CAMP HACK[キャンプハック]


【車中泊キャンパー密着!】キャンプしやすいクルマを目指してボンゴ バンをDIYする@maohenryさんの場合 | 2ページ目

2


大きくて壊れない「ボンゴ バン」を車中泊仕様に

ボンゴ バンの車内に座る男性
出典:Instagram by @maohenry
マオヘンミさん
instagramアカウント:@maohenry 車中泊(キャンプ)歴:8ヶ月 キャンプ歴:約4年 愛車:マツダ「ボンゴ バン」
埼玉県在住のマオヘンミさんはUESDアウトドアショップのスタッフ。仕事とプライベートの両方で外遊びを楽しみ、ステイホーム期間にはインテリア作りが趣味でした。

どうしてボンゴ バンを選んだの?

マツダ ボンゴ バン 四人
出典:Instagram by @maohenry
マツダが誇るバンタイプのベストセラーであり、ワンボックスカーの代名詞的存在である「ボンゴ バン」。大容量なのに取り回ししやすく、視野の広さと相まって運転しやすいとされています。

学生時代は「ローバーミニ」に乗っていました。けれどキャンプのギアを詰め込むのが大変だったり、故障して動かなくなってしまったり……。

なので次は大きくて壊れないクルマにしようと、商用としても多く使われている「ボンゴ バン」に決めました。

材料費1万円で作った、自作の伸縮式ベッド

自作の伸縮式ベッド自作の伸縮式ベッド自作の伸縮式ベッド自作の伸縮式ベッド
出典:Instagram by @maohenry

気持ち良く寝るために作ったのが、この伸縮式ベッドです。いろんな方のInstagramを参考に、見よう見まねで完成させました。スペースを有効的に使えるし、就寝準備と片付けの手間も減ってとてもイイ感じです!

費用は塗装含め1万円くらいで済みましたが、頭脳と体力をかなり使いましたね……。

車中泊スタイルについて

車中泊にハマったきっかけは?

マツダ ボンゴ バン 車内
出典:Instagram by @maohenry

2019年末に行った北海道5泊6日のレンタルキャンピングカー旅行が忘れられず、ワンボックスカーを車中泊仕様にしたいという気持ちが芽生えたのがきっかけですね。

そこから中古の「ボンゴ バン」を購入したのが、2020年の8月。車を買う前はテントやタープを張るのが大好きでしたが、車中泊をしていると、天候に左右されないことや風の音、人や動物が歩く音などに悩まされない快適さに気付き、どんどんハマっていきました。

マオヘンミさんの車中泊スタイルならではの良さ・楽しみ方は?

マツダ ボンゴ バン 車内泊
出典:Instagram by @maohenry

テントサイトのレイアウトを考えるのが好きなので、同じ感覚で車内もコーディネイト。アウトドア感100%の内装に仕上げました。

すると、どこでも大好きなキャンプ気分を味わえるように。おかげでテント泊には無いワクワク感を知り、今では週一で車中泊をしています。とはいっても、そのほとんどが家の駐車場で、ですが(笑)。

マツダ ボンゴ バン 車内 横で焚き火

出典:Instagram by @maohenry

キャンプ場で車中泊することも多いです。よく行くのは、静岡県にある「ふもとっぱら」や埼玉県の「嵐山渓谷月川荘キャンプ場」など。テント泊のときも足を運ぶスポットですが、車中泊だとまた一味違った感じが味わえます。

ふもとっぱらの詳細はこちら
嵐山渓谷月川荘キャンプ場の詳細はこちら

お気に入りの車中泊スタイルはどんなの?

マツダ ボンゴ バン タープ キャンプ
出典:Instagram by @maohenry

TC素材のカーサイドタープを張って食事し、焚き火を囲むのが好みです。タープはAmazonで購入したSoomloomの「レクタタープ」を、キャプテンスタッグの「タープ用カージョイント」と合わせて設営。

クルマに固定する仕様なので風の影響をあまり受けず、タープを立てるのが苦手という人でも簡単に設営できると思います。

Soomloom レクタタープ

●サイズ:幕体:300cmx290cm/400cmx385cm/400cmx485cm
●収納サイズ:約32x8cm/約32x11cm/約33x13cm
●耐水圧:3000mm
●UVカット:UPF40+
●素材:20Dpu3000mmナイロンとシリコンコーティング
●重量(約):757g/1099g/1482g



キャプテンスタッグ テント・タープ部品 カージョイント

●サイズ:(約)50×52×56mm
●重量:(約)50g


快適に過ごすためのマストアイテムは?

DIYしたマオヘンミさんのボンゴ バン
出典:Instagram by @maohenry

スマートフォン、LEDランタンの充電はもちろん、プロジェクターや電気毛布を使うのにも大活躍するのがSmartTapのポータブル電源「Power ArQ mini」ですね。

寝るときにはキャプテンスタッグ の「インフレーティングマット」と毛布、NANGAのシュラフをメインで使っていて、より寒い場合は湯たんぽや電気毛布も。車内でのストーブ使用は恐いので、火のない暖房を心がけています。

SmartTap ポータブル電源 PowerArQ mini

●サイズ:23×19.3×19.5cm
●重量:3.5 Kg
●容量:346Wh
●AC出力機能:100V/2A



キャプテンスタッグ インフレーティング ダブル カーキ

●サイズ:(約)幅110×長さ182×厚さ3.5cm
●収納サイズ:(約)外径60×厚さ320mm
●重量:2.2kg


収納のこだわりポイントは?

DIYしたマオヘンミさんのボンゴ バン
出典:Instagram by @maohenry

車中泊をとことんラクにしようと、バーナーや調味料などのご飯グッズはボックスにしまわず、手の届く位置でエプロンを活用した見せる収納を。

仕事でディスプレイの作成をすることがありますが、そのノウハウでカッコ良く、効率的にと考えた結果です。甲斐あって準備や片付けは最小限の時間かつ、ノンストレスになりました。

みんなに自慢したい、室内のDIYは?

マツダ ボンゴ バンに腰掛ける男性
出典:Instagram by @maohenry

出典:Instagram by @maohenry

海外のバンライファーや@yuriexx67さんをお手本に、スライドして外に伸びるテーブルも作成しました。キャンプのときには一瞬でキッチンテーブルになり、ドアの縁に座って外を感じながらコーヒーが飲めます。なにより、友達に見せたときの驚くリアクションがたまりません。

食事はどうしている?

マツダ ボンゴ バン 車内 コップ
出典:Instagram by @maohenry

シングルバーナーとスノーピークのホットサンドメーカー「トラメジーノ」を使い、コンビニの冷凍食品をカリカリにして食べるのがほとんど。特に冷凍のポテトや肉まんが絶品なんです!

スノーピーク ホットサンドクッカー トラメジーノ

●サイズ:190×330×30mm
●収納サイズ:210×190×30mm
●重さ:0.85kg


車中泊での失敗、注意すべきことは?

マツダ ボンゴ バン レッカー車
出典:Instagram by @maohenry

車中泊仕様にカスタムできたボンゴ バンにテンションが上がり、海辺でのんびりしようと思ったら砂浜にタイヤを取られてスタックしました。真夏の太陽の下、汗だくになりながらタイヤ付近の砂を掘りましたが全然ダメで。

JAFを呼んで解決しましたが、仕事に遅刻するわ、3万円ほどかかるわで泣きそうになりました(笑)。でも、その分このクルマに愛着が湧き、車中泊場所は調べなきゃいけないと学べもしましたね。

これから車中泊を始めたい! という方にアドバイスを

マツダ ボンゴ バン 車内
出典:Instagram by @maohenry

SNSでたくさんの方がさまざまなスタイルを発表しています。それをたくさん見て繋ぎ合わせ、自分に合ったやり方を探せば良いと思います。“とりあえずやってみなよ!”ですね(笑)。

僕の場合は“バンライフかっこいい!”、“DIYで車中泊仕様にしたい!”という好奇心が強くて、寝る時間も忘れてひたすら調べ、ひたすらDIYの毎日でした。道具選びだったり、採寸ミスだったりと、毎回何かしら失敗していましたが、今は十分に楽しんでいます。

独学とは思えない完成後の高さに驚き

DIYしたマオヘンミさんのボンゴ バン
出典:Instagram by @maohenry
ペイントからインテリアまで、すべてDIYしたマオヘンミさんのボンゴ バンは、プロ顔負けの仕上がり。もう一つの部屋と表現できるほど過ごしやすい空間で、車中泊にどっぷり浸かってしまうのもわかります。

今後はメッシュの窓やカーテンなどのDIYにチャレンジ予定。もう対夏装備のプランを考えてワクワクしているのだそう。

TEXT:金井幸男 EDIT:GGGC


他車種の人はどうしてる?過去の車中泊取材もチェック



 

紹介されたアイテム

GGGC

GGGC

全スタッフが紙媒体出身のクリエイティブカンパニー『GOODIES GOOD,GOOD COMPANY.』。2020年12月、渋谷から湘南に拠点を移し、サーフ誌の編集からブランドデザインやWEBサイト・コンテンツ制作、イラストなど、さまざまな業務を兼任。「おまけ」「お楽しみ」を意味する“GOODIES(グッディーズ)”な精神で、読者の皆さまに「ギフト」となるコンテンツをお届けできれば幸いです。

関連記事