最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード
ホットサンドメーカー ライスバーガー

ホットサンドメーカーで作る“満腹ライスバーガー”【ワンバーナーで早うま〜!カノウヒナタ・クッキング#31】

キャンプでも登山でも、ワンバーナーで美味しい料理が簡単にできたら素敵だと思いませんか?料理家のグループ「KIPPIS」に所属するカノウヒナタさんが、CAMP HACK読者のために腕を振るいます!第31回はホットサンドメーカーで作るボリューム満点のライスバーガー。キャンプはもちろん、お家でも手軽に作れるのでぜひお試しを!

目次

キャンプでもおうちでも作りたい!“お手軽ワンバーナーレシピ”

料理家のカノウヒナタさんが、気軽に持ち運べて料理をするのに欠かせない熱源「ワンバーナー」を使ったキャンプ料理を紹介していきます。

カノウヒナタさん

カノウヒナタ

外ごはん料理家。北アルプスを眺める富山県に住み、自然と料理をテーマに活動。登山やキャンプでつくる簡単なワンバーナーレシピが好評。ワークショップなども各地で行っている。アウトドアパーティーを主催するKIPPISのメンバー。(www.kippis.me)

大雪とともに迎えた2021年・・・

雪に鳥の足跡

新年早々、私の住む富山県は35年ぶりの記録的な大雪に見舞われました。1mほど積もったので夫がワカン(雪上歩行用の道具)を引っ張り出し、自宅前は除雪車のラッセルが。なんともスパイシーな一年の幕開けとなりました。いや~すごかったです。

今は雪も融け、鳥さんも歩ける道になりました。このまま春が来てくれると良いのですが……。
さて、今回ご紹介するのは一家に一台あると便利なホットサンドメーカーを使ったライスバーガー!

アサヒ軽金属の「ホットサンドベーカー」

私が長らく愛用しているのは、アサヒ軽金属の「ホットサンドベーカー」という商品。アウトドアメーカーのものではありませんが、もちろん外にも持ち出して使っています。

アサヒ軽金属 ホットサンドベーカー

●サイズ:本体(深型)/横15.6×縦13.1×厚み2.7cm 本体(浅型)/横15.6×縦13.1×厚み2cm
●重量:約0.5kg
●材質:本体/アルミニウム合金 ハンドル:ステンレス(SUS304)・フェノール 、内面/フッ素樹脂加工

軽くてシンプルな見た目ながら、具材がたっぷり入るのが魅力的。コロッケサンドや鯖サンドをよく作りますが、具材が潰れずにふっくら焼けるので重宝しています。皆さんもお気に入りのホットサンドメーカーで、是非お試しくださいね!

コンビニ惣菜で作るお手軽ライスバーガー

ライスバーガーの材料

材料 ※2人分
・ごはん         350g
・きんぴらごぼう     70g
・豚のスパイシー焼き   40g
・スライスチーズ         1枚
・醤油                     適量

私の使っているホットサンドメーカーはたっぷり入るのでこちらの分量がちょうど良いですが、サイズに合わせて分量は調整してください。
ホットサンドメーカーにご飯を敷き詰めている
まずは分量半分のご飯を敷き詰めていきます。

ご飯の上にきんぴらごぼうきんぴらごぼうの上に豚肉
次にきんぴらごぼう・豚のスパイシー焼きの順でのせます。豚肉はライスバーガーを切ったときに断面が見えるように並べると見栄えも良いですよ。

スライスチーズを乗せる
スライスチーズをのせたら残りのご飯をのせます。

ホットサンドメーカーで蓋をして焼いた後
もう片方のホットサンドメーカーで蓋をし、両面を中火で焼いていきます。

焼き上げた後に醤油をかけていく
カリッと焼けたらスプーンなどを使って、醤油を両表面に塗っていきます。仕上げに香ばしい香りがするまで焼いたら完成!

ホットサンドメーカーで作るライスバーガー
ボリューム満点のライスバーガーのできあがり! こちらは半分に切って二人分の量です。

ホットサンドメーカーで作るライスバーガーはとっても手軽なので子供と作っても楽しめる一品。ご飯がちょっと余ったときや冷凍ご飯を使ってもできるので、ぜひお試しくださいね。

カノウヒナタさん愛用バーナーはこちら!

ソト(SOTO) レギュレーターストーブ

●サイズ:幅166X奥行142X高さ110mm
●収納時サイズ:幅140X奥行70X高さ110mm
●素材:ステンレス
●重量:350g

カノウヒナタの過去記事一覧はこちら