【全部3,000円以下】外遊び好き3名が絶賛する「買ってよかったお手頃ギア」part4!

2021/02/04 更新

リアルキャンパーが実際に使って納得した、コスパ、デザイン、使い勝手の3拍子が揃ったお手頃キャンプギアを大紹介! 大好評につき第4弾です!


アイキャッチ画像提供:須山さん

安価だけど使える、コスパ最強なキャンプギアが知りたい!

出展:TARPtoTARP
冬キャンプシーズン真最中ですが、今季は過去最大でレベルで冬キャンパーが増加しているとか。そこでベテランもビギナーも要注目な“お手頃ギア”を、外遊び好きのみなさんに聞いてみました。

しかも今回は3人とも、アウトドアアイテムを扱うショップに携わる、目利きのプロばかり! そしてもちろん、お財布に優しい3,000円以下のロープラス設定です。それでも冬キャンプで大活躍してくれそうな便利なアイテムが揃っていますよ。

サイトのキッチン周りを快適にする便利グッズ3選!

須山友之さん(TARPtoTARPオーナー&プロデューサー)
横浜にあるキャンパーが集えるカフェ&ショップ「タープtoタープ」のオーナー。もちろん自身もキャンプ好きで、ファミリー、グループ、ソロなど、色々なスタイルで楽しんでいる。「最近は登山とULキャンプ、トレイルランニングにも興味あります!」

ひとつで2役をこなす「Anaheimのポットスタンド」

提供:須山さん
須山さんが今冬のキャンプで大活躍しているというアイテムが、こちらのポットスタンド。厚手のコットン地に赤いパイピングが施され、どこに置いていても目立つデザインになっています。

提供:須山さん

火にかけたケトルやスキレットなどを持つとき、今までは焚火用のグローブを使っていましたが、毎回手にはめるのが面倒だなと持っていたので、もっと気軽に使えるものを探して見つけました。

提供:須山さん

そして鍋敷として使えるのもいいですね。嵩張らないアイテムなのに2役以上をこなしてくれるのは、やっぱりアウトドアでは重宝しますよね。しかもループが付いているので、フックなどに引っ掛けられるのも便利です。

ITEM
Anaheim ポットスタンド
サイズ:W17×D17×H1cm
素材:コットン

サイト内で食器が洗える「Green Motionのエコキャンプクリーナー」

出展:TARPtoTARP
続いては、自宅でも愛用しているというオーガニックな台所用洗剤。100%植物由来の成分ながら、少量でも油汚れを落としてくれる優れモノです。ほぼ水分のため、拭き取るだけで綺麗になるのもキャンプ向き。

提供:須山さん

5年ほど前から個人的に愛用しているアイテムです。それでキャンプを始めて、毎回食事の後に水場に行くのが面倒だなと思い、これを使ってみたら凄く便利で。それでショップでも扱わせてもらうことになり、メーカーさんにオリジナルのボトルを作っていただきました。

提供:須山さん

汚れたシェラカップや鍋にシュッと吹きかけ、キッチンペーパーで拭き取るだけで、匂いも油汚れも綺麗に落ちます。とくに冬の洗い物は手が悴んで辛いですが、これがあれば水場に行くことなく、サイト内で洗い物を完結させられます。

詳細はこちら

スマートにタオルが干せる「MINIMAL WORKSのハンガーI」

キャンプでタオルを干せるハンガーを探していたときに友人から教えてもらったという、ミニマルワークスのハンガー。テントポールをモチーフにしたデザインもキャンパー心をくすぐります。

提供:須山さん

ポール部分にハンドタオルを収まりよく掛けることができます。キャンプではガイロープに吊るしてアウターを掛けたり、温泉に行った後に濡れたタオルを干すこともあります。

提供:須山さん

もちろん折り畳めてコンパクトになるのも便利。積載を圧迫したにのも嬉しいポイントですね。夏はカヤックやサップをやるので、ライフジャケットを掛けるのにも活躍してくれそうです。

詳細はこちら

「ミニマムなキャンプに使えるアイテム」

田中識嗣さん(Purveyorsマネージャー)
群馬県桐生市にある旅のコンセプトショップ「パーヴェイヤーズ」のマネージャー。11月に店内にブルワリー&カフェを併設して、リニューアルオープンしたばかり。「群馬の山を中心にトレッキングをしながら、ハンモック泊を楽しんでいます!」

タフで機能的な「EYL×Mountain Mountainのポーチ」

出展:Purveyors  
人気ブランドのEYLと、パーヴェイヤーズがディレクションするブランド、マウンテン マウンテンがコラボした小物入れ。三角形の各辺にジップが付き、それぞれが独立したポケットになっています。

提供:田中さん

小銭、ピルケース、ライターなどそれぞれに仕分けして入れられるのがとても便利。Dカンが付いているのでサコッシュに付けて、使用頻度の多い小物を入れて肌身離さず持ち歩いています。

提供:田中さん

マウンテン マウンテンのテントで使用しているパラフィンコットン生地を使用した、独特な風合いも魅力。火にも水にも強いからガサツに扱っても安心だし、使い込むことで味わいが出てくるのも楽しみですね。

詳細はこちら

セルフカスタムした「DINEX×Purveyorsのマグ」

出典:Purveyors 
ダイネックスのマグカップといえば、キャンパーの定番アイテム。だからこそ、こうしたコラボモデルで周りと差をつけたいですよね。しかも田中さんは、さらにオリジナルのカスタムまで施しています。

提供:田中さん

ダイネックスのカップはハードに使っても壊れないし、構造がシンプルなので手入れも簡単。洗い物をするときに手が冷たい冬キャンプにも最適です。これは収納性を上げるため、取手部分を自分で削って湯呑み型にしました。

提供:田中さん

おかげで500mlぐらいのミニマムなコッヘルにも納まるようになり、さらに便利になりましたね。それと、山の中ではホットドリンクを飲むことが多いですが、湯呑み型カップは両手で包み込めるのでとても暖まります。気持ちの問題かもしれませんが(笑)。

詳細はこちら

「アメリカンな雑貨をキャンプにも応用!」

小田島 勉(Sunbathオーナー)
国内外のアメカジ系ウエアやインポート古着、雑貨などを扱うセレクトショップ「サンバス」のオーナー。休日は海の近くのキャンプ場などに、ふらっと出かけるキャンプを楽しんでいる。「今後はキャンピングカーで移動するサーフキャンプにも挑戦してみたいです」

焚き火ギアの収納の便利な「アメリカ雑貨のピルケース」

出典:Sunbath
こちらはアメリカでは定番アイテムとなる、プラスチック素材の筒型ピルケース。雑に扱っても壊れにくく、目立つカラーリングなので、小田島さんはキャンプギアの延長で愛用しているとか。

提供:小田島さん

アメリカ雑貨が好きで使い道は後から考えるタイプなので、とりあえずまとめ買いしてみました(笑)。それでキャンプに持っていったところ、固形燃料やファイヤースターターのキットを収納するのに丁度いいサイズ感だったんです。

 

提供:小田島さん

しかも蓋が押しながら回さないと開かないため締め忘れることもなく、中身がこぼれてしまう心配もなく安心して使えます。調味料やコーヒー豆を入れたり、ファーストエイドキットを収納しておくのにも便利ですよ。

詳細はこちら

ギアの収納に最適な「USPSのメールボックス」

出典:Sunbath
キャンプ用品など雑貨を収納するボックスを探していた際に発見したという、USPS(アメリカ郵便公社)が使用しているメールボックス。タフな上にルックスもいいので、ショップでも取り扱うことにしたとか。

提供:小田島さん

見た目以上に軽く、そして丈夫。キャンプ道具を収納してガレージの棚に並べておいても見栄えがいいし、持ち手部分がしっかりしているから、そのままクルマに積み込めるのも重宝しています。

提供:小田島さん

フィールドで使って汚れても、すぐに洗えるし、キャンプサイトで邪魔にならないサイズ感もいいですね。スタッキングできるシルエットになっているのも便利です。できればもっと買い足して、今持っている全てのギアをこのボックスに収納したいと思っているほど。

詳細はこちら

ハンドメイドの一点モノ!「SunbathのSBコースター」

出展:Sunbath
最後は使用済みのスケートデッキを再利用したウッドコースター。こちらは小田島さんがキャンプで使うために自作して商品化したアイテム。完全ハンドメイドのため、すべて一点モノです。

提供:小田島さん

焚き火でお湯を沸かしたばかりのケトルやシェラカップは、底面が煤で汚れていることがあります。そんなときにテーブルで使えるのがこのコースター。デッキ面とコルク面があって両面使えるので、カップや気分によって使い分けできるのもいいですね。

提供:小田島さん

数枚並べると鍋敷きとしても使えますよ。ダッチオーブンの蓋を置いたり、ホットサンドのクッカーを置いてもいいかも。使い込んだスケートデッキで作られているので、汚れとかも気にしないでラフに扱ってください。

詳細はこちら

冬キャンプの即戦力になる、お手頃ギアを探してみて!

提供:須山さん
今回は各ショップで入手できるアイテムも揃っていましたが、もちろんそれぞれが実際にキャンプで使って重宝している実用的なギアばかり。

冬キャンプの即戦力にあるギアもあったので、みなさんみ早速取り入れてみてはどうでしょう? もちろん他に冬キャンプで使えるお手頃アイテムは沢山ありそうなので、いろいろと探してみてください!

紹介されたアイテム

Anaheim ポットスタンド
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

サブカル全般が守備範囲の、文化系外遊びライター&編集者。アメリカンカルチャーやアウトドアを軸にしたファッション誌やWEB媒体で活躍。キャンプと焚き火と山とお酒と漫画が好き。今年はULハイクにも挑戦したい。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!