量:500g


ミニマルワークトップと合体する「ミニマルクッカー角」

机の上のミニマルワークトップ こちらが新発売のクッカー「ミニマルクッカー角」。製品の構成は鍋本体、フタ、リフターの3つです。鍋とフタはアルミ製で、リフターはステンレス。鍋の容量は1.0Lです。

関連記事