『F/CE.』の豪華コラボ2連発!『ヘリノックス 』と『本橋テープ』の別注ギアに注目

2021/03/29 更新

F/CE.(エフシーイー)』が2社とタッグを組み、タフさが魅力なコラボアイテムを発表!一つは『ヘリノックス』のチェアをダイニーマで仕立てたスペシャルモデル。もう一つは、『本橋テープ』のハンギングチェーンをアップデートした別注アイテムです。

『F/CE.』がキャンパーお馴染みのブランド2社とコラボ!

出典:ROOT
機能的なウェア・バッグを展開している『F/CE.』が、キャンプで活躍必至のコラボアイテム2型を発売! F/CE.と言えば、昨年ブランド誕生10周年を記念し、ノルディスクの名品「レイサ6」を完全別注のブルーカラーに変更し話題を集めたのも記憶に新しいところ。

「10TH ノルディスク レイサ6」についての詳細はこちら

slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}
今回新たに仕掛けたのは、コンパクトチェアの筆頭格『ヘリノックス』と静岡県にあるテープ製造メーカー『本橋テープ』との各社コラボ。それぞれの定番品にF/CE.ならではの視点を加え、贅沢なスペシャル仕様に仕上がっています。

【ヘリノックス×F/CE.】ダイニーマを使ったハイスペックモデル


まずは、ヘリノックスとのコラボチェアからご紹介。何と言っても目を引くのは、半透明のシート! 独特な風合いを醸し出すのは、生地に採用している「ダイニーマ®︎コンポジットファブリック」。この生地は“極限まで高めた”と言われている強度と耐久性が長所です。


スチールの15倍の強度を持つと言われているダイニーマ繊維に、紫外線硬化樹脂でラミネート加工を施しており、薄手ながらもタフさはお墨付き! 防水性にも優れた素材のため、雨で少々濡れたくらいでは気にならないという、アウトドアチェアとして嬉しい機能がそろい踏みです。

 

 


またヘリノックスのタクティカルチェアをベースにしているため、シートの両サイドには小物収納に便利なポケット付き。カラーは、ネイビーと完全別注色ブラックの2色展開。キャンプサイトで圧倒的な存在感を放ってくれそうなコラボチェアは、下記詳細ページよりチェックを。

「F/CE. ヘリノックス  タクティカルチェア ダイニーマ」の詳細はこちら

【F/CE.×本橋テープ】コードをプラスし、より使いやすく!


次にご紹介するのは、静岡県にあるテープ製造メーカー『本橋テープ』がつくるデイジーチェーン「タフフック」の別注モデル。

タフフックは約50個のループがついており、そのループにギアを吊り下げ収納できることで人気を博しました。一つのループの耐荷重は約30kgと言われており、大型ランタンの吊り下げも可能という他と一線を画すタフさが魅力です。


今回の別注では、そんなタフフックの利便性をさらに追求! ループにプラスして1.2mmのコードを通すことで、ループ幅では吊り下げづらかったものも対応できるよう工夫されています。


例えば、持ち手幅の太いシェラカップなどもこのコード部分に吊り下げ可能に! おまけに追加されたコードは、リフレクター機能も備わっており、夜間の視認性の良さも確保しています。


カラーは、完全別注色仕様のセージグレーに。どんなテイストのキャンプサイトにも調和しやすいデザインですね。タフフックは、キャンプのみならず家での収納でも活躍してくれるため、オリジナルな使い道を探ってみてはいかがでしょうか。

「F/CE. ハイブリッド タフフックby本橋」の詳細はこちら

【取り扱い店舗】
ROOT GARMENTS & GENERAL SUPPLY STORE
東京都渋谷区猿楽町 4-5 J&H ビル 1F
TEL:03-6452-5867
火曜〜土曜:OPEN 12:00-20:00
日曜・祝日 : OPEN 12:00-19:00
月曜日 定休日 ※月曜祝日は 12 時-19 時で営業。翌火曜日が振替店休です。

「ROOT ONLINE STORE」はこちら

 

 

 

\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

CAMP HACK運営&記事編集担当。ついつい最新ギアを買って試したくなってしまう自称“日本一の散財キャンパー”。家がキャンプ道具で溢れてきたので、「魅せる収納」にリフォームしようか検討中。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!