CAMP HACK[キャンプハック]


『フレックスレンタカー』で初の家族キャンプ!デビュー戦こそ失敗しらずなクルマを選ぼう | 3ページ目

0

logo ad for outdoor


キャンピングカーだから観光もしっかり楽しめる

古舘さん一家
テントサイトを展開するキャンプに比べ、格段に片付けも早いキャンピングカーでのキャンプ。そのためチェックアウトを前倒しできれば一日、目一杯遊べちゃいますね。

まずは地元の名店でショッピングを堪能

古舘さん一家
最初の目的地は、お父さんとお母さんが前日から楽しみにしていた黒磯のお洒落なアパレル&山道具屋「lunettes(リュネッツ)」でお買い物。

slider image
slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}
お母さんは夏に向け気になるハットを手に取り、紬ちゃんは可愛い絵がいっぱい描かれたお気に入りのバッグを試着。そしてお父さんは次のキャンプに向けてアイテムをリサーチと、それぞれ思い思いにお買い物を楽しんでいました。
お買い上げ
無事、お買い上げ。

近くの個性派ピザ屋でお昼ごはん

個性派ピザ屋の前で写真 家族
物欲を満たした後は近くの個性派ピザ屋「MAD PERROS(マッドぺローズ)」で食欲を満たします。1日目のキャンプからすっかりクルマでの観光モードへと切り替わっています。

ピザを食べる親子
大きなピザを3人で分け合って美味しくいただきました。

最後は子どもが遊べる場所へ

車から降りる子供
最後はやっぱり子どもが遊べる場所に。流石にお父さん、ちょっとお疲れ気味ですが子どもが喜ぶ姿を見たら全部吹っ飛びますもんね。

りんどう湖ファミリー牧場
ということで今回のキャンプの最後の目的となる「りんどう湖ファミリー牧場」に到着です。

メリーゴーランドに乗る子供りんどう湖ファミリー牧場 アトラクションに乗る親子
メリーゴーランドに乗ったり、恐竜をめぐるツアーに出たりとアトラクションを堪能。

りんどう湖ファミリー牧場 親子りんどう湖ファミリー牧場 親子 アイス食べる
牧場で生き物に触れ合ってソフトクリームの美味しさに感動したら、

りんどう湖ファミリー牧場 親子 ブランコ
大きなブランコを発見! めいっぱい遊んで2日間のキャンプ旅行が終了です。

最後に2日間フレックスレンタカーでの初めてのファミリーキャンプを体験した謙介さんとしのぶさんに感想を聞きました。

謙介さん

謙介さん


操作性や設備にも驚きましたが、一番ビックリしたのは怖がりな娘が一度も起きずに朝まで寝てしまう安定性ですね。流石に初めてのキャンプで不安や恐怖心で泣くんじゃないかと思っていたのですが杞憂でした。きっと真っ暗にしなかったこととヒーターの温かさに安心したんだと思います。

今回の経験をこれからのファミリーキャンプに繋げていって、たくさんキャンプを楽しめる家庭にしたいですね。あとはまたフレックスレンタカーを使って、いつ実現できるか分からないマイキャンピングカーライフのシュミレーションをしたいですね(笑)

しのぶさん

しのぶさん


本当に子どもの頃からキャンプとかアウトドアとかは縁がなく、今回も不安しかなかったのですが、自分でも意外なほど素直に楽しめました。その一番の理由は、強風が吹こうが豪雨になろうが、ちゃんと眠れる安定したベースがあったということだと思います。

初めてが荒天にもかかわらず快適すぎるキャンプだったので、これから夫に連れて行かれるであろうテントを使ったキャンプなんてできるのか?と、かえって不安になりました(笑)

ブランコに乗る男性
ちなみに入園の際、一番疲れているように見えたお父さんがりんどう湖ファミリー牧場では一番はしゃいでいました(笑)。古舘家のみなさん、ありがとうございました!

こんな旅行をしてみたい!という方はこちら

撮影協力:鳥の目河川公園オートキャンプ場、りんどう湖ファミリー牧場
Sponsored by フレックス株式会社


【次回予告】実は取材同行していた編集長マツダに異変あり!?

フレックスリノカ世田谷店から大量のパンフレットを抱えて出てくるCAMP HACK編集長のマツダ
今回のキャンプ取材後、フレックスリノカ世田谷店から大量のパンフレットを抱えて出てくるCAMP HACK編集長のマツダを激写。

今回のフレックスレンタカーのキャンプ行脚で一番心を動かされたのはこの男だった!?  衝撃の続報をお待ちください!


CAMP HACK 編集部

CAMP HACK 編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。ついつい最新ギアを買って試したくなってしまう自称“日本一の散財キャンパー”。家がキャンプ道具で溢れてきたので、「魅せる収納」にリフォームしようか検討中。