CAMP HACK[キャンプハック]


ビッグアグネス シーバー2

【迷ったらこれ】ソロキャンプ始めたい人にビッグアグネス「シーバー2」がおすすめな理由

0

アウトドアの需要が急速に高まっている昨今、これからソロキャンプを始めようと考えている人も少なくないはず。チェアやシュラフ、バーナーなどソロキャンプを始めるために必要なギアは盛りだくさん。どれにしようか、あれこれ吟味するのもキャンプの楽しみでもありますよね。その中でも要のテントは、単価が高いこともあり慎重に選びたいところですが、慎重になりすぎてどれを買ったらいいかわからなくなってきた!なんてことになっていませんか?そんな方におすすめしたいのが、ビッグアグネスの「シーバー2」です。今回は、ソロキャンプを始めたい方に「シーバー2」がおすすめな理由を3つご紹介します。

CAMP HACK編集部

制作者

CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。ついつい最新ギアを買って試したくなってしまう自称“日本一の散財キャンパー”。家がキャンプ道具で溢れてきたので、「魅せる収納」にリフォームしようか検討中。

...続きを読む
CAMP HACK編集部のプロフィール

ブランド「BIG AGNES(ビッグアグネス)」のおさらい

「BIG AGNES(ビッグアグネス)」
2001年に北米で誕生した「BIG AGNES(ビッグアグネス)」は、軽量テントからオートキャンプで使えるドームテントまで、豊富なラインナップと優れた機能性を持ち合わせていることから、登山者やキャンパーからも熱い支持を得ている注目のアウトドアギアメーカーです。
「BIG AGNES(ビッグアグネス)」のテント
出典:Instagram by @bigagnes_japan
気分を明るくしてくれるようなカラーリングのアイテム達は、他の人と差をつけたい方に打ってつけです。昨年には新作のファニチャーが登場するなど、今後さらに注目を集めていくメーカーと言えるでしょう。



石の上にテント ソロキャンプを始めたいと思ってテント選びをするものの「人気のテントは値が張るな……」「Amazonなどで安いテントもあるけど品質は大丈夫かな」と、なかなか納得のいくものが見つからない経験はありませんか?

せっかく買うなら良い物を長く使いたいですよね。そこでおすすめしたいのが、品質、ルックス、コスパをバランス良く兼ね備えたビッグアグネスの「シーバー2」。

この記事では、「シーバー2」がおすすめな理由を3つご紹介していきます。

シーバー2おすすめな理由①「居住性と機能性」

フロア面積2.6m²の広さ

シーバー2を組み立てシーバー2の正面 ビッグアグネスといえば「フライクリーク」シリーズが人気ですが、この「シーバー2」はそのフライクリークの設計を受け継ぎ、さらに1本ポールが追加されたことにより格段に居住性がアップしています。

フロア面積が2.6m²あるので、寝るスペースと荷物を置くスペースにも余裕もあります。

最低限必要なポケットは揃っている

シーバー2の内部からシーバー2のメッシュポケット インナーテントには3つのメッシュポケットがあり、サイドのポケットには容量500mlのナルゲンボトルがすっぽり入るサイズです。
シーバー2の天井ポケット 天井部分のポケットにライトを入れれば、テント内を明るくすることも可能。
シーバー2のフックにランタン テント内には6つのフックが設置されていて、パラコードを張ったり等アイデア次第で多様な使い方ができます。

少し重いかなとも思いつつ、試しにベアボーンズリビングのビーコンライト(127g)を天井のフックに直接ぶらさげてみましたが、テントが弛むことなくピンと張った状態で安定しています。

より詳細に知りたい方はブランド公式の動画をチェック!

使い勝手の良いインナーテント

シーバー2のインナーテントのみ
ポリエステルとメッシュ生地の切り替え位置が高めに設定されているため、インナーテントのみで寝ていても外部から寝室の様子が見えにくくプライベートをしっかり確保してくれます。

メッシュ生地が多すぎない構造なので、寒い時期にはダブルウォールで風を通しにくく、暑い時期にはフライシートを外して星を見ながら眠りにつくなんてことも。完全自立式タイプなので、スタイルに合った設営ができるのも◎。

シーバー2の全室
あると便利な前室は0.7㎡と靴を置くには十分なスペースです。ソロ用テーブル程のサイズ感の物であれば急な雨の避難場所として重宝しそう。

重量は1.8kg

シーバー2の収納サイズ 収納サイズは13×48cmとやや大きめですが、テントとポールを分けてパッキングするなど工夫をすれば携帯性も上がります。

安いテントでよくあるのが2㎏を超える重量ですが、「シーバー2」はそれをわずかに切る1.8㎏(付属品含む)と重すぎないのが魅力です。

シーバー2おすすめな理由②「頑丈さ」

シーバー2のタグ ビッグアグネスのテントはDAC社製ポールを採用しています。その品質は指折りで、数多くのアウトドアメーカーで採用されている安心と信頼のメーカー。

また、ビッグアグネスではテントを購入すると、設営方法やメンテナンス方法などが書かれた説明書が付いているのも、初心者には嬉しいポイントです。

シーバー2おすすめな理由③「驚異のコスパ」

ビッグアグネス シーバー2
出典:bigagnes
テント選びに欠かせない条件として挙げられるのが、そのお値段ですよね。最近では1万円以下のテントもよく見かけますが、ビジュアルがチープだったり、品質は大丈夫なのだろうか……と気になる方も少なくないのでは?

「シーバー2」なら頑丈なポールに耐水圧1,500mmと充分な居住性を兼ね備えた、申し分ないスペックで税込価格 ¥30,800とお財布に優しい驚異のコスパ! 5〜10万円代のソロテントも多いなか、ソロキャンプを始めるのに入手しやすい値段設定と言えます。

ビッグアグネス シーバー2

●使用サイズ:W107×D219×H104cm
●収納サイズ:13×48cm
●重量:1.81kg
●素材:
フライシート&フロア/ポリエステルタフタ(PUコーティング1500mm)
本体/透湿ポリエステル・ポリエステルメッシュ
ポール/DACプレスフィットポール
ペグ/アルミニウムペグ×8
ガイライン/自在付フィフレクティブガイライン
インナードア/ハーフメッシュ
メッシュポケット×3


シーバー2だけじゃない?ソロキャンプデビューにおすすめなテント

シーバー2の他にもソロキャンプを始めたい方におすすめなテントをご紹介。

ファウデ カンポコンパクト

●定員:2人用
●サイズ:長さ215cm+90cm×幅140cm×高さ105cm
●収納サイズ:55×22cm
●重量:3100g/3300g(min/max)

テラノヴァ ワイルドカントリー ゼフィロスコンパクト1

●サイズ:高さ92cm、長さ220cm、幅96+50cm
●収納サイズ:30×18cm
●重量:1.57kg
●1人用

ダンロップ 1人用コンパクト登山テント

●サイズ:間口205×奥行90×高さ100cm
●収納サイズ:25×直径14cm
●ポールサイズ:37×直径5.4cm
●重量:約1.45kg




シーバー2でソロキャンプデビューいかが?

ビッグアグネス シーバー2でソロキャンプ ソロテントと一口に言っても、数年前に比べてたくさんのメーカーから様々なソロテントが販売されている中で、自分に合ったテントを絞るのも一苦労ですよね。

そんなときに、品質、ルックス、コスパの三拍子が揃ったビッグアグネスの「シーバー2」は、きっとソロテント選びの沼から救ってくれるアイテムです。

「シーバー2」詳細はこちらこちら

ビッグアグネス シーバー2

●使用サイズ:W107×D219×H104cm
●収納サイズ:13×48cm
●重量:1.81kg
●素材:
フライシート&フロア/ポリエステルタフタ(PUコーティング1500mm)
本体/透湿ポリエステル・ポリエステルメッシュ
ポール/DACプレスフィットポール
ペグ/アルミニウムペグ×8
ガイライン/自在付フィフレクティブガイライン
インナードア/ハーフメッシュ
メッシュポケット×3

関連記事