【CAMP HACK】日本最大級のキャンプ・アウトドア・ニュースマガジン - キャンプハック


一台あると便利!ファミリーキャンプでも使えるソロ用焚き火台5選

0

各ブランドから気の利いたソロ用焚き火台が数多くリリースされてはいますが、なるべくなら家族や仲間とも囲めるものをと、焚き火台沼にハマっている方も少なくないのではないでしょうか。というわけで今回は、基本はソロ使用ながら4人程度でも無理なく囲め、かつグリルとして調理にも併用できる5モデルをフィーチャーしちゃいます。

Rohiketa


アイキャッチ画像出典:ベルモント

ソロからファミリーまで使える焚き火台ってあるの?

焚火
撮影:まつい ただゆき
「いかに荷物を減らすか」がソロキャンパーにとっては最大にして永遠の課題ですよね。特にツーリングキャンプを満喫するならバイク車載が絶対条件ですから、収納時はコンパクトに折りたためるフォールディングモデルへと選択肢が限定されてしまいます。

とはいえ、旅先で合流した仲間たちと、あるいはたまのファミリーキャンプにも使える焚き火台を探していた“ソロときどきグループキャンパー”も多いはず。
バイク
提供:yuko oono
そんなお悩みにお応えすべく、バイク車載も視野に入れつつ、家族とも無理なく囲め、オプションパーツによって調理も可能な5つのフォールディングモデルを厳選してみました。

さらに! 一般的な市販の薪(約40cm)をそのまま使え、総重量2kg以内というキャンパーフレンドリーな縛りまでも設定し、重量の重いものから順に紹介していきます。
今回紹介する【焚き火台の選定基準】
①総重量2kg以内
②コンパクトな収納サイズ
③家族4人でも囲めて暖を取れる
④調理も可能
⑤市販の薪(約40cm)をそのまま入れられる

関連記事