CAMPHACK

【黒ラベル×コールマン第3弾】お得すぎっ!保冷バッグやキャリーバッグを景品で入手!

0

いよいよビールが美味しい季節!! ってことで、サッポロビール「黒ラベル」とコールマンが異色のコラボを展開。4月、6月、7月で、それぞれ異なる限定アイテムが用意されているので、コンプリートを目指そう!

ソリッドカラーの限定コラボグッズが魅力的


ビール党に朗報! 7月27日にサッポロビール「黒ラベル」から、コールマンとコラボした限定アイテム付きの6缶パックが数量限定で発売されます。しかもブラックのワントーンで仕上げたソリッドカラーが際立つ逸品揃い!

日本でもお馴染みのコールマンですが、今年で120周年を迎える老舗ブランドとして世界中のキャンパーに親しまれ、各地にマニアックなコレクターも存在します。


それだけに、こんなレアな限定グッズは話題になること間違いなし! もちろん、この機会を逃したら二度と手に入らない非売品ばかりです。

しかもこのコラボは4月、6月、7月と3回に分けて、異なる内容で展開される予定。早速、今月のアイテムをチェックしてみましょう。
※4月、6月のコールマンアイテム付き黒ラベルは販売終了しました。

【7月の限定品真夏の即戦力アイテム

アイデア次第で用途が広がる「保冷バッグ」


7月の限定アイテムは、夏キャンプの即戦力となる保冷バッグです! しかも350mlの6缶セットと500mlの6缶セットに合わせた2サイズを用意(※)。それぞれ保冷バッグに収納された状態で並んでいるらしく、かなり目立ちそうです。

今までの限定品と同じく「黒ラベル」らしいブラックをベースにしたシンプルなデザインは健在。2サイズで揃えておけば、いろんな用途で活躍してくれます。
※お取り扱いのない店舗もございます。なくなり次第終了

350ml缶モデルは、調味料入れに最適のサイズ感。テーブルやラックの上で主張しないカラーリングなので、サイトの雰囲気を問わず馴染んでくれます。

slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}
500ml缶モデルは、コンテナ内の仕分けに便利。縦長シルエットは、少し背丈のあるギアも収納できるし、ストラップを持って引き上げられるため使い勝手も抜群!

さらに軽量ボディの大型キャリーバッグまで!


そして7月は、さらに幅広い用途と豊富な収納力を誇るキャリーバッグも登場。こちらは350ml缶と500ml缶を、それぞれ「24本入りケース」で購入した場合にもらえるスペシャルな限定品(※)。
※お取り扱いのない店舗もございます。なくなり次第終了
slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}
ストラップの長さが2種類あるため、手持ちと肩掛けのどちらにも対応してくれます。使わないときはコンパクトに収納できるため、クルマやコンテナに常備しておくと、なにかと重宝するはず。

「黒ラベル」を買ってキャンプに行こう!


外遊びで活躍する景品が揃う「黒ラベル」×コールマンの限定アイテムは、キャンパーなら見逃せないものばかり。

ロゴがシンプルに入ったモノトーンのデザインで統一されているため、セットで揃えても見栄えがいいし、ブラックのソリッドカラーは、どんなサイトにもマッチしてくれます。

この夏は「黒ラベル」をセット買いして、スタイリッシュなキャンプを楽しもう! そして、乾杯をもっとおいしく!

撮影協力/RECAMPおだわら

Sponsored by サッポロビール株式会社

  • 前のページ
  • 1/1
  • 次のページ

CAMP HACK 編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。ついつい最新ギアを買って試したくなってしまう自称“日本一の散財キャンパー”。家がキャンプ道具で溢れてきたので、「魅せる収納」にリフォームしようか検討中。