キャンプと街で兼用できる!昨年一番売れた、コロンビアの「ホーソン」シリーズって知ってる?

シンプルなデザインと豊富なカラバリ、そして高いコストパフォーマンスが支持されて爆発的なヒット商品となっているコロンビアの「ホーソン」シリーズ。今季から新たな仲間も加わり、ますます目が離せない存在になりそうです!

コロンビアの「ホーソン」シリーズがとにかく売れています

写真左から、ホーソンレイン2 アドバンス オムニテック/1万3200円、ホーソンレイン2 ウォータープルーフ/1万1000円、ホーソンレイン2 ロウ アドバンス オムニテック/1万2100円、ホーソンレイン2 ロウ ウォータープルーフ/9790円
コロンビアが手掛ける数多くのフットウエアの中でも、ダントツで売れているという「ホーソン」シリーズをご存知でしょうか?

日本独自の企画として数年前に登場以来、写真の「ホーソンレイン2」が二世代目。豊富なバリエーションと買いやすい価格帯で、いま人気がうなぎのぼりのスニーカーなんです。


モデル名にも使われている「ホーソン(HAWTHORNE)」は、コロンビアの本社があるアメリカ・ポートランドにある橋の名前「ホーソンブリッジ」に由来します。

ポートランドは都市としての顔がある一方で、ホーソンブリッジを渡るとアウトドアフィールドが広がっているという環境。都市とアウトドア、その両方のフィールドで使えるというコンセプトを表すために、橋をモチーフにしたロゴデザインを採用したとか。
※一部継続品番にはこちらのロゴデザインを搭載していないモデルもあります

1万円台前半だけど、ガチ仕様

ホーソンレイン2 アドバンス オムニテック/1万3200円
「ホーソン」シリーズが人気の理由はいくつかありますが、最大のウリは“高機能なのに低価格”というところ。ソールには悪路や濡れた路面でも滑りにくい、イタリア・ヴィブラム社のアウトソールを採用。

アッパーには耐摩耗性があり、耐久性に優れたコーデュラファブリックを使用して、防水機能も備えています。防水透湿機能オムニテックを搭載したハイエンドモデルでも1万3200円という価格は、企業努力の賜物といえるでしょう。

ホーソンレイン2 ロウ ウォータープルーフ/9790円
そんな人気の「ホーソン」シリーズに、今年から新たなラインアップが加わります。キャンプはもちろん、普段使いにもおすすめのシューズやアパレルがそろっているので、順番に紹介していきましょう。

新ホーソン1:キャンプで履きたい「ホーソンレイン リフト」

ホーソンレイン リフト ロウ オムニテック/1万4300円、ホーソンレイン リフト オムニテック/1万5400円
まず紹介するのが、よりアウトドア向きにデザインされた「ホーソンレイン リフト オムニテック」シリーズです。

ロウカットとハイカットの2種類から選べて、カラーは写真のオートミールのほか、ブラック、キャンティーン、スカウトブルー、ネオンライトの全5色で展開しています。ハイカットが1万5400円、ロウカットが1万4300円と、こちらも買いやすい価格設定です。

ホーソンレイン リフト オムニテック/1万5400円
一見するとレザーブーツのようなルックスですが、素材にはコーデュラファブリックを使用。見た目とは裏腹にとても軽く、高いクッション性と通気性を誇るオーソライトのインソールを採用しているので、長時間履いていても疲れにくく、蒸れにくいのが特徴です。

水辺でも安心な防水仕様

ホーソンレイン リフト オムニテック/1万5400円
防水透湿機能のオムニテックを採用しているので、くるぶし位置までであれば川などに入っても濡れる心配がありません。

実際に浅い川の中を移動してみましたが、アッパーが水で染みることもなく、高い防水性を実感することができました。

滑りにくいヴィヴラムソールを採用

ホーソンレイン リフト ロウ オムニテック/1万4300円
アウトソールには濡れた路面でも安定した足さばきを可能にしてくれるヴィブラム社のメガグリップを採用しています。

「ホーソンレイン リフト」用に開発したオリジナルのソールパターンだそうで、開発者のこだわりが感じられるディテールです。

脱ぎ履きしやすいジッパー仕様

ホーソンレイン リフト オムニテック/1万5400円
ハイカットのモデルにはサイドにジッパーを装備しています。キャンプだとシューズの着脱が億劫に感じるものですが、そういった心配も無用。

予備のシューズなどを持っていかなくても、これ一足でキャンプ中は快適に過ごせそうです。

この製品の購入はこちらから!

新ホーソン2:日常で履きたい「ホーソンレイン スリップ」

ホーソンレイン スリップ ウォータープルーフ/各8250円
続いて紹介するのが、普段使いにもピッタリの「ホーソンレイン スリップ ウォータープルーフ」です。

その名の通り、防水機能も備えたスリッポンシューズで、シンプルな見た目なので、カジュアルなコーディネートに合わせやすいのが魅力です。

ホーソンレイン スリップ ウォータープルーフ/各8250円
「ホーソンレイン リフト」同様に、アッパーにはコーデュラファブリック、インソールにはオーソライトを採用しているので、履き心地は快適そのもの。

軽量なテックライトミッドソールを搭載しているので、一般的なスリッポンと比べてもとても軽いのが特徴です。

スリッポンタイプだけど防水仕様

ホーソンレイン スリップ ウォータープルーフ/8250円
見た目は普通のスリッポンですが、アッパーには防水素材を採用。つま先などの縫い目にはシームシール加工を施しているので、雨の日はもちろん、庭の草木の水やりなどでも足が濡れる心配はありません。

好みが見つかる全5色展開

ホーソンレイン スリップ ウォータープルーフ/各8250円
「ホーソンレイン スリップウォータープルーフ」は全5色のカラーバリエーションがそろっています。

左手前から時計回りに、サイプレス、レッドスパーク、コロンビアネイビー、ブラック、ブライトマリーゴールド。手頃な価格なので、パートナーの分をまとめ買いしてもよさそうですね。

この製品の購入はこちらから!

新ホーソン3:機能性がちょうどいい「ホーソン アパレル」

今シーズンからコレクションに加わったのがアパレルライン。シューズ同様、アウドドアから普段使いまで、“ちょうどいい”機能性を持ったアイテムがそろっています。


雨対策にちょうどいい「ホーソンジャケット」

ホーソン ジャケット/各1万7600円
雨対策に充分な防水透湿性を備えた「ホーソン ジャケット」は、普段使いしやすい軽やかな着心地。

サイプレス、レッドスパーク、コロンビアネイビー、ブライトマリーゴールドの全4色展開は、上で紹介した「ホーソンレイン スリップウォータープルーフ」と同じ。つまり、シューズとセットで合わせれば統一感のあるコーディネートが簡単に楽しめるというわけです。

サイズはXXLサイズまであるので、オーバーサイズで着こなすのもありな一枚ですね。

この製品の購入はこちらから!

全天候対応型の「ホーソンバケット」&「ホーソンキャップ」

ホーソン バケット/5830円
晴れた日から雨の日まで使える、全天候型の高機能なバケットとキャップも「ホーソン」シリーズに加わりました。

撥水、撥油、吸湿速乾、透湿と、機能を満載した素材を使用し、紫外線を98%ブロックするサンプロテクション機能も備えています。バケットはブラックのほか、デルタ、サイプレス、カレッジエイトネイビーの全4色展開。

「ホーソンバケット」の購入はこちらから!

ホーソン キャップ/5060円
キャップは、ブラックを除く全3色展開。バックには「HAWTHORNE」のロゴが刺繍されています。

「ホーソンキャップ」の購入はこちらから!

ドライな着用感の「ホーソン ミッドペーパーソックス」

ホーソン ミッドペーパーソックス/各1870円
長時間の着用でも清涼感を維持できるという紙糸を使ったソックス。通気性に優れ、高い吸水性と速乾性があるので、水に濡れてもベタつきがなく、ドライな環境を保ってくれます。エコな素材を使った、環境にも配慮したアイテムです。

この製品の購入はこちらから!

「ホーソン」からますます目が離せません


高い機能性でコスパがよく、キャンプから普段使いまで対応してくれる「ホーソン」シリーズ。

今後は「ホーソン」コレクションとして、さらなるラインナップの拡充も予想されるので、今のうちのチェックしておいてはいかがでしょうか?

「ホーソン」シリーズ製品一覧が見れるのはこちら!

「ホーソン」が当たる!プレゼントキャンペーン実施

最後まで読んでいただいた読者のみなさんに朗報です。今回ご紹介した「ホーソンレイン リフト オムニテック」のハイカットとロウカットが、なんと無料で当たるチャンス!


カラーはどちらも画像でモデル着用している〈オートミール〉。サイズはハイカットは26cm, 27cm, 28cmのいずれか1足、ロウカットは23cm, 24cm, 25cmのいずれか1足を抽選1名ずつ計2名の方に当たります。

下記アンケートにご回答のうえ、ぜひこのチャンスを逃さずご応募ください。

オリジナルのフィードバックアンケートを作りましょう

 

撮影協力/キャンプ民泊NONIWA
Sponsored by 株式会社コロンビアスポーツウェアジャパン
その他のクレジットはこちら

 

CAMP HACK運営&記事編集担当。ついつい最新ギアを買って試したくなってしまう自称“日本一の散財キャンパー”。家がキャンプ道具で溢れてきたので、「魅せる収納」にリフォームしようか検討中。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!