ごろごろの具が食べ応え◎!チルドおでんで作るお手軽カレー【ワンバーナーで早うま〜!カノウヒナタ・クッキング#30】

2020/12/25 更新

キャンプでも登山でも、ワンバーナーで美味しい料理が簡単にできたら素敵だと思いませんか?料理家のグループ「KIPPIS」に所属するカノウヒナタさんが、CAMP HACK読者のために腕を振るいます!第30回はコンビニやスーパーで手軽に買えるチルドおでんを、カレーにアレンジ。手間いらずで深みのある美味しいカレーが味わえるレシピ、冬キャンプにもオススメですよ。


キャンプでもおうちでも作りたい!“お手軽ワンバーナーレシピ”

料理家のカノウヒナタさんが、気軽に持ち運べて料理をするのに欠かせない熱源「ワンバーナー」を使ったキャンプ料理を紹介していきます。

カノウヒナタ
外ごはん料理家。北アルプスを眺める富山県に住み、自然と料理をテーマに活動。登山やキャンプでつくる簡単なワンバーナーレシピが好評。ワークショップなども各地で行っている。アウトドアパーティーを主催するKIPPISのメンバー。(www.kippis.me)

寒くなると食べたくなるものと言えば・・・


あっという間の師走。私の住む北陸はここ数日でグッと冷え込み、足元は霜柱でザクザクと冬の音を聞かせてくれます。息も白くなり、キャンプでも家でも食べたくなるのが「おでん」ですね。

具材にこだわるのも良いですが、ちょっとアレンジしてだし汁一滴残らず美味しくいただくのはどうでしょう? 今回は和風カレーに変身! これを食べるために、おでんを多めに作るのもオススメですよ。それではレシピのご紹介です。


チルドおでんで作る和風カレー

材料 ※1人分
・チルドおでん   1人前
・カレー粉     小さじ1
・玉ねぎ      1/2個
・トマト           中1個
・サラダ油         大さじ1
・塩胡椒                 適量

材料はとってもシンプル。おでんのだし汁を使うので、あれこれ準備しなくても深みのあるとても美味しいカレーができちゃいます。

単に“カレー味のおでん”ではなく本格的な和風スープカレーにするため、玉ねぎ・トマトの一手間はぜひ加えてくださいね!

ごろごろのおでんの具が主役なので、玉ねぎは細かくみじん切りにします。トマトも一口大に切っておきます。

鍋に油を入れて中火で温め、みじん切りした玉ねぎを香ばしい色になるまで炒めます。

トマトを加えて潰しながら炒めます。

カレー粉(塩の入っていないスパイスのみのもの)小さじ1を加えて、弱火にして粉気がなくなるまで炒めます。

おでんのだし汁を先に入れてカレーペーストと混ぜ合わせ、具をごろごろと入れて5分ほど煮込みます。

とっても簡単に、本格的な和風スープカレーのできあがり! 塩胡椒はお好みで足してください。これが食べたくて、おでんを作るときはいつも多めに作ります。

今回はセブン-イレブンのチルドおでんを使いましたが、もちろんお好みの具材で作ったらより一層特別なカレーになりますよ。私はこっそり牛すじを加えています!

青ネギを仕上げに加えるのもオススメです。これにご飯を添えれば準備万端! ちなみに器はアナルコカップの「Anarcho Bowl」。両手持ちできるユニークなシェラカップです。

簡単にできるので寒い冬のキャンプにもピッタリのメニューではないでしょうか。ぜひみなさんお試しください!

カノウヒナタさん愛用バーナーはこちら!
ITEM
ソト(SOTO) レギュレーターストーブ
●サイズ:幅166X奥行142X高さ110mm
●収納時サイズ:幅140X奥行70X高さ110mm
●素材:ステンレス
●重量:350g


カノウヒナタの過去記事一覧はこちら

紹介されたアイテム

ソト(SOTO) レギュレーターストーブ
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

山を愛する料理家。現在は富山県黒部市に住み、北アルプスを眺めながら暮らしている。低山から縦走まで、様々な山歩きが好きで、時間を見つけて山へ出かけている。 「自然のなかで楽しむ食事」をテーマに活動しているKIPPISのメンバー。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!