CAMP HACK[キャンプハック]


焚き火ラバーたちの日帰り焚き火スタイル拝見 vol.02

0


冬キャンプの防寒ウェア&焚き火グッズ

MOUNTAIN SMITH 「PUEBLO DOWN JACKET」MOUNTAIN SMITH 「PUEBLO DOWN JACKET」 ¥60,500
詳細はこちら
POST OʼALLS 「#2131R SB40-R 5D」POST OʼALLS 「#2131R SB40-R 5D」 ¥52,800
「#2131R SB40-R 5D」詳細はこちら

ライター
岡本
じゃあまずは久世くんのアイテムから! ダウンの下にライトオンスのデニムカバーオールを合わせるって感じね。

久世
やっぱ設営するまでとか寒いからダウンはかなりヘヴィなのがエエな! いまっぽいハイロフトで抜群温かく、この冬ヘビロテしているのがこのダウン。

ただちょっと火の粉が怖いから火の周りでは脱ぐけどな(笑)。カバーオールはシャツのように軽いからレイヤードもしやすくて使い勝手もいいで。

ライター
岡本
日中、陽が射してたらたしかにそれくらいでいいけど、暮れてきて寒くなったらどうするの?

久世
そのときはダウンを着込んで、上からブランケットを羽織る感じやな。


NEUTRALWORKS. 「N/ Down Coat」NEUTRALWORKS. 「N/ Down Coat」¥66,000
「N/ Down Coat」詳細はこちら
Snow Peak 「TAKIBI Denim Vest(左) 」「Sailor Cloth Apron(右)」Snow Peak 「TAKIBI Denim Vest」 ¥37,400、「Sailor Cloth Apron」

スノーピーク TAKIBI Denim Vest

●素材:コットン54%・アクリル30%・コーデュラ(R)ナイロン16%(FR)


ライター
岡本
紅一点のリーちゃんは女性らしいアウトドアスタイル! でも汚れそう(笑)

イズミダ
ちゃんとアウトドア由来のブランドたちだからいいんですよ、汚れても。

今年の冬一番着ているのがこのニュートラルワークスのダウンコート! 長くて軽くてもう最高♡超温かいです。これユニセックスなので男性にもおすすめっすよ!

ライター
岡本
ベストは二つ用意してきたの?

イズミダ
厳密には、片方がエプロンで片方がベスト。アウターの上からでも着れるかな? って思って。結局デニムのほうは着なかったけど(笑)

ライター
岡本
なかなか女子で、この手のベストを2着備えている人はいないなぁ~。

イズミダ
そのまま仕事でも使うんですよ。なので次会うときはペンキだらけだと思います。

ライター
岡本
なるほど! でもそれを欲しいって人いそうだな。絵の具の飛んだ焚き火ベストとかめっちゃカッコいい!

SHORT PANTS EVERY DAY「WINDY LADY STOLE」SHORT PANTS EVERY DAY「WINDY LADY STOLE」

「WINDY LADY STOLE」詳細はこちら
ナンガ「TAKIBI FIELD ANORAK PARKA」

ナンガ TAKIBI FIELD ANORAK PARKA


ライター
岡本
田口くんはさすが、ヘビーデューティやね。70年代のアウトドアズマンって感じ。

ジャッキー
厚手のニットを着て来たから焚き火用のシェルと首に巻物をす流だけだよ! ナンガ の焚き火パーカはポケットもたくさん付いているからバッグいらず。細かいアイテムを全部詰め込んでます。

ライター
岡本
全体を赤でまとめているのはなぜ?

ジャッキー
んーなんか赤が気分なんだよね、年末からずっと。ごめんそれだけ(笑)

ライター
岡本
どちらにしてもそのTPOに合わせたコーディネート力は参考になります!

ナンガ「TAKIBI FIELD ANORAK PARKA」を着ているジャッキー
ライター
岡本
じゃあすいません、最後にかるーくボクのアイテムを……。

MOUTAIN RESEARCH 「VEST WITH CONCHO BUTTONS」MOUTAIN RESEARCH 「VEST WITH CONCHO BUTTONS」
HORSE BLANCKET RESEARCH 「HORSE BLANCKET」HORSE BLANCKET RESEARCH 「HORSE BLANCKET」
ライター
岡本
まずはベストはフロントがフルレザー仕様になっていて発売されたときは焚き火ベストなんて言われていた記憶があります。だけど背面はナイロンなので、まんまと穴を開けてしまい……。

なのでいまは轟々と燃えているときにブランケットを羽織って火の粉を避けています。

久世
それ羽織ってたらなんか鬼滅っぽいな~! 柄は炭治郎やけど見た目は悲鳴嶼さん!(笑)

ライター
岡本
言われると思ったわ~(笑)。以上、焚き火スタイルを見させてもらったワケですが、やっぱ冬場は足元が冷えるので最後に足元も見せてください~!

冬キャンプの履き物

ライター
岡本
まずはブランドストーンが久世くんとリーちゃんのおふたり!

久世が履いているBlundstone「ORIGINALS」イズミダが履いているBlundstone「ORIGINAL」」

Blundstone ORIGINALS

●素材:アッパー/スムースレザー、スウェード(ブラックのみ)
アウトソール/TPU
●サイズ:23.5cm〜28.5cm


久世
カブったなぁ。

イズミダ
カブりましたね(笑)

ジャッキー
さっきからイチャつくのやめてくれない?(笑)

ライター
岡本
でもこれはカブるべくしてカブっているよね。それだけブランドストーンの浸透がすごい。

久世
純粋に便利よな。

イズミダ
そうですね。何にでも合わせられるし、水にも悪路にも強いし。

ライター
岡本
まったく同じ理由でボクはコッチ!

キーン「Anchorage Boot III WP」

キーン Anchorage Boot III WP

素材:アッパー/防水フルグレインレザー
ライニング/防水透湿素材KEEN.DRY


ライター
岡本
第1弾のときに勝山さんと平沼くんが履いているのをみてすぐ買いに走った一足。

久世
キーンのやつやろ? それもエエよなー。

ライター
岡本
ブランドストーンよりアウトドア感を強めて、さらにヒート機能を持たせた一足って感じだね。ただ無骨すぎるのと梅雨時期はさすがに暑くて履けないから、街履きやレインブーツ的な役割もかねて考えるならブランドストーンのほうが良さそう。

今時期のキャンプやアウトドア専用で考えるなら抜群だけど!

ジャッキー
サイドゴアが4人中3人……。ボクのはありなの?

ダナー「Men's Light II Boot」

ダナー ダナーライト

素材 :アッパー/フルグレイン防水レザー
ライニング/キャンブレル、ゴアテックスブーティー
アウトソール/ビブラム・クレッターリフト


ライター
岡本
いやありに決まっているでしょ(笑)

久世
むしろ一番安定感あるんちゃうか?

ライター
岡本
ダナーライトを合わせるあたりもはやコスプレだね(笑)。いや褒めているのよ?

ジャッキー
ヒドっ(笑)。でもあながち間違いじゃないかも。山に行くならとことん山っぽい格好したくなる性分で。今回は焚き火だから山に焚き火をミックスしたスタイルをイメージして来たから。言い得て妙だね!

ライター
岡本
実際テント泊するとなると、純粋に脱ぎ履きが面倒くさいから避けちゃうけど、今日みたいに特に脱ぎ履きする予定がないときだったら最高の一足だよね。何も不安がない。

イズミダ
そんなにみんな褒めるならワタシもコレ一足買おうかな?

久世
リーちゃん面倒臭くて絶対履かへんくなるからやめとき(笑)

イズミダ
言い得て妙!

ジャッキー
だからイチャつくのやめてくれないかなぁ?

新たなギアとの出会いは楽しい!

和気藹々と焚き火を楽しむ4人 一行はそのあと、撮影もそこそこに日がな一日、和気藹々と夕暮れまで焚き火を楽しみました。

様々なキャンパーがどのような焚き火台を使っているのか、少しだけ覗いてみるとまさに多種多様! まだ知らないギアとの出会いは、じつにワクワクしますね!


岡本546

フリーランスの浪費家。雑誌・WEBメディアを中心に編集から執筆までこなす一方で、物欲先行型の衝動買いをライフワークとするダメ大人。今日も服・ギア・クルマの整備と浪費に余念がない。

関連記事