CAMPHACK

薪火と炭火づくしの冬に感じる“薪のありがたさ”【写風人の駒ヶ根アウトドアライフ~第3章#19】

0

長野・駒ヶ根に活動のベースとなる基地「K-BASE」を所有し、アウトドアライフを満喫する写風人さん。3章目となる連載の第19回は、薪火と炭火で過ごす冬の駒ヶ根ライフ。重労働にお疲れ気味の写風人さんですが、心が晴れるような自然からのご褒美があったそうですよ!

写風人

アウトドアマン・写風人さんが送る“南信州の森暮らし”

長野県・駒ヶ根市に居を構える写風人さん。アウトドアと密接な日々の暮らしを綴ります。

写風人
1955年生まれ。GRIP SWANYオフィシャルカメラマン。FIRESIDE薪ストーブエッセイ著作家。2019年より南信州に移住し、薪ストーブを中心とした火のある生活を愉しんでいる。Instagramのアカウントは@syahoo_jin

ヘビーな“薪活”に励む日々

冬は最も好きな季節。本来この時期は元気ハツラツなのですが、最近やや疲れ気味です。毎日が隠居暮らしのような生活から週5日の勤務に変わり、休みの2日間はどうしてもフル稼働してしまいます。

「60代半ばを過ぎてるんだから、もう少しのんびりしたら?」とよく言われますが、性格的に動いていないと落ち着かないんですよね。


最近の暮らしぶりを一言で例えると「薪づくし」の毎日。勤務先は#16にも紹介したファイヤーサイド直営店「ズクショップ」です。


薪ストーブのショールームも併設しているので、出勤するとまず4~5台の薪ストーブを掃除して、薪を組んで火を入れます。それから店内や外回りの掃除。
そして外の薪棚からそれぞれのウッドストッカーに薪を補充。これは一日に2回ほど行います。ほとんどが接客中心ですが、商品が不足してくると倉庫から店舗への移動もあります。時には20kg近い商品を何個も運ぶこともあり、これがキツイ!
帰宅後も薪運びが待っています。一晩に使う薪の重さはナラ材なら12kg程、それを3台分それぞれのストッカーに運びます。筋力がつくと言うより、足腰を痛めつけているという感じです。
スイッチひとつで暖かくなる暖房器具と違い、数時間おきに薪をくべなければならない薪ストーブ。職場と自宅を合わせると一日に8台近く焚いていることになります。

週末だけ森暮らしをしていた時代は一台の薪ストーブでしたから、一気に8倍の労力に膨れ上がりました。

それでも嫌にならないのですから、薪火には不思議な力がありますね。休日は週2日、冬の季節は薪運びと薪づくりでほとんど終わってしまいます。
薪は一段下の薪置き場から家の軒下の薪ラックへと運びますが、とても一輪車では間に合わないので一週間分を軽トラへ積んで移動します。
軒下の薪ラックは全部で4ヶ所。軽トラ2往復でほぼ満タンになります。


薪の消費量がハンパないので、その分薪作りも必要になります。先月、今シーズン最終の原木が届きました。原木は乾燥薪を購入するよりはるかに経済的ですが、これを40cm程の玉切りにして割って干してという手間と労力が掛かります。
敷地内ではよく焚き火をしますが、薪ストーブ用の薪はもったいないので森の折れ枝や倒木を利用します。

ときには薪として使い物にならない原木を豪快に燃やすことも。寒い時期の外作業には、ありがたい存在です。
ちなみに先日、信州松本平にある柳沢林業さんの「俺たちの薪」というキャンプ用の薪を入手しました。市販品では珍しい23cmのカット薪なので、焚き火台で扱いやすいサイズだと思います。

樹種もクヌギ・ナラ・サクラ・ニセアカシア・針葉樹など豊富に揃えられ、2年乾燥でよく燃えるのでオススメです。

柳沢林業 俺たちの薪 広葉樹 薪

●薪の長さ:約23cm
●内容量:15kg


室内では薪ストーブの他に炭火も愛用

GRIP SWANY × The Arthの「グリ次郎テーブル」の中に火鉢を入れ、囲炉裏風にしてみました。炭火と湯気を見ているだけで、ほっこりとした気分になりますよね。

関連記事