CAMPHACK

随所に日本製のクオリティ!「オルファワークス」からフルタングの本格ナイフが登場

0

昨年の今ごろ、アウトドア業界に衝撃参入を果たした「オルファワークス」。カッターナイフの名門メーカーということで注目を浴び、実際にそのプロダクツはキャンパーの信頼を得ています。そしてこのたび、本格的なアウトドアナイフをリリースすることに!

秋葉 実

オルファワークスの新作「アウトドアナイフ サンガ」

こちらがオルファワークスからリリースされる「アウトドアナイフ サンガ」。フルタング構造のアウトドアナイフです。フルタングとは、ブレードの鋼材がハンドルの逆サイドまで達している構造のこと。衝撃やねじれに強く、ハードに使うことができます。

刃渡りは何かと使いやすい10cm。日本の職人の手によって、1本1本研ぎ上げられているそうです。

バトニングできる強靭なナイフ

フルタング構造に加え、ブレードは3.2mmと肉厚なステンレス材を採用。バトニングに耐えうる強靭なナイフに仕上がりました。また刃先は「ハマグリ形状」に研磨されていて、薪を割りやすく、刃持ちがいいという特長を持っています。
ハンドルは人間工学の観点に基づき、自然かつ効率よく握ることのできる形状を追求。素材はガラス繊維を配合したポリプロピレンとエラストマーの組み合わせです。高いグリップ力を提供し、安全性を高めてくれることでしょう。

カラーは2種で便利なシース付き

カラーはサンドベージュとオリーブドラブの2色展開。アウトドア好きが高確率で心を惹かれる、武骨な色使いが採用されました。

ブレードの光沢もまた武骨でマットな風合いですが、これはブラスト加工によるもの。さすがオルファワークス、細かい演出が光りますね。
専用のシース(鞘)が付属します。素材は衝撃や水に強いポリプロピレンで、なんと3mmもの厚さによる安心仕様。ベルトなどに引っ掛けられるよう、クリップを搭載しています。

シースのクリップにも一工夫が

シースのクリップには、パッと見では気づかない工夫も。何かの拍子に外れてしまわないよう、内側に返しが付いているのだとか。こうした心配りは、長年のカッターづくりで得られた経験と知識の賜物でしょう。

「アウトドアナイフ サンガ」は、2021年4月28日(水)発売予定。随所に日本製のクオリティが盛り込まれつつ、価格は6,600円(税込)と比較的リーズナブルなので、間違いのない1本になることでしょう。

「アウトドアナイフ サンガ」の特設サイトはこちら

オルファワークスについてはこちらも参考に

  • 前のページ
  • 1/1
  • 次のページ

秋葉 実

なかなかキャンプスタイルが定まらない迷走キャンパー。一度しか使わないギアが増える一方だが本人は幸せである。趣味は飲み歩きで、吉田類を敬愛し甲類焼酎を好む。

関連記事