CAMP HACK[キャンプハック]


こっそり聞いた!コールマン社員がリアルに愛用しているアイテムベスト3

0


第3位 これひとつあればOK! 1年通して使える《寝袋》

「マルチレイヤースリーピングバッグ」

第3位にランクインしたのは、封筒型の寝袋「マルチレイヤースリーピングバッグ」。このアイテムの魅力を教えてくれるのは、こちらのおふたり!
コールマン
管家さん
代理店や販売店様への営業を担当しています。キャンプは年間10回ほど、家族やソロでキャンプを楽しんでいます!

コールマン
渡邊さん
営業部で代理店様や販売店様への営業を担当しています。アウトドアは暇さえあれば家族でキャンプやBBQなどを楽しんでいます!

さっそくですが、このアイテムの魅力を教えてください!

コールマン
管家さん
組み合わせ次第で春夏秋冬、どの季節にも対応できるフレキシブルな寝袋です。キャンプに行く季節ごとに最適な寝袋が欲しいところですが、保管場所・コストの面が悩みどころ。そんな悩みを解決してくれる優れモノです。

コールマン
渡邊さん
これ一つでオールシーズン対応できるので、コスパのよさがハンパない!


「マルチレイヤー」という名のとおり、素材、厚みのことなる3つのレイヤーを組み合わせたり、単体で使用したりとマルチに使える寝袋が第3位にランクイン。

管家さんと渡邊さんが「コスパがいい!」と声をそろえて言うように、一年通して使える寝袋が1万3200円(税込)という価格も魅力的なアイテム。

例えば、アウトレイヤー+ミッドレイヤー+フリースレイヤーの3枚使いなら-5℃まで、アウトレイヤー+フリースレイヤーで5℃まで、ミッドレイヤー+フリースレイヤーで12℃まで対応。それぞれの組み合わせで、快適温度を調整することができます。

どんな使い方してる?


コールマン
渡邊さん
アウトレイヤーとミッドレイヤーを広げて重ねると敷き布団のようになるので、子供と一緒に入って使っています。

コールマン
管家さん
夏は一番薄いフリースだけを持っていってかけ布団にしています!


ほかにも「家ではフリースレイヤーをひざかけとして使っている」、「オールシーズン対応できるし、災害時には避難所でも重宝するので持っていると安心感がある」といった声もありました。友達が泊まりに来たときの来客布団としても使えそう。

収納時はそれなりにかさ張りますが、これひとつで春も冬も活躍してくれるので、寝袋2個分と思えば大きさは許容範囲のうちかなと個人的には思います。

収納するときは、本体を半分に畳んでからぐるっと丸めます。ストッパーの紐がついているので、意外とすんなりコンパクトにできます。



続いて、第2位。ランクインしたのは、コールマンを象徴するあのアイテム!

第2位 クラシックな佇まいが美しい《ランタン》

「ワンマントルランタン」


第2位にランクインしたのは「ワンマントルランタン」。クラシックな佇まいが美しいこのアイテムの魅力を教えてくれるのは、こちらのおふたり!

コールマン
村松さん
アドバイザリースタッフとして、店舗にて商品の接客、販売を行っています。キャンプは年間20泊前後、冬は週2回スキーを楽しんでいます。アウトドア全般大好きです!

コールマン
割貝さん
人事総務部で働いています。ソロキャンプをメインに、年間を通じて楽しんでいます。行きは現地のスーパーで食材を買い出しして、帰りは日帰り温泉に入るのがキャンプの楽しみのひとつです。

さっそくですが、このアイテムの魅力を教えてください!


コールマン
村松さん
なんといっても昔から変わらないデザインが魅力的です。メンテナンスさえしっかりすれば一生使える相棒になってくれます。自分も父親が使っていたランタンを修理して使っているので、本当に一生物だと思っています。

コールマン
割貝さん
ランタンに火を入れるときは、これから夜の部がスタートするという点灯式のようなワクワクした気持ちになります。さらに点灯後の暖かくて柔らかい光とシューという音が、非日常空間にいるというムードを盛り上げてくれます。


撮影:平本泰淳
1914年にガソリンランタン第一号が誕生し、コールマンを象徴づけるアイテムのランタン。なかでも286Aは第一号のDNAを継承するホワイトガソリン仕様で、今もなお多くのキャンパーの心をわしづかみにしています。

どんな使い方してる?


コールマン
村松さん
寒い時期でも安定した光量を確保できるので、春から冬までオールシーズン使っています。

コールマン
割貝さん
ランタンにベンチレーターリフレクターを被せてテーブルの上に置いて、間接照明として利用しています。柔らかい光に照らされた料理はより一層おいしく見えるんですよね。


撮影:平本泰淳
柔らかな光量とムードのある雰囲気を作り出せるのは、ガソリンランタンならではの魅力。ほかにも、「コロナ禍でキャンプに行けず、夏はほぼ毎週末ベランダで使いました。家中の電気を消して、静まり返った夜のベランダで独特の“コー”というランタンの音を聞いているとキャンプを思い出して癒されました」という声も。

ワンタッチで点灯するLEDランタンと違って多少手間はかかりますが、そのひと手間を“キャンプの儀式”として味わうのもまた一興ですよね。

この春登場するアニバーサリーモデルがアツい……!

画像提供:コールマン
コールマン
管家さん
120周年を記念して、「120th アニバーサリー シーズンズランタン2021」がこの春限定モデルとして登場します。コールマン=200Aランタンといっても過言ではない、往年の名作を彷彿とさせる2021年のシーズンズランタンです。キャンプサイトに置いた姿を想像するだけで……最高の一言に尽きます!


画像提供:コールマン
コールマンのブランドカラーであるレッドは、ヴィンテージランタンのなかでも人気のあるカラー。こちらは4/12(月)より店頭発売予定。これは絶対に見逃せないぞ……!

さて、コールマンの“中の人たち”がこぞって愛用しているアイテム第1位は……!?

関連記事