CAMP HACK[キャンプハック]


魅惑のファンタジスタ!寝床人数、自由自在のサバティカル「ギリア」はこんなに使える!

0


ギリアってどんなテント?

サバティカル「ギリア」内で過ごす親子
まずはギリアがどういったテントなのか、基本的な特徴を見ていきます。

素早く設営できるミドルサイズ

サバティカル「ギリア」 構造
ギリアは長さ5.2×幅3mと、大きすぎず小さすぎずなミドルサイズのテント。半自立のトンネルタイプでガイロープが少ないシンプル構造ということもあり、設営は簡単で時間もかかりません。

テントは大きくなればなるほど設営が大変になるため、大きすぎないというのは設営の容易さを求める上では重要。実際、力を入れる場面もなく簡単に手早く張ることができました。

フルオープンすれば、この開放感!

サバティカル「ギリア」 フルオープン時
出典:Instagram by @oicmp.__
前後左右すべてのパネルを巻き上げたり跳ね上げたりできるため、開放的で抜群の心地良さ! テントの中にいながら周りの景色を楽しむことができます。

サバティカル「ギリア」 インナーテント
インナーテントも4面メッシュで開けられるので、暑い時期でも風通し良く快適に過ごせそうですね。

ブリッジフレームで強度もバッチリ

サバティカル「ギリア」 ブリッジポール
両サイドには3本のアーチ状のポールを跨ぐ、ブリッジポールを装備。170cmと低めに抑えられた全高と相まって、高い耐風性があります。

フライシートの生地も強度と重量のバランスが良い75デニールのポリエステルタフタで、全体的にしっかりした構造のテントという印象です。

買いやすい価格設定

電卓 お金
出典:PIXTA
サバティカルは良心的な価格が魅力のひとつですが、それはこのギリアにおいても同じ。気になる価格は43,780円(税込)と、最初の1幕としても比較的手を出しやすい設定ではないでしょうか?

良さそうなテントというのはわかった。肝心のオリジナリティは?

ここまで基本的なスペックをチェックしてみましたが、正直ギリアに限らず他のテントに共通するポイントでもあります。では、ギリアならではの特徴は何なのでしょうか? 前述の汎用性の高さの秘密を、実際にレイアウトしながら見ていきましょう。

関連記事