【アウトドアで働く人インタビュー】30代夫婦が移住してはじめた「キャンプ民泊」という仕事

2021/01/08 更新

埼玉県ときがわ町にあるキャンプ民泊NONIWAは、30代の若夫婦が運営する全く新しいタイプの宿泊施設。元々は東京で会社勤めをしていた夫婦が、大好きなアウトドアを仕事にするまでの経緯を聞いてきました。


アイキャッチ・記事内画像撮影:下城英悟

日本初、キャンプと民泊を合体させたユニークな施設「NONIWA」


都心から車で約90分。埼玉県ときがわ町にある「キャンプ民泊NONIWA」は、キャンプ場と民泊が融合した、日本で初めてのユニークな施設です。あらゆるキャンプ用品がレンタル可能で、キャンプインストラクターの資格を持ったオーナー夫婦が、テントの張り方やギアの選び方を丁寧にレクチャーしてくれるのが特徴。

キャンプをはじめたいけどハードルが高い……、という初心者のために特化した、ありそうでなかった施設です。


運営しているのは青木達也さんと江梨子さんのご夫婦。2019年にときがわ町に移住し、同年6月からNONIWAをスタートさせました。

ざっくりいうと、私たちの住む民家の庭でキャンプ体験をしてもらうというのがコンセプトです。通常のキャンプ場と違い、お客さんとのコミュニケーションを大切にしています。おかげさまで、オープンから累計で150組に宿泊いただいています。(達也さん)。


以前は東京で暮らし、会社勤めをしていたふたりが、なぜ縁もゆかりもない土地でキャンプ民泊をはじめたのでしょうか?

移住のきっかけから、運営にまつわるエピソードまで、根掘り葉掘り聞いてきました。

きっかけは友人を連れてのおもてなしキャンプ

子供の頃に親と一緒にキャンプへ行っていたので、自分も結婚したらキャンプしようと決めてました。(江梨子さん)

という江梨子さん。そもそも、青木夫婦がキャンプを始めたのは、奥さんのこんな想いがきっかけ。いまから5年前のことだそう。

もともと自然が好きだったので、キャンプは一気にハマりましたね。新婚旅行には行かず、その費用を全額キャンプ道具に投資して、月に1~2回はふたりでキャンプに行っていました。

この頃から漠然と、仕事と暮らしが一緒になったような生活をしてみたいと思うようになりました。(達也さん)


キャンプ民泊という発想に行き着いたのは、友人を連れてのキャンプがきっかけだそう。

自分たちが道具をすべて用意して、友達をキャンプへ連れて行くことがあったんです。テントの張り方とか道具の種類とかを教えてあげたらすごく喜んでくれて。

それをキッカケに、友達もキャンプにハマってくれたんです。そのときのリアクションがうれしくて。あ、こういうことが仕事にできるといいなと、思ったのがはじまりですね。(達也さん)

約1年かかったキャンプ可の物件探し

とはいえ、漠然と思っているだけでは何も前に進みません。ここでふたりは、暮らす場所を変えるという決断をします。

当時は練馬区在住。僕の勤め先が川越にあったので、川越から車で1時間の範囲で通勤できるエリアに絞って探していたところ、ときがわ町に出会いました。

里山風景が残るいい感じの田舎町だけど、サイクリストに人気のエリアで、若い移住者も多い。すごく気に入って、ときがわ町に絞って物件を探しまくりました。(達也さん)


だが、青木さんたちが望む、すぐに住める一軒家で、目の前にはキャンプができる広い庭。まわりに民家があまりなくて、幹線道路からも離れている。

さらに購入ではなく賃貸がいい……、といった条件に合う物件はなかなか見つからなかったそうです。

不動産屋に条件を言っても、キャンプしたことがある人がいないからイメージがなかなか伝わらなくて(笑)。この家も当初は賃貸NGだったんですけど、大家さんが私たちのYoutubeを見てくれたようで、「この人たちなら」と特別にOKしていただきました。(江梨子さん)

古民家風の母屋は2階建て。1階部分はフリースペースになっていて、宿泊客が利用するトイレや洗面、レンタル用のキャンプ道具がずらりと並んでいます。

母屋の正面にある庭は、4家族がゆとりをもってキャンプできる広大なスペース。徒歩数分のところには川も流れているので、夏になると水遊びができるというキャンパー垂涎のロケーションです。

初心者に寄り添うNONIWAのサービス

基本的には、自分たちがキャンプを始めたときにあったら助かったなということをやっています。例えば、無限にあるギアのなかで失敗しないものが知りたい、ランタンの種類を使い比べてみたい、効率のよい片付け方を知りたい、積み込みのコツを知りたい……などです。

うちで扱っているレンタル品もメーカーにこだわらず、予算や目的に合わせてオススメすることを心がけています。(江梨子さん)


キャンプインストラクターの資格を持っている青木さん夫婦ですが、理想は気軽に相談できるキャンプ経験者のお兄さん・お姉さんという立ち位置。

たまにお客さんからギア相談の電話が来るそうですが、それもすごくうれしいということ。

とはいえ、NONIWAは自分たちが住んでいる家の庭を使ってのキャンプになるので、誰でも来れるというわけではありません。

まずは月に1~2回開催しているデイイベントで講習を受けていただいてから、予約していただく流れになります。この辺りがキャンプ民泊たる所以ですね(達也さん)。


思いもよらなかったアウトドア業界からのラブコール

予想外だったのは、アウトドア業界の人たちが撮影や収録でこの場所を活用してくれる機会が想像以上に多かったこと。

雑誌やSNSで見ていたアウトドアの有名人たちが、横のつながりでどんどんと利用してくれるようになって。正直、こんなに色んな人と出会えるなんて思ってもいませんでした。(江梨子さん)

宿泊客の送迎用に購入したバンも、そんな縁で出会ったシエルブルーに手がけてもらったものだそう。

あとは、地元の人との繋がりもあって、周辺の土地をいろいろと貸してもらえるようになったのも想定外でした。庭の横の駐車スペースにはじまり、今年になってからは母屋から徒歩3分の場所に広大なキャンプスペースHANAREを借りることができました。

HANAREでは、グループ貸し切りのキャンプも楽しめるので、中級レベル以上の方から好評を頂いています。(達也さん)

NONIWA発信で町の魅力を伝えたい


母屋の一角では物販もおこなっていて、ここでは地元ときがわの工場などとコラボした製品も並んでいます。

この町が気に入って移住してきたので、ときがわ町とアウトドアをつなげる活動は今後力を入れていきたいと思っています。ときがわは木が有名な町なので、木工商品の開発もおこないました。(達也さん)

新作はこちらの「HOT WINE MIX(1,400円)」です。温めたワインに入れるだけで美味しいホットワインができるシロップで、ときがわブルワリーというジュース工房とのコラボ商品です。

おかげさまで初回ロットはすべて完売。今後はECでも販売していきますので、楽しみにしていてください。(達也さん)

ターゲットを狭めた結果、唯一無二の存在に


日本中至るところにあるキャンプ場ですが、キャンプ民泊は埼玉県ときがわ町にしかありません。その唯一無二な存在はもちろん、徹底的に初心者キャンパーをターゲットにした戦略が成功の要因と言っても過言ではないでしょう。

オーナーとの距離感が近くて、他にはない心地よいキャンプ体験が味わえるNONIWA。初心者じゃなくても、一度は行く価値ありの癒しスポットですよ。

NONIWAの詳細はこちら

\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

フリーランスのエディター/ライター。8歳からキャンプをはじめ、現在は二人の子どもを連れてのファミリーキャンプに勤しむ日々。「外でも家のようにくつろぐ」をテーマに、快適でお洒落なキャンプスタイルを探求中

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!