CAMP HACK[キャンプハック]


数あるポータブル電源の中で、僕が「エナーボックス」に決めて良かった5つの理由|MMF山口慎也さんの場合 | 3ページ目

0

logo ad for outdoor

Neru Design Worksの専用カバーがかっこいい!

Neru Design Worksの専用カバー
エナーボックスの人気に火を付けたきっかけと言ってもいいのがこちらの専用カバー。人気ガレージブランドNeru Design Worksが手掛けたとあって、その存在はSNSで広く知られることになりました。

専用カバーをつけたエナーボックス

カバーをつけたことで、一気にカッコよくなりますよね。ポケットにはLEDランタンやスマホがちょうど収まりますし、充電コードなど細かいものも整理整頓しやすいですね。

エナーボックス3種類
カバーはコヨーテタン、ブラック、リアルツリーの3色展開。この専用カバーを着けたくてエナーボックスに決めるというユーザーもいるというのもうなずけるかっこよさですね。

専用カバーの詳細はこちら

連泊キャンプでも余裕の大容量

エナーボックスでさまざまなデジタル機器を同時充電
エナーボックスには、100VのAC出力3口、5VのUSB出力3口、シガー出力1口が装備されています。増え続ける豊富なデジタル系ギアも、一度に充電できます。

電気毛布など熱を発する家電は容量を使ってしまいますが、暖房器具を使わない春~夏の2~3泊キャンプであれば、バッテリーは十分に足りますよ。エナーボックス本体を充電しながら給電を行うパススルー充電にも対応しているので、電池切れの心配はありませんね。

シガーソケットとソーラーパネルでいつでも満充電

シガーソケットでエナーボックスを充電
キャンプ中のエナーボックス本体の充電方法は主に2つ。ひとつめはオプションの「90W カーチャージャー」を使ってシガーソケット経由で行うもの。12V/24V車の両方に対応しているので、トラックやディーゼル車でも安心。

コードが5mあるので、後部座席や車外でも充電ができます。家で充電するのを忘れた場合でも、約7時間で満充電できるスピードの速さも魅力ですね。

カーチャージャー 90W 「CITAEB-CC」の詳細はこちら

車横に「81W ソーラーパネル」
もうひとつが「81W ソーラーパネル」を使った方法。晴れた日に約5時間充電した場合、最大250Wを発電。これは本体の約6割を蓄電できる計算で、万が一のときに備えてぜひとも揃えておきたいオプションです。

折りたたむとA4サイズのコンパクトサイズになるので、トランクカーゴなどの収納ボックスにもキレイに納まるんです。あると安心感は違いますね。

ソーラーパネル 81W「CITASR-01」の詳細はこちら

スタイルのあるお洒落キャンパーが選ぶ「エナーボックス」

エナーボックスを持つ山口さん
快適なキャンプを楽しむために必要なギアはたくさんありますが、ポータブル電源は間違いなく主流に躍り出るマストアイテム。

山口さんのようなアメリカン・クラシックなスタイルにもスッと馴染むエナーボックスは、ギアにこだわるお洒落なキャンパーにこそぴったりな一台ですね。

今ならクーポンでお得に買える!

ここまで読んでいただき、LACITAのポータブル電源「エナーボックス」が欲しい……と思った方に朗報です。
CAMP HACK読者限定特典
LACITAオンラインストアで利用できる
ポータブル電源特別クーポン 10,000円分をプレゼント!
クーポンコード:CHCMYA10000
※規定台数に達したら終了する場合がございます。
エナーボックスの購入はこちらから!