CAMPHACK

ゴアテックスだけど完全防水じゃない!?4つの新しいアウトドア機能素材、どれだけ知ってる?

0

進化し続けるアウトドアウェア素材。その進化の方向性から見えて来るのはアウトドアウェアとタウンウェアのクロスオーバー。快適に着まわせる最適な1着を選ぶために今、ジワジワ来ている4つの新素材の特徴を解説します。

柳沢かつ吉

知らないと時代遅れ!?アウトドアの新素材

出典:PIXTA
日ごろからキャンプやアウトドアを楽しむ方ならば、ウェアやアイテム選びで重要視するのは「シーンを問わずタフであること」が大きなポイントではないでしょうか。

とはいえデザイン面では「アウトドア感」が強いものがほとんどなため、タウンではコーディネートが限られることもしばしば。

2018年秋に誕生した新しいゴアテックス

出典:モンベル ビエントクロスジャケット
ところが、こんなアイテムもあるんです。一見革ジャンですが実はこちら、気候変化の激しい地域でのトラベルシーンに合わせてモンベルが作った「アウトドア・タウンの両用がコンセプト」のジャケットです。

新素材ゴアテックス・インフィニアム™️をメイン素材にしたことで、革ジャンに防水性・耐久性・透湿性もかね兼ね備えたうえで柔らかな着心地も実現しています。

なんと鉄より15倍も強い繊維!?

 

出典:グレゴリー スペクトラ®︎ファイバーデイパック26ℓ
さらにこちらは鉄の8〜15倍の強度を持つ繊維・スペクトラ®︎ファイバーを採用したグレゴリーのデイパック。「バッグのロールスロイス」と呼ばれる背負い心地の良さはそのままに、さらなる強靭な耐久性とファッション性を両立。

4つの新素材を知ることで、アウトドアの楽しみ方が広がる!

近年アウトドア向けのウェアやアイテムの新素材は、機能や性能だけでなく着心地やファッション性との両立を推し進めています。

このように、現在アウトドア界には気になる新素材を使ったアイテムが続々。そこで今回は注目の4つの新素材と、それらを採用した人気アイテムを紹介していきます。

関連記事